今日の迷言・余言・禁言

「霊的生命力」が89歳で70億円を達成⁉

ときどき「凄腕セールスレディー」の話は聞く。けれども、50歳までは専業主婦だった女性が、その後に仕事を始めて89歳になった時70億円を売り上げ“日本一”に輝いたとなれば、誰でも驚嘆する。しかも現在は99歳だが、今もって“現役セールスレディ―”なのだ。厳密にいうと、明日30日で99歳になる川上二三子氏である。彼女は、それを記念して『99歳、現役です!最高齢ニッセイセールスレディ―の生きかた働きかた』という本を上梓した。長すぎるタイトルが気になるが、99歳になって本を書くというのも中々珍しい。考えてみれば自伝というのは、このくらいの年齢になって書けば、文字通り“自らの人生”を語りきることが出来る。そして彼女のような人物がいるなら、50歳前後で専業主婦として生きてきた女性であっても「これからだって遅くない」と闘志を燃やすことが出来るかもしれない。奇妙なもので、人間は「ダメ」と思ってしまうとダメになってしまうし「これからだ」と開き直ると新たな展開が見えてくる。もちろん、やる気だけでなく「運」というものが微妙に関わっていることは否めない。その一つに、この川上二三子氏の場合、出生時のホロスコープで太陽が冥王星と150度アスペクトを持っていた、という重要な事実がある。私は昔『占星学秘密教本』という本を書いているが、その中で太陽と冥王星の150度アスペクトについて、何人もの実例を挙げながら「霊的生命力の持ち主」に見られるアスペクトだと表現した。つまり、特殊な生命力を秘めていて、それが個々の職業とか運命とかに強く作用していることを解説した。彼女の場合にも、このアスペクトの威力が働いていたことは間違いがない。99歳で現役であること自体が“特殊な生命力”であるともいえる。そればかりではなく、彼女の仕事が「生命保険」であること、まさに生命そのものは喪われたとしても、その後に亡くなった霊的生命が「保険金」を届けてくれる。これほど“霊的生命力”と奇妙な結びつきを持つ仕事は珍しい。もう一つ、彼女の初婚の時の夫は、結婚してすぐ戦地へと旅立ち、帰らぬ人となった。もしかすると、その“亡き魂”が生命力を発揮し、彼女の奨める「生命保険」契約を後押ししていたのかもしれない。


最近の記事はこちら

「日経平均」より「トピックス」が“鍵”⁉

世界的に株価が“乱高下”している。以前にも述べたように、株価の動きは“実体経済”に先行する。その株価の動きが「二番底」に向かい始めた。つまり、いったん浮上して、もう一度“底値”に向かって下落し始める。…続きを読む

「祖国」「故郷」が“甦る”とき

われわれは普段、自分の“祖国”とか“郷土(ふるさと)”とかを忘れがちである。正確に言えば「…の大切さ」を忘れがちである。特に、さまざまな理由から自国を離れて暮らしている人、或いは郷土を離れて暮らしてい…続きを読む

「運気」は巡って「評価」は変わる

最近、妙な形で評価を上げている人物がいる。元衆議院議員の豊田真由子氏である。このところ、フジ系昼の「バイキング」に「感染症対策のエキスパート」として出演することが多くなった。かつての議員時代、自分の秘…続きを読む

「金持国」が「貧乏国」に“変わる”可能性⁉

アラビアの多くの国は現在「金持国」である。それはなぜかと言えば、いうまでもなく“石油が出る”からだ。昔、貧しかった国の多くは“石油”が出たことで「金持国」に変わったのだ。大昔から“お金持ち”だったわけ…続きを読む

「四川省の森林火災」が予告するもの

私が年初からもっとも“不安視”していたものが、徐々に具体化しつつある。年初から、何をもっとも“怖れ”ていたかと言えば「防ぎようのない自然災害」だった。私は年初にオーストラリアで森林火災が猛威を振るって…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.