今日の迷言・余言・禁言

「阿吽の呼吸」が“生きている”国

片岡愛之助氏と藤原紀香さんが「結婚記者会見」を帝国ホテルで行った。二人は終始「阿吽の呼吸」で言葉をつないだ。そういう「記者会見」を久しぶりに見た。日本人的な対応の仕方で、結婚会見であるのに「プロポーズをまだしていない」というのも、日本人カップルらしい“形”であった。そう日本人同士のカップルには元々「愛の告白」であるとか「付き合ってください」宣言であるとか、改めての「プロポーズ」であるとか、本来、不要のものなのである。日本人カップルの何割が「告白」の後で付き合っているだろうか。或いは何割が「プロポーズ」後に入籍しているであろうか。実際には“意外なほど少ない”のではないだろうか。日本人は元来、欧米人にはない「テレパシー集団」で、仕事でも結婚でも「阿吽の呼吸」の中で行ってきた。言葉など用いなくても“通じ合うもの”があり、それで十分だったのだ。だから「告白」などいらずに付き合えたし「プロポーズ」などせずに入籍できたのだ。それで違和感を感じることもなかったのは、元々が言葉なくても“通じ合う”「阿吽の呼吸のテレパシー集団」だったからだ。近年、日本人なのに「告白」から入ろうとする人が多すぎる。日本人なのに「プロポーズ」で確証を得ようとする人が多すぎる。日本人なら“黙っていても通じる”のが本来の姿なのだ。


最近の記事はこちら

「聖なる殺人もする」思想教育の恐ろしさ

最近、日本ではあまり「IS(イスラム国)」のことがニュースで取り上げられなくなった。けれども、刻々と情勢は変化し、5月28日早朝のロシア爆撃機スホイ34、戦闘機スホイ35の空襲で「IS(イスラム国)」…続きを読む

「神様」と「運命」

時々「神様」や「運命」は平等だろうか…と考える。正直、どちらも平等だとは思わない。私は大昔、ラジオの深夜放送をよく聴いていて、時々その番組のパーソナリティー宛に、ちょっとした詩やエッセイや物語の混ぜこ…続きを読む

「地球は生きてるんだ!」と、噴火は続く

今年4月、またまた「西之島」が再噴火した。2013年11月に噴火を始めて、2015年11月にいったん沈静化、これで収まるのかと思いきや、2017年4月に再噴火、現在も噴火継続中であり、島は少しづつ大き…続きを読む

「宝石」には“念”が宿っている

大昔、王侯貴族は好んで宝石を身に付けた。その典型がツタンカーメン像だ。彼らは、もちろん、宝石に光り輝く財宝としての価値を見出していたからだが、それだけで常に身に付けていたわけではない。古代において、宝…続きを読む

子供たちが“女性となった”「父」を祝福する?

世の中、最近、面倒になってきている。「父の日」は、性転換して女性となった父親にも“その権利?”があるらしい。海外の話題だが、性転換して女性となった父親が、二人の娘たちから「父の日」を祝福されている写真…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.