素顔のひとり言

「運命」の扉を開くもの

私の職業は「占い師」だが、本当はこの職業に対して違和感がある。私自身は「運命研究家」になりたかったのだ。そして、その思いは今でも変わらない。私は幼い頃から現在まで、ずっと“人間の運命”そのものに惹かれてきた。「運命」としか呼びようのないものに、何故か惹きつけられ、魅了されてきた、と言っても良い。これは自分自身の運命というより、様々な人たちの運命と云った方が、よりピッタリする。もっと言えば“運命としか言いようのない人生”を歩んだ人たちの「運命」と言ったら解って頂けるだろうか。

人間には大きく分けて“二つの人種”がいる。その一つは、あまり「運命」を感じさせない人生を歩む人。つまり、取り立てて「運命」という言葉や表現を使うような場面が少ない履歴を歩んだ人生。確かに、そういう人もいる。けれども、その一方で「運命」という言葉や表現を使わずにはいられないような“過去”や“場面”を経験している人も多い。時代や環境や歴史が、自らの「運命」とクロスしている人たちも多い。

“時代の波”に翻弄される形で、愛する人を喪うとか、離れ離れになってしまう人たちもいる。本人の意思とは無関係に“偶然の出来事”が重なって人生を大きく変えていく場合も多い。出生時点で職業が決まっていたとか、結婚の形が決まっている場合もある。“運命的な出逢い”としか言いようのない形で、人生が180度転換していくケースもある。事故や事件に巻き込まれたことで、その後の人生が変わってしまう場合もある。

何故「運命」はあるのだろう。何が「運命」を作るのだろう。そして「運命」は本当に変えられるのだろうか。「運命の正体」を知りたい。「運命の本質」を探し出したい。「運命の秘密」を解き明かしたい。それは本当に“神の領域”なのだろうか。それとも個々の出生時における“天球図の様相”をそのまま反映したものにすぎないのだろうか。

幼い頃から、私は「人間の運命」の不可思議さに魅せられ、神の領域に踏み込むかもしれないことを恐れなかった。ただただ知りたかったのだ。どうしても知りたかったのだ。けれども、あれから50年以上の月日が経って、私は何を見たのか。神の領域に踏み込むどころか、神の領域に近づくことさえも、未だ出来ずにいる。宇宙に飛び出して「神の存在を感じた」宇宙飛行士たちがいたが、それらと変わることなく、私は無力だった。何一つ、ただの一つも、解明出来ていないもどかしさに苛立つのだ。

ただ“多くの人生”を見て、確信していることがある。「先天的運命」は確かに存在するが、そればかりではない。つまり「後天的運命」もあって、そちらの方は“自由意志”が使えて、それにより「運命」は“変更可能なもの”であること、とかく「運命」というと“不可避なもの”のように誤解されるが、そういうものばかりではなく、だから“人生は面白く”、人間として“生きていく価値あるもの”となっているということだ。けれども、人生のレールも“変換しやすい時・場所”があり、“変換しやすい方向”もある。それを間違えると、“無駄な努力”を重ねることになる。実は“ちょっとした違い”が、事実上、後々の“運命を大きく左右する”ことになっている事例が多い。多くの人は、最初から“大きな差がある”よう誤解しているが、実際には「人間の運命」には“大きな差”は存在していない。“大きな差”は、“ちょっとした違い”の積み重ねの中で広がっていくだけなのだ。


最近の記事はこちら

波木星龍の公的な「予言の的中率」

占い師の評価というのは、必ずしも“的中率”にあるわけではないが、そうは言っても“どの程度的中しているのか”は、その評価の重要なポイントであるには違いない。よく“口コミ”と言われる“やらせっぽいサイト”…続きを読む

自らが創り出す「未来」

占星学や推命学の研究者の中には“先天的な運命”を動かしがたいものとして、本人の“意志”とか“選択”とか“努力”などを認めないような判断の仕方をされている方が多い。私自身も占星学や推命学の研究者であるか…続きを読む

あまりにもお粗末な「ツタンカーメン」番組

こういう番組をどう捉えれば良いのだろう。制作サイドは日本の視聴者をあまりにも軽んじすぎているのではないだろうか。7月18日のTBS古代エジプト世紀の大発見プロジェクト「ツタンカーメンと伝説の王妃330…続きを読む

日進月歩で「後退していく」占いの世界

世の中、日進月歩で進んでいくものが多い中で、まるで“後退りしている”ような世界が「占いの世界」だといってもよい。どうして後退りなのか、ここ20年ほど「新たな研究」「新たな学説」「新たな占い」「新進気鋭…続きを読む

人は“さまよいながら”生きていく

人間社会は「勘違い」で成り立っている。例えば、私は“書きもの”などでは何でも明確に“ズバズバ書く”ので、現実にもさぞかし「即断即決の人」「迷いのない人」「怖い人」であるかのよう誤解されがちだ。とんでも…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.