今日の迷言・余言・禁言

「運命の出逢い」は存在するか

よく「運命の出逢い」という言葉がドラマの世界などで語られる。そういうものは実際にあるのだろうか。私は自分の経験上からも、占い師としての経験上からも「ある」と断言する。極端なことを言えば「運命の出逢い」だらけである。もちろん、恋愛や結婚の出逢いだけではない。人と人との出逢いだけでもない。さまざまな場面で「運命」としか呼びようのない“出逢い”は存在する。そういう意味でも興味深い話題が海外にある。アメリカのケビン・ウォルシュ氏は13歳の夏、初めてサマーキャンプに参加した。そして、同じく初めて参加したブレイクさんと出逢った。参加している女の子の中で“一番かわいい”と思ったが、自分からは声を掛けられないでいた。ところが、そのブレイクさんの方から「あなたには黒がとっても似合っているわよ」と話しかけてきたのだ。二人はたまに連絡を取り合うようになった。ただ学校を卒業して、二人ともキャンプには参加しなくなって、いつの間にか連絡も途絶えてしまった。5年後、18歳になってケビン氏はうつ病となってしまった。世の中すべて無意味に思え、遺書を残し、自殺しようとした。そして手首を切ろうとしたその時、携帯電話が鳴った。躊躇していると電話は切れた。誰だろうと電話を入れると、ブレイクだった。実はブレイクの方は、自分から電話した記憶はない。ただ学校の帰りに電話が掛かってきて、その声が久しぶりのケビンだと知り、しかも「自殺しようとしていた」という告白を訊いて必死で思い止まらせた。それがきっかけになり彼らは再び連絡し合う仲となり、徐々に友情から愛情へと変わった。そして、ケビンが出張先のスイス迄来てくれたブレイクにプロポーズ、翌年、晴れて結婚した。ケビンは電話が来たので、折り返し電話してみたといい、ブレイクは自分からは電話していないというが、その記憶の違いは「キューピットの着信」だったからかもしれない。


最近の記事はこちら

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

占星学による「死」の予兆

人間にはさまざまな“生き方”がある。それらを批判することは簡単だが、それらから“学ぶ”ことの方が人生には役立つ。昨日、タレントの岸部四郎氏(71歳)が今年8月28日に心不全で亡くなっていたことが公表さ…続きを読む

現存する世界最古(⁉)「金箔天文図」公開

何となく「金箔天文図」などと言うと“妖しく”聴こえて良い。実際に金箔を貼り付けた天文図なのだから「金箔天文図」であるのは間違いがない。そして、現存する天文図としては一応“世界最古”であることも事実だ。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.