今日の迷言・余言・禁言

「運命に逆らう」ということ

3月8日の「国際女性デー」を前に、政治家・野田聖子氏が朝日新聞のインタビューに応じている。そして女性たちに向けて「自分の心に素直に動こう」と発信している。彼女は今、何よりも先天性の心臓病を持つ息子の母親だ。その“母親の顔”が前面に出ているメッセージとなっている。実に、彼女は3年間で8回も“体外受精”を受けていたらしい。それくらい必死で“母親”になろうとした。彼女は明らかに「運命」に逆らったのだ。人間、誰でも“中年”と呼ばれる頃に差し掛かると、おぼろげながら運命として自分に“与えられているもの”と“与えられていないもの”とを何となく把握する。占い的にというのではなく、本能的に感じ取るものだ。少なくとも自分を“客観視”できる人というのはそういうものである。もちろん賢い彼女のことだから、自分に“子供運”がないことを本能的に感じ取っていたに違いない。けれども彼女はあきらめなかった。そうして、半ば強引に“我が子”を得た。けれども、そうやって得た息子は“先天的な疾患”を持っていた。心臓に持病を持っていたのだ。望んでいた“我が子の姿”とは違っていたに違いない。それでも、今の彼女は母親らしく穏やかとなり、とても幸せそうである。40歳までの自分を「男だった」と反省している。そうして嫌でも“弱者の眼”で物事を捉えることが出来る立場に変わったと告白している。それにしても最初は自費出版で出すつもりで『私は産みたい』を著述していたらしい。その思いの強烈さがわかる。つまり、運命とは、それだけの“強烈な思い”があれば覆すことは可能なのだ。但し、それだけの“代償”は払わなければならない。彼女のように、それを覚悟であれば、神は“強引に掴み取ろうとする”ものを引き剝がしはしない。


最近の記事はこちら

「自由&平等」は「責任」の元に与えられる

何かが違う。そんな“違和感”をおぼえるのは私だけなのだろうか。全国各地の“同性カップル”が2月14日に国を相手取り“損害賠償”を求めて一斉提訴するというのだ。つまり、同性婚を認めないのは憲法が保障する…続きを読む

長寿「113歳の顔」の特徴

男性としては「現存する世界最高齢」と昨年ギネスで認定されたばかりの足寄町の野中正造氏が亡くなった。1905年7月25日生まれなので享年113歳だった。前日までは元気にしていたらしい。これこそ“大往生”…続きを読む

本人よりも詳しい「オタク」がいる⁉

最近はどういう分野でも“熱烈ファン”や“追っかけ”や“マニアックなオタク”がいる。そして、それらの人は、その人物のあらゆることを知っている。時には、その本人よりも“詳しく知っている”こともある。驚くべ…続きを読む

ホロスコープは「真実」を告げるか

私は、或る程度、どういうところでは何か書くか、何となくだが決めている。そして、ここでは基本的に「占い」を真正面から扱うことはほとんどしないのだが、今日は“どうでも良いニュース”が多かったので、たまには…続きを読む

「竜宮の遣い」出現は“幸運”?“災い”?

「リュウグウノツカイ(竜宮の遣い)」と呼ばれる“深海魚”をご存じだろうか。深海魚であるから、滅多なことでは姿を現さない。体長が3m以上ある太刀魚に似た体形の奇妙な魚類である。昨日、舞鶴市の沖合でこのリ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.