今日の迷言・余言・禁言

「運命の選択」が迫っている人々

人生には何度か、どちらを選ぶか「選択しなければならない」時がある。その時が運命的に“迫っている”人達がいる。ここで取り上げるのは、その中でも特に「選択型の運命」を持って生まれている人たちだ。例えば、ドナルド・トランプ氏…文字通り「米朝会談」を控え、選択の時が迫っている。彼は前にも述べたが、太陽と月とが180度で対冲した時に生れている。こういう人は、必ず「公・私」どちらかを採るかで選択しなければならない。仕事を採ればプライベートは犠牲となり、プライベートを採れば仕事や名誉が犠牲となる。同じように太陽と月とが180度で対冲した時に生れた人物に秋篠宮眞子さまがいる。しかも、この人の太陽と月とは左右90度に土星のアスペクトがある。身動きが取れない配置だ。小室圭氏との“婚約”は宙に浮いたままとなっているが、トランジットの天王星が出生時の月と重なる6月には、必ず何らかの動きが出て来る。というより“選択”が下される。「公(太陽)→公務」を採るのか「私(月)→婚姻」を採るのか、突然、発表となる。看板直撃で下半身不随となった「仮面女子」猪狩ともか氏は、今後も芸能活動を継続することが公式に発表された。プライベートでの事故であったが、所属事務所が全面的にサポートしていく。この人は太陽と月とが0度で一体化した生れである。こういう人は「公・私」一体型なので、プライベート的なことはそのまま仕事に直結していく可能性が強い。つまり、今回の事故が、彼女に“一生の仕事を与えた”と言える。同じように太陽と月とが0度で一体化している人物にシンガーソングライターの泰葉氏がいる。毎度お騒がせで“結婚”宣言していたが、それをアッサリと覆した。離婚時から既にそうであるが、プライベートを公に持ち込みすぎる。だが太陽と月とが“一体化している生まれ”であると解れば、それもやむなし…といったところか。天文学的に言えば「満月」や「新月」の日に産まれている方々だが「狼男」のように“変身”してしまいやすい生れなのだ。


最近の記事はこちら

「法律改正」が間に合わなくなる日

或るTV番組で「昭和」の時代には存在し「平成」の時代には“見かけなくなった品物”を特集していた。確かに、そういうものは多い。そして、それらの多くを私は見忘れていて、どういう役割を持つものだったのか、分…続きを読む

「教祖」で「歌手」で「会長」と呼ばれた男

13000人の出資者から総額460億円を“だまし取った容疑”で逮捕された「田中正人」こと「銅子正人」41歳。一応「テキシアジャパン」という投資コンサルティング会社の会長とされる人物である。だが、この人…続きを読む

「田んぼ」は「銀座」となり、また「田んぼ」に還る⁉

三重県津市に通称「レオパレス銀座」と呼ばれる地域がある。不動産会社レオパレス21が建築した“同じような形状のアパート”が乱立している。およそ1キロ四方の区域内に40棟ものレオパレス物件が並んでいる。け…続きを読む

同一の年齢と病気、同一アスペクトからの復活

昨年の「アジア大会」で6冠を達成した“競泳界のホープ”池江璃花子氏が白血病で緊急入院となった。私は以前、ブログの中で彼女の姓名について「池」も「江」も共に“水中”を表わす文字で「璃」は元々“青い宝石”…続きを読む

日本の“奥深さ”を表わす「日向」

私もつい最近知ったばかりだった「欅坂46」と「けやき坂46」の違い。それまで私は“同じグループ”だとばかり思っていた。ただ、それにしてはなぜ「欅坂46」と漢字表記したり「けやき坂46」とひらがな表記し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.