今日の迷言・余言・禁言

「野性の証明」が甦る時

長野県の動物園で、15歳の雌ライオン・ナナが22歳の女性飼育員を襲った。来園していて目撃した女性が、すぐ別の飼育員に通報し、比較的早く引き離すことが出来たので、重症ではあるが命に別状はないらしい。このライオンは動物園で生まれ育っていて、広大なジャングルで育ったわけではない。したがって、普段は比較的おとなしかったに違いない。普段から女性一人で“エサやり”等を行っていたらしい。そういうライオンでも、やはり猛獣としての“野性の血”が残っているのだ。何に反応したのかは知らないが、“野性の血”を蘇らせる何かがあったに違いない。昔、森村誠一氏の小説に『野性の証明』という作品があったが、そのタイトルを思い出させた。人間でも、過去に“犯罪歴”や“格闘技歴”や“非行歴”がある場合、普段は眠っていても、何かのはずみで“そのスイッチ”が入ってしまうということがあるものだ。野性動物も同じで、何かで“スイッチ”が入ったに違いないのだ。時折、飼育されていたゾウが飼育員を襲うとか、サファリパークのライオンやトラが車外に出た観光客を襲う事件が起こっている。普段はおとなしいゾウでも、いったん怒り出すと手が付けられない。人間など束になっても敵わない。踏みつぶされてしまうのだ。ライオンやトラの場合は洋服などがひらひら風で動くと、それに野性の本能が反応しやすい。今回の場合は何なのか、今のところ不明だが、何かがあったことは間違いない。過去のある人物でも、普段、社会復帰している場合、よほど何かで“スイッチ”が入らなければ人を急襲することはない。けれども、いったん何かで“スイッチ”が入ってしまうと「野性の証明」は覆しようもなく、理性が歯止めにはならない。そういう意味で“殺人”の過去を持つ人物を、野放しにするのは危険なのだ。


最近の記事はこちら

「勤労感謝の日」84歳、深夜7時間の激務

「勤労感謝の日」というのは、日頃働いている労働者が“骨休め”をして良い日だと多くの人が思っている。ところが、そうではないのだ。この日は元々「新嘗祭(にいなめさい)」という“大祭の日”であった。それが戦…続きを読む

若者より老人の方が“外出好き”だった⁉

国土交通省の調査だから多分、本当なのだろう。日本の場合、20代の若者よりも、70代の老人の方が“多く外出している”という驚くべき結果が公表された。この若者の外出が減ってきていること自体は世界的な現象ら…続きを読む

日馬富士は「流行語大賞」を狙っていたのか?

予想外の方向へと動き出した感のある「日馬富士の暴行事件」。どうも雲行きが怪しくなってきた。人は誰でも酒が入ると、ついつい口が滑る。気持ちもふらつく。だから、時には“タブーな言葉”なんかもぶつけてしまう…続きを読む

21世紀は「海底遺跡」の時代

時代が進むことで、過去が解かって来る。近年、水中考古学というものが脚光を浴び始めている。これまでは、海の底の探索はいろいろな意味で難しかった。それが、ここに来て徐々に可能となった。その結果、まだまだ知…続きを読む

人間の身体は「機械」なのかもしれない

これを読まれる99%の人が「何をバカな…」と思うことだろう。けれども、私は“人間の身体は機械かもしれない”と本気で思っている。だからこそ時々信じられないようなミスが生じる。機械として埋め込まれている部…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.