今日の迷言・余言・禁言

「逃亡者」は、ひっそりと暮らすべき

レバノンの首都ベイルートで4日、大爆発が起こった。事故なのかテロなのかわからないが、死者100名以上、負傷者4000名、30万人が家屋を失ったとも言われる。日本から逃亡しているカルロス・ゴーンの家屋も被害を受けたらしい。彼の場合、日本の司法の手が届かない国まで逃亡し、安心してマスコミにも姿をさらし対応していた。その“安全な住まい”が壊されたということになる。別にそこを狙ったわけではないと思うが、日本からの逃亡者に“安住の地”などないのだ。少なくとも“逃亡者”であるゴーン氏は、もう少し“逃亡者らしく”ひっそりと暮らした方が良い。彼の性格が“ひっそりと暮らす”ことを許さないのかもしれないが、それだと「逃亡者」らしくない。もっと多くの“本当の逃亡者たち”から学んだ方が良い。ただ、今でも“鋭い眼”をしているゴーン氏の「眼」が、これ以上鋭くなるのもちょっと問題なのだが…。大爆発と言えば、今日は広島に原爆が投下されてから75年目にあたる。児童文学者・那須正幹氏は3歳の時に広島の自宅で被爆した。彼は最初のうち学者を目指したのだが、途中からなぜか児童文学に方向転換し『ズッコケ三人組』などベストセラーを生み出した。被爆体験を持っているだけに戦争には敏感で『屋根裏の遠い旅』はベトナム戦争を題材にした作品であり『折り鶴の子どもたち』は反戦をテーマにしたものだ。人はだれでも、自分の経験したことの中から“生きている証”を見出そうとする。それは「思想」とか「哲学」とかいう以前のもので、本能的に磁石のように引き寄せられてしまう。或る種の衝動を伴った“祈りにも似た想い”は人に届きやすい。戦争は多くの人を巻き込むが、その多くの人は悪くない。それなのに、人が人を殺し合う。憎しみで殺すのではなく、殺されたくないから殺すのだ。


最近の記事はこちら

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

占星学による「死」の予兆

人間にはさまざまな“生き方”がある。それらを批判することは簡単だが、それらから“学ぶ”ことの方が人生には役立つ。昨日、タレントの岸部四郎氏(71歳)が今年8月28日に心不全で亡くなっていたことが公表さ…続きを読む

現存する世界最古(⁉)「金箔天文図」公開

何となく「金箔天文図」などと言うと“妖しく”聴こえて良い。実際に金箔を貼り付けた天文図なのだから「金箔天文図」であるのは間違いがない。そして、現存する天文図としては一応“世界最古”であることも事実だ。…続きを読む

「ノーベル平和賞」って“何”だろう

「世の中」には、“わからないこと”というのがいろいろとある。「ノーベル平和賞」という「賞」もその一つだ。まず、科学的な「賞」と違って、その根拠というのが今一つ解かりにくい。例えば今年度の「ノーベル平和…続きを読む

「波木星龍インタビュー記事」は誰に役立つ⁉

時々よく解からない取材や問い合わせが来る。私に対する“インタビュー取材”も、そういう“わからないこと”の一つだ。過日も別々の電話占いの会社から“取材”を受け、それが記事としてまとめられた。その一つは「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.