今日の迷言・余言・禁言

「霊的生命力」で再び“脚光”を浴びるか⁉

私は25年前に『占星学秘密教本』という著書を上梓しているが、その中で「霊的生命力」という言葉を用いて太陽と冥王星の150度アスペクトについて多数の実例を掲げて解説した。ホロスコープにおいて、このアスペクトを持つ人達は或る種の“霊的な生命力”のようなものを持っていて、不思議な力を発揮している場合が多いのだ。極端なことを言うと「死んでも死なない」。実はまだ記憶に新しい俳優の三浦春馬氏も太陽と冥王星の150度アスペクトを持っていた。そして、それを実証するように、彼の出演ドラマは未完成であったのに“完成品”として代役を立てず、そのまま放映された。歌にしてもそうで、新たなる歌は死後になって発売された。水泳の池江璃花子氏もそうで、彼女も白血病と診断され「命さえ危ぶまれた」のだが、プールに復活、再びオリンピックを目指している。そして昨日、俳優の渡哲也氏が8月10日に亡くなっていたことが明らかになった。かなり前から闘病されていたので、亡くなったのは驚きではない。私はまだ十代の時に渡哲也氏の初期作品を何本も見ていた。渡哲也氏と言えば「西部警察」などでの“刑事役”を思い浮かべる人が多いかもしれないが、初期作品はいずれも“ヤクザ役”で命を顧みず単身敵の館に乗り込んでいく孤独な後ろ姿と枯れた声に、私は惹かれたのだった。だから、それがいつの間にか“刑事”に変身し、TVドラマに出て来たときは驚いたものだ。その渡氏が亡くなった。もちろん、彼も太陽と冥王星とが150度アスペクトなのだ。当然「霊的生命力」が発揮され、彼の“作品”や“映像”や“歌”などが活き活きと蘇ることだろう。大体、石原裕次郎氏が亡くなった時、遺言で「石原軍団」は解散する予定だったのだ。ところが、いつの間にか渡哲也氏が“軍団”を蘇らせていた。或る意味では、裕次郎氏がいた時よりも繁栄した時代があった。今回、渡氏の「霊的生命力」はどういう形で姿を現すのか解らないが、何らかの形で“蘇える”には違いない。


最近の記事はこちら

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

占星学による「死」の予兆

人間にはさまざまな“生き方”がある。それらを批判することは簡単だが、それらから“学ぶ”ことの方が人生には役立つ。昨日、タレントの岸部四郎氏(71歳)が今年8月28日に心不全で亡くなっていたことが公表さ…続きを読む

現存する世界最古(⁉)「金箔天文図」公開

何となく「金箔天文図」などと言うと“妖しく”聴こえて良い。実際に金箔を貼り付けた天文図なのだから「金箔天文図」であるのは間違いがない。そして、現存する天文図としては一応“世界最古”であることも事実だ。…続きを読む

「ノーベル平和賞」って“何”だろう

「世の中」には、“わからないこと”というのがいろいろとある。「ノーベル平和賞」という「賞」もその一つだ。まず、科学的な「賞」と違って、その根拠というのが今一つ解かりにくい。例えば今年度の「ノーベル平和…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.