今日の迷言・余言・禁言

「赤い球」ではなく「蒼白い球」

人間は齢を取って来ると“自分の死”というものを考えるようになる。どういう“死に方”をするのだろうか。“いつ”死ぬのだろうか。それまでに“何”をしておけば良いのだろうか。…ということで、アントニオ猪木氏は「生前葬」を行うことにしたようだ。昨日、両国国技館でファンも含め7000名超満員札止めで行われたらしい。追悼の10カウントのゴングが鳴らされる中で、どこからともなく猪木氏の「千の風になって」の歌声が響き渡り、やがて本人がリング上に登場、棺桶を自ら叩き割って、“魂”をイメージした「赤い球」を取り出して生きていることをアピール…何とも猪木氏らしい。ただ“魂”は「赤い球」ではなく「蒼白い球」である。この点に関しては面白い報告がある。かつて3,11の東日本大震災の時、無数の遺体が棺桶に入れられて集会場などに安置された。自らの親を探してきていた少年が、それら無数のお棺の上に「蒼白い球」が浮かんでいる…と取材していた記者につぶやいたそうだ。まだ、遺体の納められていない棺桶の上には無くて、納められている棺桶の上にのみ「蒼白い球」は浮かんでいるという。だから、開かなくても遺体のある棺桶かどうかわかるのだという。日本語では「魂」と呼ばれるが、きっと古代の人達も「蒼白い球」を見ていたから「魂(タマシイ)」と名付けた違いない。私自身の“幽体離脱”の経験から言うと、“魂”は肉体からスゥーと抜け出す、何の抵抗感もない。私の場合は、抜け出す時に、それを止めることが出来なかった。そして、抜け出すと、本当に飛行機雲のようにスゥーと飛行する。意識だけが、その頭部に貼り付いている感覚なのだ。そう、脳は肉体に留まっているのに、“意識”だけがそのスゥーとした幽体(?)、多分俗にいう「火の玉」のような形状で、そこについて行く。ただ、もしかしたら、その時、俗にいう“魂の緒”は肉体からずうっと繋がっていたのかもしれない。おそらくだが、これが途切れてしまうと、この世には戻れないのだ。そして何かの拍子に、ヒューと一瞬で“魂”は元の肉体に舞い戻る。その肉体に戻る時の感覚が奇妙で、丁度、電気掃除機のコードが掃除機本体に一瞬で隠れるように、あの感覚でシュッと戻るのだ。そうすると、直ぐに“ちゃんとした身体”に戻っている。もう何十年も前の記憶だが、あれは本当に不思議な体験だった。


最近の記事はこちら

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.