今日の迷言・余言・禁言

「赤い糸」が「一軒家を無償で借りられる権利」に発展

あなたは「赤い糸プロジェクト」をご存じだろうか。もちろん知らないだろう。大阪市鶴見区のNPO法人「みらくる」が取り組んでいるコロナ困窮者のための“支援プロジェクト”だ。今年9月に立ち上げられたばかりなのだが、その最初は100円ショップで購入された「赤い糸」からスタートして、現在は何んと「一軒家を最大十年間無償で借りられる権利」にまで発展した、現代の「わらしべ長者企画」ともいうべきものである。単なる「支援金募集」などでは面白くない。みんなが楽しみながら、この企画に参加をして“社会貢献をしていこう”という発想のもとにスタートしている。なかなか興味深いプロジェクトなのだ。9月24日にスタートしたばかりなのだが、100円の「赤い糸」は「コーヒーセット」や「色鉛筆」や「西武時代のユニホーム」など次々に変化して、とうとう「三階建85㎡一戸建ての最大十年間の無償供与の権利」という“信じがたい価値”まで跳ね上がった。ここに参加した人たちの多くが、物々交換によって得た品物をちゃんとコロナで困窮している人たちの元に届けていることも素晴らしい。例えばコーヒーセットは、コロナの入院患者多数を抱える病院で働く人たちの元に届けられ、色鉛筆のセットは困窮者の園児が通う幼稚園へと届けられた。もちろん、最終的にはお金に変えて“その種の団体”に寄付するのだろうが、個別的にも活用されて支援しているところが良い。何よりも私が好いと思ったのは、楽しみながら「支援する」という考え方、これが素晴らしい。確かに「わらしべ長者型」の支援は、最終的に何に変わっていくのか、誰にも予測できない。しかも、それは“善意の輪”でありながら“好奇心の輪”でもあり“夢の輪”でもある。11月22日までらしいので、まだまだ大きく広がっていく可能性もないではない。とてつもないものに変わって、とてつもない金額に変わったなら、どんなに素晴らしい「赤い糸」が結ばれることだろう。


最近の記事はこちら

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.