今日の迷言・余言・禁言

「運命」と、終わりの「美学」

何事にも“始まり”があれば“終わり”もある。人は“誕生”して人間としての生命が始まり、“死亡”することで終わりを迎える。個々の社会的役割は、その仕事に就いた時から始まり、その仕事を辞める時に終える。アーティスト・安室奈美恵氏は1992年9月16日に“デビュー”したらしい。そして、少し中途半端なのだが2018年9月16日をもって“引退”するという。つまり“26年間”で“閉幕”という形。CMも抱えている彼女は、辞めたくなったからと言って、すぐは出来ない。だから、少し中途半端な年数となってしまうが、自らが“40歳の誕生日”に「ブログ」を通じて公表したのだろう。なぜ、辞めるのかについては公表しない。それが彼女の「美学」だからだ。人の“生き方”にはいろいろあって、最近はアーティストでも“私生活”を前面に出す人が多くなった。その方が親近感を持たれやすく、心情的な応援を受ける場合も多い。けれども、それは同時にプライベートを“干渉される”生き方でもある。近年は、自分に都合の良い時だけプライベートを見せ、都合が悪くなると見せまいとする芸能人が多すぎる。“さらす”のか“さらさない”のか、どっちつかずはアンフェアである。そういう意味で、安室奈美恵氏は、社会生活と私生活を明確に分離し、仕事も辞めて“公私とも見せない”と決めたのであろう。そうすればプライベートは誰にも干渉されることがない。実際、そういう形で“仕事の第一線”から遠ざかった人たちは多い。“最高の時”に辞めることで、あらゆる面での「美しさ」を保つこともできる。記憶は“永遠”に残る。しかし、その“逆の生き方”もある。その典型は「美の巨人」であった彫刻家・ミケランジェロだ。彼は当時としては大変長命だったが、死の直前まで新たな作品の制作を辞めなかった。晩年のミケランジェロの作品は、とても「ダビデ」や「ピエタ」を制作した人物とは思えないほど力量が衰えていた。それでも、しがみつくように「ロンダニーニのピエタ」を作り続けた。けれども、その最晩年の“崩れ落ちるような彫像”こそ、人間の“生きる苦悩”を表わす最高の作品に私には思える。


最近の記事はこちら

子供を働かせる「アイドル商法」

週刊文春で今年3月21日に首を吊って自殺した愛媛の“農業アイドル”「愛の葉」主力メンバー大本萌景(おおもとほのか・享年16)さんの母親が、娘が自殺に至った経緯を詳細に語っている。それを読むと、これは明…続きを読む

キラウエア山だけではない爆発的噴火!

われわれ日本人にとってのハワイは“オアフ島”の方が馴染み深いが「キラウエア火山」で有名な“ハワイ島”も忘れてはならない。そのハワイ島のキラウエア火山で今月3日に始まった噴火は徐々に勢いを増し、17日に…続きを読む

「健康」も「愛情」も買うことが出来ない

昨日、歌手・西城秀樹氏が亡くなられた。二度の脳梗塞で身体が不自由になり、言葉も思うように話せなくなって、“網膜症”等で両眼の手術も受けていたらしい。昔「新御三家」と呼ばれた郷ひろみ氏&野口五郎氏&西城…続きを読む

「松居一代騒動」の意味するもの

それはミステリードラマの始まりのようだった。「私は殺されるかもしれない」とユーチューブに登場し、マスコミはこぞってそれに飛び乗った。やがて、それは「松居一代劇場」と呼ばれるようになり、徐々に視聴者は興…続きを読む

しっくりくる「天文暦」や「干支暦」がない

時代に逆らうわけではないが、私は占いの鑑定をするとき、手書きのホロスコープや四柱命式を使って行っている。今から二十数年前、占いソフトの会社から依頼されて西洋占星術などのソフトを共同制作した。その時、一…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.