今日の迷言・余言・禁言

「開運印鑑」は、どこへ行った

一時期、新聞の一面広告等で派手に宣伝されていたのが「開運印鑑」である。ところが、近年、あの手の広告をめっきり見かけなくなった。そう思っていたら、印鑑販売大手の「旭フォトマイクロウェア」が東京地裁へ民事再生法の適用申請をしていたことが判った。つまり、大手の印鑑屋さんが潰れたのだ。近年、行政手続きの簡素化が進み、役所や企業内において、印鑑を使用するケースが減った。またネット販売と機械彫りの普及で、安い印鑑が大量に出回ることになった。昔は街に存在していた「印章店」そのものが消えてしまった。もう印鑑を精魂込めて“手彫りする”時代ではなくなったのだ。そう言えば宅配の時に、印鑑を使わなくなって久しい。宅配の方も、すぐサイン出来るペンを渡してくれる。そうなると、もう誰も「開運印鑑」などと言わなくなる。手掘りの何万もする“開運印鑑”が売れなくなるはずだ。大昔、私がまだセミプロだったころ、唯一親しかったスナックのママが、私に「いろいろと持っているのよ」と楽し気に開運印鑑のコレクションを見せてくれたことがある。無造作に化粧箱に入れられた印鑑が十数本はあった。「こんなに、どうするの?」「だって、いろいろな人が、こういうのが良いと売りに来るのよ、みんな言うことが違うの、だから増えちゃった」彼女は楽しそうに笑った。「名前だけのと、苗字も彫るのと、どっちが良いの?」「仕事に使うなら、名前だけのは良くない」「そうなの? 印鑑と通帳と新しく作ったばかりだけど…」困ったような顔をした。彼女は豪華なマンションに暮らしていた。「ねえ、シャワーを浴びない?」「いや自宅に戻ってから浴びるから…」一瞬、彼女の顔が曇ったのに気付かなかった。自宅で占ってほしい…と言われたやって来ていたので、その時、私には彼女の一言の意味が分からなかったのだ。それに、彼女はよく“付き合っている男性”のことを私に相談した。だから、彼女が“そういう気持ち”だったとしても、私はそういう気にはなれなかった。一瞬だけ、奇妙な沈黙があったが、それだけだった。あれから何十年も経った。開運印鑑をポンポン並べて楽しそうに笑った彼女はどうしているのだろう。


最近の記事はこちら

ホテルに残された「遺影」「骨壺」は忘れ物なのか

客足が戻りつつあるホテル業界だが、そのホテルマンが語ったという“忘れ物”についての記事が興味を引いた。ホテルの忘れ物で圧倒的に多いのが「スマホの充電器」「アクセサリー」「洋服」の三種であるらしい。確か…続きを読む

秋篠宮家の「姉・妹」は立て続けに結婚する⁉

私がここで前天皇ご夫妻が、やがてアメリカに居住するようになる秋篠宮眞子&小室圭ご夫妻の子供に逢いに行くようになる…ということを書いたのはいつだっただろう。もちろん、まだ前天皇ご夫妻が“天皇ご夫妻”だっ…続きを読む

学校とは「生きる理由」を見つける場所

現在、立命館大学の国際平和ミュージアムで10月28日迄「世界一貧しい元大統領から学ぶ本当の豊かさ」という企画展示が行われている。2012年の国連におけるスピーチで一躍有名となったウルグアイのホセ・ムヒ…続きを読む

「赤い糸」が「一軒家を無償で借りられる権利」に発展

あなたは「赤い糸プロジェクト」をご存じだろうか。もちろん知らないだろう。大阪市鶴見区のNPO法人「みらくる」が取り組んでいるコロナ困窮者のための“支援プロジェクト”だ。今年9月に立ち上げられたばかりな…続きを読む

ピカピカの40年前に戻る「勇気」

女優の宮崎美子氏が自らの芸能生活“40周年”を記念して「カレンダー&フォトブックセット」を発売した。そして40年ぶりにカメラの前で“ビキニ姿”を公開している。ほぼ同時に「週刊現代」でも11ページにわた…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.