今日の迷言・余言・禁言

「退職代行」があるなら「就職代行」も…?

昨年春から“退職代行サービス”を開始した企業がある。つまり、いま勤めている会社を辞めたくなったなら、そしてそれを“言い出しにくい状況”なら、自分たちが変わって「退職」を会社側に伝えてあげますよ、というサービスだ。つまり、自分で会社に出向かなくても「退職」を完了させてくれるシステムといえる。もっとも無料ではない。会社員の場合には5万円、アルバイトなどの場合には4万円を振り込まなければならない。それでも、もう嫌だ、となった会社に出向かなくて良いなら、その方が良いと選択する20代~40代の会社員は多いらしい。確かに、私も若いころは“会社員”の時代があったので、その気持ちは十分にわかる。だから結局、働いた分の給与を貰わずに辞めてしまったところさえある。まあ、今考えてみると、別に堂々と辞めれば良いことで、卑屈になどなる必要はなかったのだが、何しろ若い。感情的にもなりやすく、上司や経営者と顔を合わせること自体、嫌だった記憶がある。う~ん、なんと可愛らしい私であることか。ともかく、そういう人たちの“味方”であることは間違いない。ただし、会社側と交渉するとか、取引するようなことは一切しない。あくまで「退職」を伝えるだけなので、保険証などを持って来てくれるわけではない。それらは郵送されてくる。確かに、このサービスは良い。それならば、辞めた後の「就職代行」のサービスはないのだろうか。現代のような家に居ながらでも“仕事可能”な職種が多くなった時代においては「就職代行」があったとしても不思議ではない。それに、実際には、こちらの方がはるかに“需要が多い”ような気がするのだ。例えば、面接ということが極端に苦手な人たち。遠方なので、直接会社に出向くのは難しい人たち。顔などの外見に多少、問題のある人たち。そういう人たちは「就職代行」を限りなく求めているような気がするのだ。そうして、面接会場には、いつもの“代行サービス会社”の面々が並んで座っている…。


最近の記事はこちら

全盲でも「太平洋」をヨットで渡れる

今から6年前、冒険旅行に旅立ったはずのキャスター辛坊治郎氏は太平洋上でヨットが動かなくなって漂流し、自衛隊に救助されて終るという“お粗末な出来事”があった。私はニュース映像で何となく見ただけで、事件の…続きを読む

神の館で「心の衣裳」は剥ぎ取られていく

近代に入って世界的にじわじわと勢力を拡大しつつあるのが「イスラム教」という宗教である。一日5回の厳格な礼拝義務を課すこの宗教が、ITが普及した現代でも受け入れられているのは奇妙な気もするが、一つだけ“…続きを読む

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対…続きを読む

「悪い予感」が的中した話

書こうか書くまいか、私には珍しく迷った。けれども、もう20年も前のことなので“懺悔”的な意味も含めて書くことにした。先日、パリのノートルダム寺院が焼けたが、あの映像を見ていて、私には何故か20年前の“…続きを読む

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.