今日の迷言・余言・禁言

「隠し部屋」は、ルクソールだけではない

エジプト・ルクソールの「ツタンカーメン王墓」の壁の向こうに「隠し部屋」が存在していることがほぼ確実になりました。確かに、実際に「ツタンカーメン王墓」に入った方なら解かると思うのですが、近隣にある他の王達の墓室に比べトンネルの底が浅いというか、簡単に辿り着きすぎるというか、「墓室」までが単純すぎ違和感を覚えるのが「ツタンカーメン王墓」なのです。ですから、その壁の向こうに「隠し部屋」が存在したとしても不思議は感じません。ツタンカーメンの義母「ネフェルティティの墓室」となっているのではないか、との憶測が流れています。実は「ツタンカーメン王墓」が発見される以前、ほとんどの考古学者たちはルクソールの「王家の谷」が掘り尽くされたとして「もう墓はない」と公言していました。同じことが「三大ピラミッド」が威容を誇るギザ台地にも言えます。大ピラミッド内部、もしくはピラミッド付近に何らかの「隠し部屋」が存在している可能性は捨てきれません。吉村作治氏は大ピラミッドの西側にあるマスタバ(台形墓)下に「クフ王の墓」が存在する…という夢に賭けているようです。私は大ピラミッドの“東側地下”のどこかに「通路」か「秘密の部屋」があると推測しています。


最近の記事はこちら

「聖なる殺人もする」思想教育の恐ろしさ

最近、日本ではあまり「IS(イスラム国)」のことがニュースで取り上げられなくなった。けれども、刻々と情勢は変化し、5月28日早朝のロシア爆撃機スホイ34、戦闘機スホイ35の空襲で「IS(イスラム国)」…続きを読む

「神様」と「運命」

時々「神様」や「運命」は平等だろうか…と考える。正直、どちらも平等だとは思わない。私は大昔、ラジオの深夜放送をよく聴いていて、時々その番組のパーソナリティー宛に、ちょっとした詩やエッセイや物語の混ぜこ…続きを読む

「地球は生きてるんだ!」と、噴火は続く

今年4月、またまた「西之島」が再噴火した。2013年11月に噴火を始めて、2015年11月にいったん沈静化、これで収まるのかと思いきや、2017年4月に再噴火、現在も噴火継続中であり、島は少しづつ大き…続きを読む

「宝石」には“念”が宿っている

大昔、王侯貴族は好んで宝石を身に付けた。その典型がツタンカーメン像だ。彼らは、もちろん、宝石に光り輝く財宝としての価値を見出していたからだが、それだけで常に身に付けていたわけではない。古代において、宝…続きを読む

子供たちが“女性となった”「父」を祝福する?

世の中、最近、面倒になってきている。「父の日」は、性転換して女性となった父親にも“その権利?”があるらしい。海外の話題だが、性転換して女性となった父親が、二人の娘たちから「父の日」を祝福されている写真…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.