今日の迷言・余言・禁言

「運命の選択」が迫っている人々

人生には何度か、どちらを選ぶか「選択しなければならない」時がある。その時が運命的に“迫っている”人達がいる。ここで取り上げるのは、その中でも特に「選択型の運命」を持って生まれている人たちだ。例えば、ドナルド・トランプ氏…文字通り「米朝会談」を控え、選択の時が迫っている。彼は前にも述べたが、太陽と月とが180度で対冲した時に生れている。こういう人は、必ず「公・私」どちらかを採るかで選択しなければならない。仕事を採ればプライベートは犠牲となり、プライベートを採れば仕事や名誉が犠牲となる。同じように太陽と月とが180度で対冲した時に生れた人物に秋篠宮眞子さまがいる。しかも、この人の太陽と月とは左右90度に土星のアスペクトがある。身動きが取れない配置だ。小室圭氏との“婚約”は宙に浮いたままとなっているが、トランジットの天王星が出生時の月と重なる6月には、必ず何らかの動きが出て来る。というより“選択”が下される。「公(太陽)→公務」を採るのか「私(月)→婚姻」を採るのか、突然、発表となる。看板直撃で下半身不随となった「仮面女子」猪狩ともか氏は、今後も芸能活動を継続することが公式に発表された。プライベートでの事故であったが、所属事務所が全面的にサポートしていく。この人は太陽と月とが0度で一体化した生れである。こういう人は「公・私」一体型なので、プライベート的なことはそのまま仕事に直結していく可能性が強い。つまり、今回の事故が、彼女に“一生の仕事を与えた”と言える。同じように太陽と月とが0度で一体化している人物にシンガーソングライターの泰葉氏がいる。毎度お騒がせで“結婚”宣言していたが、それをアッサリと覆した。離婚時から既にそうであるが、プライベートを公に持ち込みすぎる。だが太陽と月とが“一体化している生まれ”であると解れば、それもやむなし…といったところか。天文学的に言えば「満月」や「新月」の日に産まれている方々だが「狼男」のように“変身”してしまいやすい生れなのだ。


最近の記事はこちら

柔軟な交渉能力こそ「平和」を作る力

人は誰も“争い”の中で暮らしたいとは思わない。それなのに世界のどこかで常に戦闘がある。争いごとの多くは互いの“主張”と“利害”に基づく。双方の主張がぶつかり、利害が交錯するから争いごとに発展する。どこ…続きを読む

町が地図上から消える炎

既に25万人が“避難生活”を強いられている。竜巻でもなく、豪雨でもなく、地震でもなく、津波でもなく、火山噴火でもない。とにかく、もう44人が亡くなったことだけはハッキリとしている。そして6500棟の住…続きを読む

UFOと北朝鮮の漂流船

「判読不明の数字が書かれていた」「なぜ北海道沿岸で多数が目撃されるか解からない」「誰も乗っていないことが多い」「漂着した遺体からは国籍も性別も解からない」このようにニュースの一部だけ書くと、何となく“…続きを読む

自身を観る「眼」を信じろ!

近年、海外で活躍している日本人は多い。特に芸術やスポーツの分野でそれが著しい。たまたま海外からのニュースの中で二人の人物が登場した。その一人は永久メイさん。まだ18歳の少女だが、中学1年で親元を離れて…続きを読む

「雪が降る」という“名曲”のごとく

北国の「雪」には、どこか“もの悲しい雰囲気”が漂っている。だから“冬”など無くなってしまうのが本当は良い。完全になくなってしまうのも少し寂しい気がするので、2週間くらいだけ“冬”がやって来て、足早に去…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.