今日の迷言・余言・禁言

「運命」の“勝利者”は最後まで分からない

「内柴正人」という人物を憶えているだろうか。そう“アテネ五輪”と“北京五輪”の両大会で柔道で“金メダル”に輝いた人物である。その後、彼は地元の熊本で九州看護福祉大で女子柔道のコーチとなって指導していた。ところが、2011年の合宿中に、教え子であった十代の女子に対して多量の酒を飲ませて、性的暴行を行ったとして告発され、“準強姦罪”として逮捕された。その後、裁判で最高裁まで争ったが、判定は覆らず5年の実刑が言い渡された。さらに“紫綬褒章”などは取り消され、日本柔道界からは“永久追放”が下された。まさに、転落の一途をたどったのだ。その彼に、手を差し伸べようとする者が受刑中から表れた。神奈川で“柔術道場”を主宰していた山田重孝氏である。それ以前は面識のなかった彼の勧めで、刑期を終えた後、内柴正人氏は山田氏の柔術門下となった。そうして練習している内に、たまたまその道場に通っていたキルギス出身の元柔道家と知り合う。そして、キルギスの柔道男子チームの総監督になってくれないかという話が一気に進む。そこで山田重孝氏も含め、試みにキルギスへと渡って柔道の練習に参加してみた。その中で“やっぱり柔道”という思いが、内柴氏を貫いた。教え方も上手いと山田氏の方も太鼓判だ。こうして、中央アジア・キルギスの柔道男子チームの総監督の話が正式に決まった。内柴氏は事件を起こしたことで、新婚間もなかった妻とも離婚した。けれども、出所後、同じ九州看護福祉大で女子柔道の“教え子”だった女性と再婚した。もちろん、事件とは無関係の女子だ。彼女は、事件の後も、個人的には内柴氏から学びたいと熱望していた女性なのだ。こうして、全てを失った内柴氏だったが、運命は彼を“柔道の世界”から見捨てなかった。何かで、その“世界”から追われながらも、結局、戻って来て大成するケースは稀ではない。「運命」の歯車は、表舞台から裏舞台へ、そうして再び表舞台へといざなっていく。


最近の記事はこちら

「アップルウォッチ」が“殺人”を暴くか⁉

トルコ政府に近い地元紙「サババ」は13日、イスタンブールのサウジアラビア総領事館を10月2日に訪問して後、行方不明となっているサウジ人の新聞記者カショギ氏が、サウジアラビアから来た“暗殺集団”に激しく…続きを読む

なぜか『ムー』だけが残った

10月12日から都内で秘かに開催されているのが「創刊40周年・ムー展」である。1979年10月の創刊から正確に言うと来年で40周年になる。まあ1年前倒しでの“40周年記念イベント”らしい。創刊当時から…続きを読む

「中高生アイドル」の問題点

今年3月に自殺した松山市を拠点とする“農業アイドル”「愛の葉ガールズ」の大本萌景(ほのか)さん・享年16歳のご遺族が、娘が自殺したのは所属事務所社長のパワハラが原因として9200万円の訴訟を起こした。…続きを読む

「別件」が気になる「ミイラ取り捜査官」

時々、ニュースそのものよりも、その“関連事項”の方に惹きつけられることがある。札幌駅付近で10月10日に逮捕された成田順容疑者の「覚せい剤事件」もそうだ。実は彼は2008年4月から、ずっと“薬物捜査”…続きを読む

「福」をもたらすドロドロ鬼神

10月8日9日に沖縄の宮古島に行くと、あなたにもきっと「福」が授けられる。但し、少々汚くなるし、泥臭くもなるけど、その辺は我慢しなければならない。この島では毎年、国の重要無形民俗文化財にもなっている「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.