今日の迷言・余言・禁言

「車で徘徊」が流行りだしそうな…

最近、お年寄りが運転しての事故が多い。記憶に新しいところでは、横浜で小学生たちが登校中の列に軽トラックが猛スピードで突入し、小学1年生の男児が死亡した事故がある。その事故を起こした容疑者が87歳の男性なのだが、前日の朝に自宅を出発し、その後自宅に戻らず、やみくもにあちこち走行し続け、最終的に登校児童たちの列に突っ込んだらしいことが判明した。その間、二回給油しているのだが、本人には確かな記憶がなく「車で徘徊中だった」らしいことが裏付けられつつある。近年、80代、90代でも車を運転し続けている人たちは多い。若い時から運転し続けているので、多分、習慣として車で出かけ、出掛けるときには運転する、というスタイルが定着しているからだろう。そのこと自体を責めることは難しいが、年齢が進んで記憶力も反射神経も判断力も年々衰えていく。近年、高齢者が引き起こす車の事故、それも人身事故が多発している。これまでは一般的に、反射神経が鈍くなってきたことが原因の事故だと捉えてきた。この事故が教えようとしているのは“もう一つの可能性”で、本人や周囲が自覚しているかどうかは疑問だが、“車で徘徊する認知症”の高齢者が出て来始めたという危険性だ。おそらく、これは特異なケースなのではない。今後、増えていく可能性が高い“象徴的なケース”なのに違いない。独り暮らしの高齢者が多くなってきている現在、周囲との付き合いがそれほどなければ、誰も“認知症の到来”を発見できない。本人は「少しボケて来たのかなぁ」程度の自覚しかない。実際、本当の“認知症”と“高齢がもたらす諸症状”とは紙一重である。私だって記憶力はとみに衰え、60代に入って体力や気力も急速に失われつつある。今後、ますます高齢者が増えていく以上「車での徘徊」が流行りだす兆しだけは、何としても防がなければならない。


最近の記事はこちら

“占い界”における藤井聡太はどこに?

最近、プロスポーツの世界では次代を担う“若き天才”たちが続々と誕生している。ここで取り上げる将棋世界の藤井聡太君など、その典型だ。まだ14歳の中学生だが、既に昨年10月からプロ棋士四段に昇格した。そし…続きを読む

「EU」が揺れている

11人が立候補したフランスの大統領選で、予想されていた通り過半数を得たものがなく、改めて5月7日に「国民戦線」のルペン氏と、「前進!」のマクロン氏との間で“決選投票”が行われることが決まった。ルペン氏…続きを読む

北朝鮮にも“隠れキリシタン”がいた!

“隠れキリシタン”と言えば、江戸時代の長崎を思い浮かべる。現在でも、その子孫の方々が存在していて“隠れキリシタンの信仰”が維持されている。もう、日本では堂々と“キリスト教徒”を名乗って良いのに、子孫の…続きを読む

“究極の美”は、“マゾ体質”の証明

確かに、その人は美しい。とても50歳には見えない。「美のカリスマ」と呼ばれる。本人も「肌の美しい人を見ると、つい傍に行って話しかけてしまう」とおっしゃる。確かに“美”へのこだわりが強いようだ。君島十和…続きを読む

寄付によって財産を使い果たす

日本電産の創業者・永守重信氏は最近、あちこちの教育機関に寄付金を与えている。寄付金と言っても一千万とか二千万とかのけちな金額ではない。70億とか100億とかいうとてつもない金額である。彼は「日本電産」…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.