今日の迷言・余言・禁言

「謎」の多いパワハラ訴訟

多くの場合、組織において上位に立つ者が、配下の者たちに対して“心身が苦痛を感じる行為”を強要するのが「パワーハラスメント→パワハラ」と称される。近年、日本でも、この「パワハラ」に関する訴訟が多くなった。ところが昨日、この訴訟に踏み切った女性がハローワークの職員だったことで一気に注目が集まった。ただ、どうもいまひとつ事情がつかめない。問題のハローワークは静岡市なのだが、訴状によれば“元上司”だけでなく、その上司を処分しなかった“国”をも相手取っている。つまり「国」も一緒になって、私に「パワハラ」してるんでしょ、というような印象の訴状なのだ。ちょっと待ってよ…と思うのが“普通の考え”ではないだろうか。確かに「パワハラ」は良くない。元上司を訴えるのは解かる。けれども、国まで訴えるのはどうなのか。監督不行き届きということなのだろうが、それを言ってしまったなら、学校の「イジメ自殺」など、すべて国の監督不行き届きで、数えきれないほど存在することになる。しかも、この女性の“訴え”そのものも、いま一つ要領がつかめない。彼女の訴えによれば、2015年1月、当時50代の男性上司から、腕を3回、拳で殴られた、ということらしい。まず「腕を拳で殴る」とは、どういう状況なのか。なかなか状況設定が難しい。通常、人が人を殴る時、頭、顔、腹などを殴る。よほど不可思議な状況配置でなければ“腕”は殴らない。しかも、腕だけを3回も殴らない。一応、考えられるのは、彼女が上司の元へと書類を持っていき、その時、椅子に座っていた上司が書類を持っていた彼女の腕に続けざま拳で3回小突いた、という設定だろうか。それ以外の設定は中々思い浮かばない。もし、そうだとすれば、確かに暴力ではあるが、打撲するほどの暴力ではなかったことになる。もちろん、彼女は涙ながらに「死んだら楽になるのかと考える日々が今も続いている」と訴えた。よほど精神的にショックを受けたのであろう。ただ、それなら何故もっと早く訴訟を起こさなかったのか。2015年1月から現在まで2年半も経過している。昨年離婚した乙武氏の元妻がこの度訴訟を起こしたが、離婚後1年も経過していない。しかも、乙武氏がTV出演して話した内容に基づくもので、その経過期間には“違和感”がない。けれども、こちらの方は、あまりに時間が経過しすぎている。理解してあげたいが、いま一つ説得力が…。


最近の記事はこちら

同じ“不満”を感じさせないために…

最近は仕事では滅多に札幌から動かない。その私が珍しく動いた。あまりにも熱心に天童春樹先生や天晶礼乃先生から何年もの間、大阪で“占いの講習会”を開くよう勧められたからである。まあ、ハッキリ言うと断り切れ…続きを読む

子供たちは「わるもの」の正体を知っている

新日本プロレスのエース・棚橋弘至氏が主演する映画であることは知っていた。その内容も、棚橋選手が“悪役レスラー”として登場する映画だということも知っていた。ただ、その原作が人気絵本の『パパのしごとはわる…続きを読む

15人のうち「7人の癌(がん)」が消えた!

さまざまな分野で“奇跡の療法”と呼ばれるものが存在する。正式な“医学療法”もあれば“民間療法”もある。ただ、どちらの療法にしても人によって“合う・合わない”はあって、誰にでも“確実に効く”と言う療法は…続きを読む

「宥恕(ゆうじょ)」で“新しい人生”が始まる

永年、日本人をやっているが、時々、未だに“知らなかった言葉”に出くわして面食らうことがある。今回は「宥恕=ゆうじょ」だ。決して「遊女=ゆうじょ」ではないので、念のため。さて「宥恕」とは何だろう。辞書に…続きを読む

「日本の自由」は“素晴らしい国”の証

9月18日発売『新潮45』10月号の特集では、8月号で問題となった自民党・杉田水脈氏の論文《「LGBT」支援の度が過ぎる》に対して、擁護する趣旨の論文を掲載。《そんなにおかしいか「杉田水脈」論文》とし…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.