今日の迷言・余言・禁言

「霊感の強い人」を排除するツアー

世の中には“霊感が強い”としか言いようのない人がいる。けれども、その“霊感の強さ”が実際の日常生活で役立つことは意外なほど少ない。むしろ、マイナスに働いてしまうケースの方が多いようである。奇妙な「タクシー・ツアー」が存在する。昔からタクシー運転手たちの間で語り継がれている“心霊スポット”を夏場期間限定でめぐってくれるツアーだ。三和交通で昨年から開始したが、予想以上に予約が殺到する“人気ツアー”らしい。確かに興味深い。けれども一つだけ“条件”がある。「霊感の強い人はお控えください」と記されているのだ。ここが問題である。本来、霊的な現象は「霊波」のようなもので“通じ合い”、或いは“引き寄せられる”ことで発生する可能性が強い。同じところを通っても、“霊的な波長”が合わなければ出現してこない可能性が強いのだ。そうだとすれば、実際には「心霊スポット巡礼ツアー」と謳っても、何事も起こらずに“通り過ぎる”だけのツアーになってしまう可能性は大きい。というか、このツアー、もしかしたら最初から“心霊現象が起こらない”ことを前提としたツアーなのかもしれない。なぜならタクシー運転手は“お祓い”や“除霊”の技術を持っていない。本当に出現したなら“逃げ帰る”だけだ。もしも、憑りついてしまったならどうするのだろう。たぶん、それを避けたいから「霊感の強い人はお控えください」なのだ。つまりは「知りませんよ」なのだ。でも、これは“自己申告”だから、黙って乗り込むことはできる。もし、来年から“中止”されたなら、きっと“その種の人”が“素知らぬ顔”で紛れ込んでいたに違いない。 


最近の記事はこちら

人は「生まれて来る環境」を選べない

どんな両親から生まれたか、どんな環境のもとに生まれ育ったか、時々、人はそれを考える。一冊の興味深い自伝が出版されていた。死刑囚・麻原彰晃こと松本智津夫の三女として産まれた松本麗華さんの回想記『止まった…続きを読む

“7000体の遺体”の上に“医療センター”がある

昔『ミステリーゾーン』という雑誌があった。なかなかマニアックな雑誌で気に入っていたのだが、三年ほどで廃刊となった。後に、その編集者だった男性と出逢って、占いに関する執筆をいろいろと依頼された。あの雑誌…続きを読む

何が「チャンスの女神」か、誰にも解からない

世の中には簡単には“評価できない職業”というものがある。“俳優・タレント”という職業も評価が難しい。週三日・不動産会社の事務をして生計を立てている“女優・タレント”多岐川華子さんも、そういう一人だ。こ…続きを読む

本田&家長→同一生年月日の謎

日本人のプロサッカー選手で世界的に名を知られている選手の一人、それが本田圭佑氏だ。その本田選手が、在籍する“ACミラン”との契約終了に付き移籍することを自ら公表した。実は同じく今年、国内だが“大宮”か…続きを読む

本当に「心の狭い神」なのか

今、アメリカでは「スカーフをしていなかった」ことが論議をかもしている。ハッキリ言って、どうでも良いようなことだ。つまり、サウジアラビアを訪問中のトランプ大統領メラニア夫人がスカーフなしで公式の場に参列…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.