素顔のひとり言

「運命を歩む」ということ

「運命」というものを扱う仕事を初めて今年でもう36年ほどになる。長い。長過ぎる。ただ長いだけで、ろくな仕事を果たして来ていない。その間、少し中断した時期も混じっているので実際にはもう少し短いが、それでも実に長い間「人の運命」というものと向き合ってきたものだ。

ところが、人の運命と向き合っては来ているが、それなりの役割が果たせてきたのかというと大いに疑問で、多分、自分の理想とする役割の十分の一も果たしてなどいない。大体、少年の頃に夢見たような“華麗なる占い師”でもなく“華やかな業績”もなく“千里眼のような能力”も未だ備わってはいない。むしろ全く逆で、大した有名でもなく、大した成果も掲げられず、霊感能力も伸びず、占い人気もなく、著作も数冊に留まっていて、占いの門下生を多数一流に育て上げたわけでもない。要するにろくな仕事をして来ていない。まあ、そこそこの形でどうにか一応続けて来られている―というのが現状なのだ。

昔は自分の過去をさらすとか、自分の弱点を書き並べるのは何となく気が引けたものだが、今はもう気にならなくなってきた。むしろ、最近は自虐的になったのか、投げやりになってしまったのか、本当の意味での自由を得たいのか「運命のすべてを解かっています」風なことは何故か言いたくない。だって、実際に分からないのだから…。人の運命というものを探求すればするほど、多くの人の運命に向き合えば向き合うほど「運命の持つ不可解さ」「人生というものの不可思議さ」「運勢の不条理さ」「人生というものの哀しさ」「宿命の存在性」「神仏の無慈悲さ」「人間の持つ可能性」について考えさせられることが多い。それらの仮面を次々と引き剥がして、真実を声高に叫んで、人々を先導していくことを望んでいた私だが、仮面を剥ぐどころか完全に目隠しをさせられ、返り討ちにあって、ズタズタとなってのたうちまわっているのが、残念ながら今の私の姿なのだ。

そして、最近、それこそが“私の運命の姿”私が知らず知らずに“自分の運命の道を歩んでいく姿”であったかのもしれない…とぼんやり思う。何一つ成果を見いだせないまま“巨大な運命の壁”に立ち向かい、跳ね返され、再び立ち上がって別の角度から“運命の壁に挑み”より大きく跳ね飛ばされ、心身ともボロボロになって、それでも「運命」という謎の悪役に挑む格闘技者のように、死ぬまで闘い続けて、よろよろになりながら闘い続けて、何一つ成果を見いだせぬまま死んでいくのかもしれない。それでも、それが解かっていても「ギブアップ」とは言いたくなくて、私はよろよろと「運命」に立ち向かおうとする。結局、運命という魔物は、私程度の能力独りで本当に解き明かせるようなものでもなく、回避できるものでもなく、変更できるものでもないらしい。

いつの日か、天才が出て、運命の持つプロセスすべてを明快に解き明かし、それを自由に変更可能なシステムを構築し、手軽に人々に提供できるような時代がやって来るであろうか。それとも、それは“神仏の御心に背く行為”で、土台が行ってはいけないことであり、人類は永遠に「運命を歩む」よう宿命づけられているのであろうか。だからこそ、せめてもの救いに「占い」があり“運命を読むこと”だけは許されているのか。いや、そうであってはならない。仮に神仏が許さなかったとしても、あらゆる人たちが“幸運を掴む権利”は存在すべきであり、そのための手法は研究されるべきことな筈である―そういう信念を持つ後世の誰かが、私の志を引き継ぎ研究(運命&占術の相互研究)に埋没してくれることを秘かに期待している。


最近の記事はこちら

波木星龍の公的な「予言の的中率」

占い師の評価というのは、必ずしも“的中率”にあるわけではないが、そうは言っても“どの程度的中しているのか”は、その評価の重要なポイントであるには違いない。よく“口コミ”と言われる“やらせっぽいサイト”…続きを読む

自らが創り出す「未来」

占星学や推命学の研究者の中には“先天的な運命”を動かしがたいものとして、本人の“意志”とか“選択”とか“努力”などを認めないような判断の仕方をされている方が多い。私自身も占星学や推命学の研究者であるか…続きを読む

あまりにもお粗末な「ツタンカーメン」番組

こういう番組をどう捉えれば良いのだろう。制作サイドは日本の視聴者をあまりにも軽んじすぎているのではないだろうか。7月18日のTBS古代エジプト世紀の大発見プロジェクト「ツタンカーメンと伝説の王妃330…続きを読む

日進月歩で「後退していく」占いの世界

世の中、日進月歩で進んでいくものが多い中で、まるで“後退りしている”ような世界が「占いの世界」だといってもよい。どうして後退りなのか、ここ20年ほど「新たな研究」「新たな学説」「新たな占い」「新進気鋭…続きを読む

人は“さまよいながら”生きていく

人間社会は「勘違い」で成り立っている。例えば、私は“書きもの”などでは何でも明確に“ズバズバ書く”ので、現実にもさぞかし「即断即決の人」「迷いのない人」「怖い人」であるかのよう誤解されがちだ。とんでも…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.