今日の迷言・余言・禁言

「長寿」は“素晴らしいこと”なのだろうか

インドネシアのジャワ島で記録上「1870年12月31日生まれ」で、現在145歳とされる男性が確認された。英メディアが伝えているもので、その映像も公開されている。現在までの“ギネス記録”では122歳のフランス人女性なので、20歳以上も更新することになる。まあ通常の72,3歳の寿命を二度分“生きた”ことになる。もちろん、本人もそんなに長く生きるとは思わなかったらしく、122歳の時に“墓を準備”したらしい。人相上の「長寿の相」には、“下頤に達する法令線”、“極端に長い耳”、“眉の中に長い毛が生じる”、“耳毛が長い”、“顔の側面に生じる茶斑点”、“額3~4本の長い横皺”、“眼尻の切れが極端に長い”、“耳の手前の肉付きが良い”などがある。ただ、このごろ“長寿=幸福?”なのだろうか、と考える。確かに、俗に「還暦」とも呼ばれる60歳以前の若さで亡くなってしまう「短命」は“不幸”なことかもしれない。けれども、それ以上は、俗にいう“余生”であって、生きていること自体が“授かりもの”のような捉え方もあった。もちろん、現代のように平均寿命が長くなってしまうと、60代、70代でも“まだまだ現役”で、それが当たり前となりつつある。私自身も60代で、自分が“お年寄り”とも思えないが、けれども確実に“肉体的な衰え”を感じることが多い。健康で長寿ならよいのだが、病気で長寿はつまらないし、周囲に迷惑をかけてしまう。いや例え“健康”であっても“100歳以上”は、仲間がいなくなるばかりなのだから、早く“お迎えが来てほしい”…と願っているに違いない。


最近の記事はこちら

“占い界”における藤井聡太はどこに?

最近、プロスポーツの世界では次代を担う“若き天才”たちが続々と誕生している。ここで取り上げる将棋世界の藤井聡太君など、その典型だ。まだ14歳の中学生だが、既に昨年10月からプロ棋士四段に昇格した。そし…続きを読む

「EU」が揺れている

11人が立候補したフランスの大統領選で、予想されていた通り過半数を得たものがなく、改めて5月7日に「国民戦線」のルペン氏と、「前進!」のマクロン氏との間で“決選投票”が行われることが決まった。ルペン氏…続きを読む

北朝鮮にも“隠れキリシタン”がいた!

“隠れキリシタン”と言えば、江戸時代の長崎を思い浮かべる。現在でも、その子孫の方々が存在していて“隠れキリシタンの信仰”が維持されている。もう、日本では堂々と“キリスト教徒”を名乗って良いのに、子孫の…続きを読む

“究極の美”は、“マゾ体質”の証明

確かに、その人は美しい。とても50歳には見えない。「美のカリスマ」と呼ばれる。本人も「肌の美しい人を見ると、つい傍に行って話しかけてしまう」とおっしゃる。確かに“美”へのこだわりが強いようだ。君島十和…続きを読む

寄付によって財産を使い果たす

日本電産の創業者・永守重信氏は最近、あちこちの教育機関に寄付金を与えている。寄付金と言っても一千万とか二千万とかのけちな金額ではない。70億とか100億とかいうとてつもない金額である。彼は「日本電産」…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.