今日の迷言・余言・禁言

「運命の出逢い」は存在するか

よく「運命の出逢い」という言葉がドラマの世界などで語られる。そういうものは実際にあるのだろうか。私は自分の経験上からも、占い師としての経験上からも「ある」と断言する。極端なことを言えば「運命の出逢い」だらけである。もちろん、恋愛や結婚の出逢いだけではない。人と人との出逢いだけでもない。さまざまな場面で「運命」としか呼びようのない“出逢い”は存在する。そういう意味でも興味深い話題が海外にある。アメリカのケビン・ウォルシュ氏は13歳の夏、初めてサマーキャンプに参加した。そして、同じく初めて参加したブレイクさんと出逢った。参加している女の子の中で“一番かわいい”と思ったが、自分からは声を掛けられないでいた。ところが、そのブレイクさんの方から「あなたには黒がとっても似合っているわよ」と話しかけてきたのだ。二人はたまに連絡を取り合うようになった。ただ学校を卒業して、二人ともキャンプには参加しなくなって、いつの間にか連絡も途絶えてしまった。5年後、18歳になってケビン氏はうつ病となってしまった。世の中すべて無意味に思え、遺書を残し、自殺しようとした。そして手首を切ろうとしたその時、携帯電話が鳴った。躊躇していると電話は切れた。誰だろうと電話を入れると、ブレイクだった。実はブレイクの方は、自分から電話した記憶はない。ただ学校の帰りに電話が掛かってきて、その声が久しぶりのケビンだと知り、しかも「自殺しようとしていた」という告白を訊いて必死で思い止まらせた。それがきっかけになり彼らは再び連絡し合う仲となり、徐々に友情から愛情へと変わった。そして、ケビンが出張先のスイス迄来てくれたブレイクにプロポーズ、翌年、晴れて結婚した。ケビンは電話が来たので、折り返し電話してみたといい、ブレイクは自分からは電話していないというが、その記憶の違いは「キューピットの着信」だったからかもしれない。


最近の記事はこちら

通った高校の校舎裏で出産(?)

6月18日の午後3時55分頃、一人の生徒が校舎裏側の砂丘で“生き物らしきもの”を発見した。驚愕した生徒は、慌てて学校内に戻って教師にそのことを報告、裏庭へと連れて来た。実際に戻ってみると、それはへその…続きを読む

「母親」は「息子」を道ずれにした

親戚が集まった時、表立っては言えないけど、誰もが暗黙に頷き合うような“死”というのがある。この場合も、きっとそうだったに違いない。親戚たちは二度集まり、棺は二つ並べられていたからだ。そして誰もが神妙だ…続きを読む

札幌―東京間「新幹線」4時間半は魅力だが…

JRは「北海道新幹線」の一番のネックと言われていた“時間の短縮”を本気で考え始めたようだ。現在のままだと東京―札幌間は5時間半くらいかかると言われ、それなら飛行機が良いかなと、誰でも思ってしまう。特に…続きを読む

「正しい生き方」は“正しくない”のだ⁉

世の中には何でも“正しく”なければ気の済まない人達がいる。そういう人たちは「あれもダメ」「これもダメ」と言って、世の中に“規制”や“罰則”を増やしていく。そして、そういう人たちは「私たちは世の中を良く…続きを読む

「スクールバス」がハンマーで襲われる

“人種の違い”というものを感じさせられる時がある。昨日、アメリカから入ったニュース映像は正にそんな感じだった。何しろ、高校生たちを乗せた「スクールバス」の車内で女子高生同士のけんかが始まったのだ。スマ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.