今日の迷言・余言・禁言

「野性の証明」が甦る時

長野県の動物園で、15歳の雌ライオン・ナナが22歳の女性飼育員を襲った。来園していて目撃した女性が、すぐ別の飼育員に通報し、比較的早く引き離すことが出来たので、重症ではあるが命に別状はないらしい。このライオンは動物園で生まれ育っていて、広大なジャングルで育ったわけではない。したがって、普段は比較的おとなしかったに違いない。普段から女性一人で“エサやり”等を行っていたらしい。そういうライオンでも、やはり猛獣としての“野性の血”が残っているのだ。何に反応したのかは知らないが、“野性の血”を蘇らせる何かがあったに違いない。昔、森村誠一氏の小説に『野性の証明』という作品があったが、そのタイトルを思い出させた。人間でも、過去に“犯罪歴”や“格闘技歴”や“非行歴”がある場合、普段は眠っていても、何かのはずみで“そのスイッチ”が入ってしまうということがあるものだ。野性動物も同じで、何かで“スイッチ”が入ったに違いないのだ。時折、飼育されていたゾウが飼育員を襲うとか、サファリパークのライオンやトラが車外に出た観光客を襲う事件が起こっている。普段はおとなしいゾウでも、いったん怒り出すと手が付けられない。人間など束になっても敵わない。踏みつぶされてしまうのだ。ライオンやトラの場合は洋服などがひらひら風で動くと、それに野性の本能が反応しやすい。今回の場合は何なのか、今のところ不明だが、何かがあったことは間違いない。過去のある人物でも、普段、社会復帰している場合、よほど何かで“スイッチ”が入らなければ人を急襲することはない。けれども、いったん何かで“スイッチ”が入ってしまうと「野性の証明」は覆しようもなく、理性が歯止めにはならない。そういう意味で“殺人”の過去を持つ人物を、野放しにするのは危険なのだ。


最近の記事はこちら

“占い界”における藤井聡太はどこに?

最近、プロスポーツの世界では次代を担う“若き天才”たちが続々と誕生している。ここで取り上げる将棋世界の藤井聡太君など、その典型だ。まだ14歳の中学生だが、既に昨年10月からプロ棋士四段に昇格した。そし…続きを読む

「EU」が揺れている

11人が立候補したフランスの大統領選で、予想されていた通り過半数を得たものがなく、改めて5月7日に「国民戦線」のルペン氏と、「前進!」のマクロン氏との間で“決選投票”が行われることが決まった。ルペン氏…続きを読む

北朝鮮にも“隠れキリシタン”がいた!

“隠れキリシタン”と言えば、江戸時代の長崎を思い浮かべる。現在でも、その子孫の方々が存在していて“隠れキリシタンの信仰”が維持されている。もう、日本では堂々と“キリスト教徒”を名乗って良いのに、子孫の…続きを読む

“究極の美”は、“マゾ体質”の証明

確かに、その人は美しい。とても50歳には見えない。「美のカリスマ」と呼ばれる。本人も「肌の美しい人を見ると、つい傍に行って話しかけてしまう」とおっしゃる。確かに“美”へのこだわりが強いようだ。君島十和…続きを読む

寄付によって財産を使い果たす

日本電産の創業者・永守重信氏は最近、あちこちの教育機関に寄付金を与えている。寄付金と言っても一千万とか二千万とかのけちな金額ではない。70億とか100億とかいうとてつもない金額である。彼は「日本電産」…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.