今日の迷言・余言・禁言

「長命」でも「長寿」ではなかった夫婦

世の中には“何となく哀しい”と思えるような事件が時々ある。9月14日早朝、一人の老人が逮捕された。自ら110番をしてきて「家内を殺してしまった。自殺できなかった」と告白し、警察が110番した男の自宅に向かうと、その通りの状況だったからだ。品川区の東大井にある民家だった。容疑者は無職・木村照雄(83歳)、自らも腹部や太ももなどを刃物で刺していた。殺害したのは妻の冨美子(85歳)さんで、供述によれば深夜3時頃、寝ている頭部などを滅多打ちしての殺害だった。どうして殺害したのかというと、その前日の夕食時に、夫と妻とはささいなことから口論になったのだ。このところ、そういう状況が続いていた。多くの場合は妻が一方的に怒りだして口論になる。夫の方は最初は反論するのだが、途中から黙り込んでしまう。妻は勝ち誇ったように夫を罵るというパターンだ。いつもなら、眠ってしまえば翌朝には忘れる。いや、忘れることは出来ないが、少なくとも“忘れたような”ふりをする。そうやって夫の方はやり過ごして来た。今更、離婚することも出来ない。けれども、前日の夕食時の口論はいつも以上に長く激しかった。そのせいで、夫の方はなかなか眠れなかった。ちょっとしたことで“言い争う日”が、この先もずっと続いていくかに思われた。死ぬまで続いていくかに思われた。夫はふと「もういい…」と思った。二人とも長命で、なかなか早くには死ねそうもない。もう生きていることに疲れた。本当はどちらかが病気で入院すれば少し“距離感”が生まれて良いのだろうが、そういうことも出来そうにない。よく「長寿」というが、ただの長生きは「寿」じゃない。どうして「長寿」などというのだろう。長生きをして“喜ばしいこと”など何もない。こうして、夫の木村照雄は“無理心中”を計ろうと思った。自分も死んでしまえば、殺害しても“罪”に問われることはない。計画通り、妻は殺害した。けれども自分の方は腹部を刺したのに、血が思うように出て来ない。太ももを刺しても、血が思うように出て来ない。こんなはずじゃなかった。どうして血が出て来ないのか。どうすれば血が沢山出てくるのか。お腹が痛くて首つりも出来ない。どうしよう。しょうがないから警察に電話しよう。とりあえず入院して、誰にも怒られずに食事がしたい…。


最近の記事はこちら

「007」は戦わずして退散した

4月に公開が予定されている「007」の新作「ノー・タイム・トゥ・ダイ」は主演ダニエル・クレイグ最終作品として注目を集めている。彼は歴代の“ジェームズ・ボンド役”の中でもっとも笑顔が少ない。けれども、そ…続きを読む

「手相」が変化する時

昔の手相の本には「三大線は一生不変」などと書いてあるものもあるが、もちろんウソだ。三大線であろうと、運命線であろうと、結婚線であろうと、手相は刻々と変化している。ただ、それが大きいか、小さいか、それだ…続きを読む

「入学」「就職」「転勤」の方位吉凶

昨年もそうだったが、今年はより以上に「引っ越し難民」が出そうなほど3月4月に引っ越しが集中するらしい。ただ今年は業者間での“提携・協力”が呼びかけられていて、その点では多少緩和するのでは…という予測も…続きを読む

中国「65000人」アメリカ「3000万人」の恐怖

われわれ日本人はこと健康に関しては極めて過敏に反応する民族である。だから、連日「新型肺炎」のことが報道される。それもトップニュースとしてだ。ところが、現在3000万人もが感染していて、死者も12000…続きを読む

成功の「自信」乏しく「運7割」の日本人

ときどき世界的な意識調査というものが行われている。そういう時の日本人は、どの調査でもなかなか個性的というか、他国と違っている部分が多いのが特徴だ。今回の「仕事」に対しての意識調査でも、それはハッキリと…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.