今日の迷言・余言・禁言

「過去への決別」で“生まれ変わる”方法⁉

欧米では時々、とてつもなく巨乳の女性達を扱っている雑誌を見掛ける。それも、明らかに不自然で、明らかに“人工的な巨乳”の女性達が登場する。日本の男性達なら、多分、引いてしまうような“巨大すぎる胸”だ。けれども、欧米女性には時々そういう胸に自ら憧れ、自ら挑んでいこうとする女性達がいる。アメリカのミシガン州に暮らすフォクシー・メナジェリー氏(42歳)もそうだし、ロンドンに暮らすニッキー・ヴァレンティ―ナ・ローズ氏(26歳)もそうである。両者ともに6年前から胸の整形を繰り返し、現在は“巨大なる胸”を手に入れている。しかも、ふたりとも、昔の自分を嫌って「生まれ変わりたい」という意識の下、自ら胸を“巨大化”し続けていることが特徴だ。どのくらい大きいか、実は日本で通常、胸を大きくする場合、200㏄~250㏄サイズのシリコンを使うらしい。このくらいのサイズだと身体に負担が掛からないからだ。これが500㏄以上になると身体に負担が掛かって来るので、病院側としては奨めない。ところがである。現在、ヴァレンティ―ナ・ローズ氏の場合、現在3250㏄のインプラントが入っている。さらにフォクシー・メナジェリー氏の方は、現在6640㏄のインプラントが入っている。超巨大なのだ。もちろん、身体には支障が出始めている。けれども、ふたりとも、まだ完成形ではない。メナジェリー氏は自ら「すっかり中毒ね」と語っている。彼女の場合、6年前に夫と離婚し、過去への決別を誓った。その手段として選んだのが「巨乳手術」だった。昔は平凡でシャイで自分に自信が持てなかった。ところが“巨乳”に生まれ変わったことで、モデルの仕事が舞い込み、多くの未知なる人達と出逢い、写真を一緒に取ってほしいとせがまれ、何よりも自分に自信を持つことが出来るようになった。手術をするごとに「新しい自分」に出逢えるのだ。彼女の理想は「砂時計型の体形」である。そのため5月にはお尻も大きく変える。彼女たちに“限界”はない。いや、あるのだが、それに耳を傾けようとはしない。「美」とはかけ離れた巨大な胸を下にして、体が宙に浮いたような形ですやすやと眠る。


最近の記事はこちら

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.