今日の迷言・余言・禁言

「走る清原」がすごい!

世の中には“名前”で得をする人もいれば、“名前”で損をする人もいる。清原和博氏もその一人だ。といっても、あの「清原」ではない。20日に行われた神戸マラソンで4位入賞した一般参加の清原和博氏(25歳)だ。彼は、同姓同名に相応しく中学までは野球をやっていた。けれども“控え投手”で表舞台に立つことはなかった。父親が「野球・清原」の大ファンで息子に与えたのが「和博」の名であった。確かに自分が“清原姓”であれば、命名時にそうしてしまったのは心情的にも理解はできる。実際「徳川」という姓では「家康」の名を与えられる息子が多いのだ。ただ以前「田中角栄」が“ロッキード疑惑”に揺れていた時、同姓同名の子供たちが“イジメられる”という悲劇が起こった。有名人の名をそのまま用いる命名は“一生もの”であることを忘れないでほしい。そうは言うものの社会的に大成功していたり、一代で大金持ちになったりする名前には“それなりの才能や手腕”が潜んでいるもので、“同じような分野”に進むのであれば、同姓同名は悪いことではない。そういう意味で4位入賞の清原氏も野球では大成しなかったが、現在“ジム・インストラクター”として活躍している。そしてマラソンでは、始めてからわずか3年でトップランナーとなった。やはり「清原和博」という名は、スポーツの世界では活躍できるのだ。ただ彼自身も、時には名前でバカにされるとか、からかわれたこともあったに違いない。その時、父親を恨まなかったことが“今日の彼”を作り出したのだ。人間は、時として自分の家系や血縁や境遇を“恨みたくなる”状況に追い込まれることがある。そういうときでも彼のように「これは背負っていかないとしょうがない」と開き直ることで、人生は輝くものへと変わっていくのだ。


最近の記事はこちら

“車離れ”は「本当の先進国」になった証拠

“若者の車離れ”に歯止めが掛からない。それを何んとか防ごうと、19日、トヨタは新しく「GR」シリーズを発売すると発表した。スポーツカーブランドを一新することで、低迷が続く国内の自動車販売をテコ入れした…続きを読む

「生前継承」された7代目の“宗教”

先日、テレビで今も継承され続ける「カクレキリシタン」に関するドキュメンタリーが放映されていた。その中で印象的だったのは、現在の指導者が口にした“普通のキリスト教やカトリックとは違う”という発言だった。…続きを読む

甲冑姿の「サムライ」が刀を向ける

近年の歴史・時代物ブームで“古戦場跡”観光というものが盛り上がっている。それ自体は良いことなのだが、その“古戦場跡”の一つ「関ケ原」で全身甲冑姿の「サムライ」が、山頂に続く階段を登りきったところで待ち…続きを読む

「時代について行く」選択は正しいのか

毎日、そこかしこに情報があふれている。無意識にわれわれは、その情報の多くを吸収しながら生きている。それが「時代について行く」という“生き方”である。けれども、本当に、それが“幸福な生き方”なのかどうか…続きを読む

「ノーベル賞の卵」が“非正規雇用”で働く

山中伸弥氏と言えば、謂わずと知れた“ノーベール賞科学者”である。現在は京都大学の細胞研究所所長を務めている。そのHP上に「ご支援のお願い」が掲載された。彼によると、研究所で働く教職員の9割が“非正規雇…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.