今日の迷言・余言・禁言

「過去への決別」で“生まれ変わる”方法⁉

欧米では時々、とてつもなく巨乳の女性達を扱っている雑誌を見掛ける。それも、明らかに不自然で、明らかに“人工的な巨乳”の女性達が登場する。日本の男性達なら、多分、引いてしまうような“巨大すぎる胸”だ。けれども、欧米女性には時々そういう胸に自ら憧れ、自ら挑んでいこうとする女性達がいる。アメリカのミシガン州に暮らすフォクシー・メナジェリー氏(42歳)もそうだし、ロンドンに暮らすニッキー・ヴァレンティ―ナ・ローズ氏(26歳)もそうである。両者ともに6年前から胸の整形を繰り返し、現在は“巨大なる胸”を手に入れている。しかも、ふたりとも、昔の自分を嫌って「生まれ変わりたい」という意識の下、自ら胸を“巨大化”し続けていることが特徴だ。どのくらい大きいか、実は日本で通常、胸を大きくする場合、200㏄~250㏄サイズのシリコンを使うらしい。このくらいのサイズだと身体に負担が掛からないからだ。これが500㏄以上になると身体に負担が掛かって来るので、病院側としては奨めない。ところがである。現在、ヴァレンティ―ナ・ローズ氏の場合、現在3250㏄のインプラントが入っている。さらにフォクシー・メナジェリー氏の方は、現在6640㏄のインプラントが入っている。超巨大なのだ。もちろん、身体には支障が出始めている。けれども、ふたりとも、まだ完成形ではない。メナジェリー氏は自ら「すっかり中毒ね」と語っている。彼女の場合、6年前に夫と離婚し、過去への決別を誓った。その手段として選んだのが「巨乳手術」だった。昔は平凡でシャイで自分に自信が持てなかった。ところが“巨乳”に生まれ変わったことで、モデルの仕事が舞い込み、多くの未知なる人達と出逢い、写真を一緒に取ってほしいとせがまれ、何よりも自分に自信を持つことが出来るようになった。手術をするごとに「新しい自分」に出逢えるのだ。彼女の理想は「砂時計型の体形」である。そのため5月にはお尻も大きく変える。彼女たちに“限界”はない。いや、あるのだが、それに耳を傾けようとはしない。「美」とはかけ離れた巨大な胸を下にして、体が宙に浮いたような形ですやすやと眠る。


最近の記事はこちら

10年後、20年後が教える「才能の正体」

「売れない漫画家」から「警察官」へと転身した人物の話が掲載されていた。現在、千葉県警成田署に勤務する山崎直樹氏(38歳)を扱った記事だ。彼は、幼い頃から漫画を描くのが好きで、とりあえず入った専門学校卒…続きを読む

「日経平均」より「トピックス」が“鍵”⁉

世界的に株価が“乱高下”している。以前にも述べたように、株価の動きは“実体経済”に先行する。その株価の動きが「二番底」に向かい始めた。つまり、いったん浮上して、もう一度“底値”に向かって下落し始める。…続きを読む

「祖国」「故郷」が“甦る”とき

われわれは普段、自分の“祖国”とか“郷土(ふるさと)”とかを忘れがちである。正確に言えば「…の大切さ」を忘れがちである。特に、さまざまな理由から自国を離れて暮らしている人、或いは郷土を離れて暮らしてい…続きを読む

「運気」は巡って「評価」は変わる

最近、妙な形で評価を上げている人物がいる。元衆議院議員の豊田真由子氏である。このところ、フジ系昼の「バイキング」に「感染症対策のエキスパート」として出演することが多くなった。かつての議員時代、自分の秘…続きを読む

「金持国」が「貧乏国」に“変わる”可能性⁉

アラビアの多くの国は現在「金持国」である。それはなぜかと言えば、いうまでもなく“石油が出る”からだ。昔、貧しかった国の多くは“石油”が出たことで「金持国」に変わったのだ。大昔から“お金持ち”だったわけ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.