今日の迷言・余言・禁言

「開運印鑑」は、どこへ行った

一時期、新聞の一面広告等で派手に宣伝されていたのが「開運印鑑」である。ところが、近年、あの手の広告をめっきり見かけなくなった。そう思っていたら、印鑑販売大手の「旭フォトマイクロウェア」が東京地裁へ民事再生法の適用申請をしていたことが判った。つまり、大手の印鑑屋さんが潰れたのだ。近年、行政手続きの簡素化が進み、役所や企業内において、印鑑を使用するケースが減った。またネット販売と機械彫りの普及で、安い印鑑が大量に出回ることになった。昔は街に存在していた「印章店」そのものが消えてしまった。もう印鑑を精魂込めて“手彫りする”時代ではなくなったのだ。そう言えば宅配の時に、印鑑を使わなくなって久しい。宅配の方も、すぐサイン出来るペンを渡してくれる。そうなると、もう誰も「開運印鑑」などと言わなくなる。手掘りの何万もする“開運印鑑”が売れなくなるはずだ。大昔、私がまだセミプロだったころ、唯一親しかったスナックのママが、私に「いろいろと持っているのよ」と楽し気に開運印鑑のコレクションを見せてくれたことがある。無造作に化粧箱に入れられた印鑑が十数本はあった。「こんなに、どうするの?」「だって、いろいろな人が、こういうのが良いと売りに来るのよ、みんな言うことが違うの、だから増えちゃった」彼女は楽しそうに笑った。「名前だけのと、苗字も彫るのと、どっちが良いの?」「仕事に使うなら、名前だけのは良くない」「そうなの? 印鑑と通帳と新しく作ったばかりだけど…」困ったような顔をした。彼女は豪華なマンションに暮らしていた。「ねえ、シャワーを浴びない?」「いや自宅に戻ってから浴びるから…」一瞬、彼女の顔が曇ったのに気付かなかった。自宅で占ってほしい…と言われたやって来ていたので、その時、私には彼女の一言の意味が分からなかったのだ。それに、彼女はよく“付き合っている男性”のことを私に相談した。だから、彼女が“そういう気持ち”だったとしても、私はそういう気にはなれなかった。一瞬だけ、奇妙な沈黙があったが、それだけだった。あれから何十年も経った。開運印鑑をポンポン並べて楽しそうに笑った彼女はどうしているのだろう。


最近の記事はこちら

習近平&トランプ「暴露本」で、勝つのはどっち⁉

アメリカと中国の貿易戦争が“休戦中”の今、にわかに注目され出したのが「習近平氏の暴露本が出る」という話題だ。もちろん、中国ではなくてアメリカで出る。元々は2015年に香港の銅羅湾書店というところから出…続きを読む

眼が“斜め型”女性の「危険なアルバイト」

一般的な日本人にとって「爬虫類」は“怖い生き物”、或いは“気味の悪い生き物”の印象が強い。私は爬虫類でなくても動物は苦手だが、そういう“生き物”を怖がらない人たちもいる。彼女の場合も、おそらくそうであ…続きを読む

男性社員たちの「奇妙な追悼」の違和感

ときどき私には「理解不能」としか言いようのない出来事が“芸能界”では起こる。例えば過日亡くなった芸能事務所社長・ジャニー喜多川氏に対して、その所属していたタレントたち、要するに男性社員たちなのだが、そ…続きを読む

「優秀な外人」と「粗悪な外人」に挟まれながら…

昨日、今後の日本を考える上で貴重なデータが公表された。十年連続で人口減となったが、その比率は徐々に拡大している。つまり「少子化問題」は待ったなしなのだ。そこでというわけでもないのだろうが、外国人の比率…続きを読む

「アイドル」で“失ったもの”は、もう戻らない

「或る朝、眼が覚めると、僕は有名になっていた」とは詩人バイロンの言葉だが、似たような雰囲気で日本のアイドル達も誕生していく。それは或る意味で、夢見る少女たちにとって“シンデレラ物語”のように魅惑的であ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.