今日の迷言・余言・禁言

「追憶のフランス」を取り戻そうとする女性

ここ数年、日本から見るフランスは“安全な国”ではなくなった。いつテロが起こっても不思議ではない国に変わったのである。地理的にヨーロッパのほぼ中央と言っても良いフランスは、どうしても周辺国からの脅威と無関係ではいられない。歴史的にもそういう経緯があった。その結果、ここ数年の間にフランスの極右政党「国民戦線」への支持が急拡大している。その先頭に立っているのがマリーヌ・ルペン党首だ。来年の春、フランスでは大統領選挙が行われるのだが、彼女は「フランスのトランプ」になる可能性がある。本人自身も、それを見越して、ロシアのプーチンと、アメリカのトランプと、フランスのルペンで“世界の平和を仕切る時代”がやってくると豪語している。なかなかの自信だ。というか、プーチンとトランプの間に割って入ろうというのだから、なかなかの度胸でもある。それにドイツやイギリスの女性首相を相手にしていないところが何となく興味深い。ただ彼女の主張は、それなりに筋は通っている。フランスはいつの間にか“移民だらけ”になっていて、移民や周辺国に気を使わなければ生活できない国になった…というのは本当だろう。フランスのサッカー代表チームは、現在11名のうち9人までが移民なのだそうだ。これではフランス国の代表として応援できない。もっともな話だ。現在のアメリカが“クリスマス”を特定宗教の行事として、国家としては祝えないのと同様である。世界のあちこちで、この種のことが起こっている。日本のように“何でもあり”の国など珍しいのだ。ルペン党首は、もし大統領になったなら移民を排斥するだけでなく、EUも離脱する可能性が大きい。そうなると今度は「EU」そのものが危うくなってくる。とにかくルペンが大統領になって、プーチンやトランプと“どう写真に納まるのか”見てみたい気がするのは私だけなのだろうか。


最近の記事はこちら

体外受精で毎年5万人以上が産れている

予想外に多いものの一つが「体外受精」だ。つまり、SEX無しで産れて来る子供。毎年、5万人以上もいたのだ。良く言えば“未来的な妊娠・出産”。悪く言えば“愛の伴わない妊娠・出産”。いや、正確に言えば“肉体…続きを読む

『この占いがすごい!2018年版』は300頁以上のボリューム

私の本はそれでなくても“ぎゅうぎゅう詰めの本”が多く、一般書籍の文字量からすると多めに構成されている。もっとも編集レイアウトが上手く整理・工夫されているので、読みにくくはない。本来であれば、二冊に分け…続きを読む

もう漢字一文字の時代ではないのかも…

今年の漢字一文字は「北」となったそうだが、誰もが感じているように、いまひとつピンとこない。そのせいかどうか知らないが、さまざまな人達が自分にとっての今年を漢字一文字で公表している。昨日、離婚が正式合意…続きを読む

「ふれあい」で“地位”も“名誉”も失う時代

いつからだろうか。「ふれあい」が「セクハラ」という言葉に変わったのは…。もはや優しく抱きしめるとか、肩を抱き抱えるとか、そっと頭を撫でてあげるとか…そういう行為も、みんなみんな「セクハラ」にされて、職…続きを読む

「♪心ひとつで…」大寒気に襲われる日本

どっかで聞いた気もするけど、よく知らない言葉の一つ「ラニーニャ現象」。海流と大気の状態から、今後一年、日本全体が低温化する可能性がある現象がペルー沖で発生したらしい。まずい。寒いのは困る。それでなくて…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.