今日の迷言・余言・禁言

「退職代行」があるなら「就職代行」も…?

昨年春から“退職代行サービス”を開始した企業がある。つまり、いま勤めている会社を辞めたくなったなら、そしてそれを“言い出しにくい状況”なら、自分たちが変わって「退職」を会社側に伝えてあげますよ、というサービスだ。つまり、自分で会社に出向かなくても「退職」を完了させてくれるシステムといえる。もっとも無料ではない。会社員の場合には5万円、アルバイトなどの場合には4万円を振り込まなければならない。それでも、もう嫌だ、となった会社に出向かなくて良いなら、その方が良いと選択する20代~40代の会社員は多いらしい。確かに、私も若いころは“会社員”の時代があったので、その気持ちは十分にわかる。だから結局、働いた分の給与を貰わずに辞めてしまったところさえある。まあ、今考えてみると、別に堂々と辞めれば良いことで、卑屈になどなる必要はなかったのだが、何しろ若い。感情的にもなりやすく、上司や経営者と顔を合わせること自体、嫌だった記憶がある。う~ん、なんと可愛らしい私であることか。ともかく、そういう人たちの“味方”であることは間違いない。ただし、会社側と交渉するとか、取引するようなことは一切しない。あくまで「退職」を伝えるだけなので、保険証などを持って来てくれるわけではない。それらは郵送されてくる。確かに、このサービスは良い。それならば、辞めた後の「就職代行」のサービスはないのだろうか。現代のような家に居ながらでも“仕事可能”な職種が多くなった時代においては「就職代行」があったとしても不思議ではない。それに、実際には、こちらの方がはるかに“需要が多い”ような気がするのだ。例えば、面接ということが極端に苦手な人たち。遠方なので、直接会社に出向くのは難しい人たち。顔などの外見に多少、問題のある人たち。そういう人たちは「就職代行」を限りなく求めているような気がするのだ。そうして、面接会場には、いつもの“代行サービス会社”の面々が並んで座っている…。


最近の記事はこちら

旧暦「七夕」は、やっぱり“手書き”

近年、中国は急速な勢いで“IT王国”に変わった。どこでもスマホ決済が当たり前になり、タクシーアプリを使うのが当然になりつつある。そんな中国で、意外に進んでいないのが“婚活事情”だ。もちろん、それは中国…続きを読む

心を癒すのは「ペットロボット」&「3Dキャラクター」

バーチャルシンガー「初音ミク」は一部で熱狂的人気を集める“2次元キャラクター”だが、その初音ミクと“結婚した”という30代の公務員が現れた。もちろん正式な「婚姻証明書」も所有している。IOTベンチャー…続きを読む

「聖職者」が「性食者」に変わる時

アメリカのペンシルバニア州の教会で70年間にわたり、カトリックの高位聖職者たちが、そこに通う子供たちに対して“性的虐待を行っていた”という驚くべき報告書が8月14日に公表された。この報告書は専門の調査…続きを読む

“富士子容疑者”は「殺人のプロ」なのか

昨日、今年5月に三重県鈴鹿市で起きた“夫殺人”の容疑者・横山富士子(46歳)が再逮捕された。同時に、これまで除外されていた富士子の実母・愛子(69歳)も“新たに逮捕”された。つまり、21歳年下の夫を不…続きを読む

新ジャンボ1等賞金20億円、6等賞金10万円⁉

総務省から昨日2017年度“宝くじ”の売上額が20年ぶりに8000億円を割り込んだことが報告された。近年の“宝くじ”は不振が続いていて、2005年度の1兆1047億円をピークに毎年減少している。昨年は…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.