今日の迷言・余言・禁言

「運」って、妖しい

多くの人は知らないんだよ。「運」がどれだけ妖しいかを…。多くの人は知っているんだよ。「運」がどれだけ妖しいかを…。だけど、誰も言わないのさ。怖いから言えないのさ。「運」って、怖いよね。ほんとうは誰でも知らないふりして通り過ぎたいんだ。だけど、そこまで来ると足が止まって、何か言いたくて、でも何も言えなくて、“お願いだからこっちを見ないで…”って、普通のふりして一生懸命静かに歩いて、触れないように気を付けて、ちょっと何か感じただけでも「運」じゃないことを祈ってる。あの妖しさは尋常じゃない。きっと、見えてるんだよ。そう、見えてるにきまってる。絶対、見えてるにきまってる。でなけりゃ、あの妖しさはないよね。「凍りつくような炎」って、そんな表現なかったっけ? とにかく、そんな感じだよ。あの「眼」が、どんなに妖しいか、言葉で表現するのはとても難しくて、ただ“怖い”から、そして“見ている”から、そして…だけど…やさしいときもあるから、ちょっとだけ薄目を開けて、見てしまいたくて、覗きたくて、知りたくなって、抱いてほしくて…だけど、やっぱり怖いから「運」にお願いするんだ。もう少し、もう少しだけで良いから“怖くしないで、”もう少しだけで良いから“一緒に居て”、もう少しだけで良いから“妖しくて良いから”、この背中を温めてほしい…と。


最近の記事はこちら

「竜宮の遣い」出現は“幸運”?“災い”?

「リュウグウノツカイ(竜宮の遣い)」と呼ばれる“深海魚”をご存じだろうか。深海魚であるから、滅多なことでは姿を現さない。体長が3m以上ある太刀魚に似た体形の奇妙な魚類である。昨日、舞鶴市の沖合でこのリ…続きを読む

「正義」に固執しすぎる時代

最近のニュースには「正義」というものに固執し過ぎているものが多い。特に「絶対正義」だ。その時、正義でも時代が変わることで、正義でなくなってしまうことは少なくない。例えば太平洋戦争の時代、お国のために“…続きを読む

ただ働きで借金⁉「連邦職員はつらいよ」

昨年末からアメリカの政府機関が閉鎖したままになっている。当然のことながら、そこで働く人たちに給与は出ていない。その数約80万人である。政府機関の中には仕事そのものも休止した状態で閉鎖されたままの部署も…続きを読む

「もう一つの学校」が必要な時代

中学校などの教育現場で今、深刻な状態を引き起こしているのが「隠れ不登校」の問題だ。病気とかイジメとか精神的な問題から「不登校」が生じてしまうことはしばしば耳にする。学校側が定義する「不登校児」というの…続きを読む

「天使のはしご」で空を飛ぶ

ときどき神様はイタズラをする。神様というのはイタズラ好きなのだ。「天使のはしご」も、その一つなのに違いない。昨日、朝、東京上空には「天使のはしご」が降りた。私はその名称を知らなかった。重く垂れこめた雲…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.