今日の迷言・余言・禁言

「謝罪して認めず」という「“潔さ”の逆」

この頃、多いんだ。週刊誌に狙われる人。そりゃねぇ。仕方がないよ。エリートやアイドルで突っ走ってきた人がさぁ「ころんじゃう姿」って、やっぱり魅力的だもの。そう、ボクみたいにさぁ、いつも、転んでる人はダメだよ。当たり前すぎて面白くないだろ。やっぱりね、みんな、ちょっぴり、やっかみがあるんだよ。生まれながらのエリートとかアイドルに対してさ。なんか、真正面からじゃ、勝てないじゃない。だから、たまには“ころんでくれないかなぁ”とか思っちゃうわけ。だから、そういう人たちが狙われるの。そうするとみんな拍手喝さい。大体、おんなの人で、美人で、元検事で、政界のエリートってだけで“恨み”を買ってしまいそうじゃない。う~ん、中には交通違反でチェックしてたのが女性警官だったってだけで、逆恨みしているオジサンもいるもんね。関係ないんだけどね。まあ、そういうことで最近、不倫疑惑の“謝罪会見”多いよね。みんなエリートとかアイドルなんだ。だからね。謝罪もね。「お騒がせして…」なんだよ。「不倫して…」とは言わないの。それは見なかったことにして…って、おかしいじゃないって、ワタシ誰? まあ、そういうことで日本は“平和”なわけ。ん? 平和じゃない? ミサイル? 北朝鮮? あーアレね。アレはね。大丈夫。なんせ自分の国がね、実験だけで地震大揺れ、家屋崩壊、お隣の中国やロシアからまで「おまえんとこ、ちょっとやり過ぎだぞ!」って文句言われてさ。あんまり、かばってもらえないんだ。だからね。ミサイル遊びは、どうしようかなぁって、今考えてるの。そりゃ、ボクだって、トランプくんが“仲間はずれ”にしないなら、止めても良いんだよ。でも、アイツ、すぐ“仲間はずれ”にしようとするんだ。だから嫌いなんだよ。だけど、アントニオ猪木くんが来てくれるんだって、そりゃもう大歓迎さ。でもね、あの人、お金に弱いんだ。だから好き。そういう人、もっといれば良いのに…って、おまえは誰?


最近の記事はこちら

「行方不明届け」は「殺しの暗号」か

BSのTV番組欄には“推理ドラマ”の再放送が多い。それだけ“推理ドラマ”は時代が多少ずれても楽しめるからだろうか。推理ドラマは楽しければそれで良いのだが、現実の“殺人事件”は決して楽しいものではない。…続きを読む

まじめな“親子”は一緒に“穴掘り”

周辺の人達や仕事関係者たちから一様に「まじめで親切」と評価されていた“親子”が殺人遺棄をした。おそらく息子が妻を殺して母親に打ち明け、母親がそれを隠そうとして自宅の庭に、二人で“死体を入れるための穴”…続きを読む

「カジノ」を“悪魔”という前に…

日本人の中には「カジノ」を“悪魔”呼ばわりする人たちがいる。ところが、そういう人たちでも「宝くじ」には何故か寛容で“夢を買う”などと言って、購入したりする。そこで、こういう話はどうだろう。中国では、基…続きを読む

共感できても支持できない表現

近年はすぐ誰がどう発言したかが拡散する。特に芸能人、政治家、文化人などの場合がそうである。ある意味で、それは“有名度”を測るバロメーター的な部分もある。そういう意味で影響力の強いホリエモンこと堀江貴文…続きを読む

「国産ウナギ」が“輸入物”に負ける?

今年は“暑い”らしい。他人事のようなことを言うのは、北海道に暮らしているからだが、それでもやっぱり真夏は暑い。そこで多くの食卓には「うなぎ」が登場する。今週7月20日は「土用の丑の日」。ところが、実際…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.