手相教室

「頭脳線の方向と人生の方向」

頭脳線の方向

頭脳線を観察する場合、まず、その方向性に注目しなければなりません。基本的に、頭脳線は親指と人差し指の付け根ほぼ中間辺りから起こって、ややカーブしながら掌の中央を通り、小指下側面方向へと緩やかに下降していくのが普通です。ただ、スッキリとした1本だけの線として刻まれているとは限らず、途中から分岐していたり、切れ目や乱れがあったり、縄状や鎖状になっていたり、その途中に島形があったりと、一様ではありません。長いもの、短いもの、太いもの、細いもの、よれよれのもの、二重に刻まれているもの、一直線なものと実にさまざまです。ただ、個々のケースを説明していくと切りがないので、ここでは一応その方向性に絞って解説します。 左右で、その方向性が大きく異なっている場合、どちらかといえば、私生活上では、左手方向性の意味合いが強く出、社会生活上では、右手方向性の意味合いが強く出るものです。頭脳線の方向性が重視されるのは、人生の方向性と重なり合う部分があるからです。

石原慎太郎さんの頭脳線(aタイプ) 東京都知事 石原慎太郎さんの頭脳線(aタイプ) 「a」のように、頭脳線が直線的に掌を横切り、火星丘上(円形で示した部分)に達しているのは、勝気で負けず嫌いの相です。忍耐強く、簡単には弱音を吐きません。但し、火星丘が凹んでいる場合は、焦りやすく、苛つくことの多い人の相となります。頭脳線と感情線との間隔が狭まると、心が狭く、気が短く、怒りっぽい人の相となります。この間隔が広い場合は、独立心が強く、早くから親元を離れる人の相となります。人生上の分岐点に立った場合、損得勘定から方向性を定めていくのが特徴です。与えられた責務に対しては忠実で、妥協性にやや乏しく、データを重視し、余程のことがなければ自説を曲げません。

福井俊彦さんの頭脳線(bタイプ) 日銀総裁 福井俊彦さんの頭脳線(bタイプ) 「b」のように、頭脳線がややカーブを描きながら、感情線と手首線とのほぼ中間くらいの位置に向かっている場合、方向性だけから言えば、性格的に極端な偏りがなく、中庸を得ていて、比較的幅広い分野に適性があり、組織の中で頭角を表していく素質の持ち主です。この頭脳線の場合、感情線の形状が着眼点で、それが頭脳線と同じように、ややカーブを描きながら人差指と中指との中間方向(やや人差指寄り)に向かっている場合は、火星四角形が整った形になるので、対人関係を無難にこなし、社会的適応性の高い手となります。感情線が直線的だったり、極端に短かったり、途中で大きく破れていたりする場合、情緒不安定な部分が出ると、組織の中で頭角を表す手とはなりません。

藤原紀香さんの頭脳線 女優 藤原紀香さんの頭脳線 「C」のように、頭脳線が途中から傾斜の度を強めて、手首付近へと向かっていく場合、生命線と頭脳線との間隔が狭くなるのが特徴です。この場合、月丘下部(円形で示した部分)が凸っているか、凹んでいるかは重要な観点です。この部分が凸っていれば、現実を現実だけで捉えることが出来なくて、何事にも過敏に反応しすぎ、生活上支障を招くことが多いものです。芸術や神秘などの分野では、天才的閃きを開花させることもあります。凹んでいる場合は、極端に神経質で、疲れやすく、情緒・情感にやや偏りがあります。もしも、カーブが大きく、生命線との間隔を広く保ちながら下降している場合は、天才的創作能力を発揮するもので、次々と新しい作品を発表したり、発明したりします。


最近の記事はこちら

実例による手相研究・その④

【80年前に掲載された実例手型】 手相を実際に研究する場合、実例を基として研究するのが一番良いのですが、今現在を生きている方の場合は、個人情報的な意味合いもあって、なかなか全面的に公開出来ません。そこ…続きを読む

実例による手相研究・その③

【80年前に掲載された実例手型】 手相を実際に研究する場合、実例を基として研究するのが一番良いのですが、今現在を生きている方の場合は、個人情報的な意味合いもあって、なかなか全面的に公開出来ません。そこ…続きを読む

実例による手相研究・その②

【80年前に掲載された実例手型】 手相を実際に研究する場合、実例を基として研究するのが一番良いのですが、今現在を生きている方の場合は、個人情報的な意味合いもあって、なかなか全面的に公開出来ません。そこ…続きを読む

実例による手相研究・その①

【80年前に掲載された実例手型】 手相を実際に研究する場合、実例を基として研究するのが一番良いのですが、今現在を生きている方の場合は、個人情報的な意味合いもあって、なかなか全面的に公開出来ません。そこ…続きを読む

指紋の種々相

【指紋の新しい研究】 指紋は手相の1分科というよりも、独立して研究する価値をもつ分野ですが、ここでは手相の研究者にとって、大いに参考となる分類と判断方法について述べてみたいと思います。 まず、指紋の判…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.