今日の迷言・余言・禁言

「運命の出逢い」は存在するか

よく「運命の出逢い」という言葉がドラマの世界などで語られる。そういうものは実際にあるのだろうか。私は自分の経験上からも、占い師としての経験上からも「ある」と断言する。極端なことを言えば「運命の出逢い」だらけである。もちろん、恋愛や結婚の出逢いだけではない。人と人との出逢いだけでもない。さまざまな場面で「運命」としか呼びようのない“出逢い”は存在する。そういう意味でも興味深い話題が海外にある。アメリカのケビン・ウォルシュ氏は13歳の夏、初めてサマーキャンプに参加した。そして、同じく初めて参加したブレイクさんと出逢った。参加している女の子の中で“一番かわいい”と思ったが、自分からは声を掛けられないでいた。ところが、そのブレイクさんの方から「あなたには黒がとっても似合っているわよ」と話しかけてきたのだ。二人はたまに連絡を取り合うようになった。ただ学校を卒業して、二人ともキャンプには参加しなくなって、いつの間にか連絡も途絶えてしまった。5年後、18歳になってケビン氏はうつ病となってしまった。世の中すべて無意味に思え、遺書を残し、自殺しようとした。そして手首を切ろうとしたその時、携帯電話が鳴った。躊躇していると電話は切れた。誰だろうと電話を入れると、ブレイクだった。実はブレイクの方は、自分から電話した記憶はない。ただ学校の帰りに電話が掛かってきて、その声が久しぶりのケビンだと知り、しかも「自殺しようとしていた」という告白を訊いて必死で思い止まらせた。それがきっかけになり彼らは再び連絡し合う仲となり、徐々に友情から愛情へと変わった。そして、ケビンが出張先のスイス迄来てくれたブレイクにプロポーズ、翌年、晴れて結婚した。ケビンは電話が来たので、折り返し電話してみたといい、ブレイクは自分からは電話していないというが、その記憶の違いは「キューピットの着信」だったからかもしれない。


最近の記事はこちら

両肢の間に「跪かせる治療法」は危ない⁉

世の中には「どう見たって…妖しい」と思うような治療法が山ほど存在する。けれども、それで実際に効果があるのであれば、誰も口をはさめない。ブラジルでは時折、その手の治療法が流行する。私がまだ20代の頃だっ…続きを読む

「転落死」しなかったことが奇跡⁉

欧米人の中には時々とんでもないことを思いつき、そして実行してしまう“危ない冒険野郎”がいる。12月5日に「動画サイト」に投稿され、現在は削除された「ピラミッド頂上で全裸になってSEX」動画がある。映像…続きを読む

ミャンマーの「赤い靴」

「赤い靴」という童謡を知っているだろうか。「♪赤い靴はいてた女の子…異人さんに連れられ行っちゃった」で始まる“もの哀しい曲”だ。私は幼い頃、この歌をなぜか“とても美しい歌”のように思っていた。それは多…続きを読む

51年をかけ「1400勝」の快挙なのだが…

人には世間的に“目立ちやすい人”と、“目立ちにくい人”とがいる。例えば昨日、1400勝を達成した名人がいるのだが、さて、あなたには誰かわかるだろうか。というか、この報道をあなたは見掛けているだろうか。…続きを読む

ライバル同士の「変わり羽子板」が売れる⁉

昔から“不思議に思っているもの”がある。毎年、12月に登場する「変わり羽子板」の画像が、今一つ本人に似ていないことだ。今年も昨日東京の「久月」でお披露目された。1986年より、毎年続けられている。そし…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.