素顔のひとり言

「辻占い」の時代

いつもパソコンに向かうとき、私の眼下には豊平川に架かる橋があり、その橋を行き交う車の方列が見える。それ以外の部分が、まだ残雪で白いため、余計に橋が際立ち、車の方列が陽の光を受けて鈍く輝く。

その昔、川に架かる橋は人が通るところで、車の通るところではなかった。人以外で通るのは、馬車や人力車だった。時代劇などで時折見掛けるが、橋を行き交う人たちは当然のことながら和服姿で、そぞろ歩きしながら会話を愉しんでいた。現代でも、花火大会の夜などは、それに近い光景が見られることもある。

そういう環境下の中で「辻占い」は生れた。辻占いは通常、四つ角に立って占う占法だが、橋の袂で行われることも多かった。おもに夕方に行うので「夕占(ゆうけ)」と呼ばれることもあった。一説によると、占なう本人が四つ角、或いは橋の袂に立って、辻占の神に心の中で祈りを捧げてから、三番目に来た人たちの会話が占いの決め手になるという。つまり、その人達が何を話しているか―その内容が、そのまま占なうことへの答えだ、と云うのだ。例えば、本人が恋愛の今後を占なって、三番目に通った人達が、仮に「本当に仕様がない奴だよ。結局、別れたんだろう」と、云っているのが聴こえてきたとする。そうすると、それはそのまま占いの答えなので、本人の恋愛も、そのような結末に向かっていく―と、判断するのだ。

単なる偶然の会話に過ぎない―それに答えを求めるのは、非科学的だ、と考える人がいるかもしれない。けれども、占いというのは、最終的には非科学的なものであって、決して科学的に占なっているわけではない。一見、科学的なように見える占星術や四柱推命なども、その判断へのプロセスが科学的(又は合理的)なだけなのであって、判断そのものは必ずしも科学的とは云い得ない。

科学として公認されている気象予報や地震予報なども、実質的にはそうだ。だから、開花予想や長期予想など、間違えることが多いのだ。大体、長期予想など、当たることの方が少ない。漁師や農家などで勘の鋭い人の方が、余程正確である。それは明日の生活が掛かっているから、経験的な予知能力が磨かれるからだ。鼠などの動物だって、生きていく上での予知能力は、科学的な予知よりはるかに正確だ。

科学(合理)的なプロセスを踏む占いのみを、正しいなどという占い師は、あまり信用できない。そういうような占い師に限って、実際の自然科学を持ち出して理屈をつけるが、そんなに科学的だというなら、一般の科学者たちからの力添えを得て、占いを学校の正規の教科書で取り上げられるように、1日も早くしてもらいたいものだ。実際、私は昔、それが夢であった。占いを学校の教科書に載せること―しかし、いつの頃からか、そういう幻想は抱かなくなった。占いは、人生や運命と直接関わる。薄っぺらな学校の教科書で、むしろ教えられてはいけないもののような気がし出したからだ。人間の運命と真正面から向き合うことの出来る人のみに、神はその役割を託そうとしているのではないだろうか。


最近の記事はこちら

自らが創り出す「未来」

占星学や推命学の研究者の中には“先天的な運命”を動かしがたいものとして、本人の“意志”とか“選択”とか“努力”などを認めないような判断の仕方をされている方が多い。私自身も占星学や推命学の研究者であるか…続きを読む

あまりにもお粗末な「ツタンカーメン」番組

こういう番組をどう捉えれば良いのだろう。制作サイドは日本の視聴者をあまりにも軽んじすぎているのではないだろうか。7月18日のTBS古代エジプト世紀の大発見プロジェクト「ツタンカーメンと伝説の王妃330…続きを読む

日進月歩で「後退していく」占いの世界

世の中、日進月歩で進んでいくものが多い中で、まるで“後退りしている”ような世界が「占いの世界」だといってもよい。どうして後退りなのか、ここ20年ほど「新たな研究」「新たな学説」「新たな占い」「新進気鋭…続きを読む

人は“さまよいながら”生きていく

人間社会は「勘違い」で成り立っている。例えば、私は“書きもの”などでは何でも明確に“ズバズバ書く”ので、現実にもさぞかし「即断即決の人」「迷いのない人」「怖い人」であるかのよう誤解されがちだ。とんでも…続きを読む

「パスワード」という魔物

私は元々が“IT型の人間”ではないので、日頃から“IT関連のもの”は苦手である。その中でも一番厄介なのが「パスワード」で、あらゆる場合にこの部分で躓いてしまう。何故、もう少し簡単に設定できないのか。憶…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.