今日の迷言・余言・禁言

「誰も悪くない」という奇妙な結論

裁判上の“争い事”には、時として“双方痛み分け”のような結論になるケースがしばしばある。この事件の場合、本来の主役は「無言」を貫く。あれほど騒ぎ立て、マスコミさえもリードし、全国のアイドルファンを味方に引き入れ「真実を!」と叫び続けていた人物は、もはや沈黙したままだ。「山口真帆暴行未遂事件」のことである。この事件は、元々がおかしかった。あまり詳しくは書かないが、2018年の12月にNGT48のメンバーであった山口真帆氏のマンションにファンの男性達が訪れ、そこでちょっとした揉め事が起こり、話し合いがこじれた状態で、騒ぎが大きくなって警察事件にまで発展した。「暴行未遂」などという表現になっているのだが、当時の録音を聴く限り、とてもそういう雰囲気ではなく、不起訴になって当然の事件であった。一番、不可思議なのは、彼女の部屋を容疑者が以前から知っていて、時々花束やプレゼントなど渡していたことである。つまり、初対面でもなければ、執拗なストーカーというのでもない。強引に部屋の中に侵入したとか、数人で身体を押さえつけたとか、そういうのでもない。しかも、今回、この事件の原告と被告双方が“和解する”可能性が強くなったことが、原告代理人である遠藤和宏弁護士の方から明らかにされた。つまり、どちらも悪くなかった、という奇妙な結論である。「事実を白日の下にさらす」と言っていた原告側も和解に前向きだというのだ。さらに、奇妙なのは、本来の被害者であったはずの山口真帆氏は沈黙を貫いていることだ。あれだけ、マスコミを先導していた本人は、いったいどこへ消えたのか。私は、最初から、この事件に対しては、おかしいということを指摘してきた。女性アイドルと男性ファンの間では、時に“ストーカー事件”も起こるので、それらとこの事件が連想的に結び付けられ、マスコミや熱狂的ファンを味方につけ、山口真帆氏は一時的には“寵児”のように扱われた。けれども、その以前に、彼女は容疑者と90分間もの長き時間を一緒に過ごし、記念写真まで写している。どうして、そういう相手とのことが“他のアイドルのストーカー事件”と同一に扱えるだろうか。おそらく、もう本人は、そのことについては何も語ろうとはしないだろう。マスコミがアイドルに先導されっぱなしの“情けない事件”だったのだ。


最近の記事はこちら

「西之島」は、やがて「日本のムー大陸」になる⁉

「西之島」と言われて、それがどの場所にあるのか即座に答えられる人はそんなにいない。まあ、太平洋の“小笠原諸島”の辺りと答えられれば大正解に近い。とにかく、その辺なのだが、2013年11月にその付近から…続きを読む

「手相の線」に“名前”が無くなったら…

何日か前、手相の方で名前を知られる「にしけい」こと西田圭一郎氏が、私の元を訪ねてきた。彼は手相の本を矢継ぎ早に何冊も出している“新進気鋭⁉”の手相家である。鑑定の方ではなく「占い教室」という形で私に対…続きを読む

「米」最多の雇用者数&「日」最悪の下落幅

世界で、経済の先行きが混とんとしている。アメリカでは昨日、6月の雇用者数が出て1939年に統計を開始して以来最多の480万人増を記録した。一方、日本では「日銀短観」が出て、6月の大企業製造業における下…続きを読む

「アリサ」&「リン」が、お・も・て・な・し

今年は完全に「お・も・て・な・し」が“肩透かし”を食らった格好だが、我が日本の原点は奈良県。そこで…というわけでもないのだろうが、何故か奈良市の「近鉄大和西大寺駅」のホームに登場したのが四か国語を話す…続きを読む

事務所退所は「世界に挑む」ゴーサイン⁉

最近、芸能事務所を退所する芸能人が増えている。柴咲コウ、米倉涼子、栗山千明、長谷川潤、原千晶、菊池桃子、手越祐也…といった面々だ。さらに、昨日、ローラ氏と神田うの氏が加わった。どうして、今年に入って、…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.