今日の迷言・余言・禁言

「頭部」が犯人を追い詰める

2月25日に“二つの行方不明事件”の進展があった。その一つは大阪での事件で、兵庫の27歳の女性会社員が行方不明となり、携帯電話の電源が途絶えた付近にある大阪東成区の民泊施設に、アメリカ国籍男性と一緒に入った可能性が防犯カメラの映像から推測された。男性は1月下旬に来日し、東成区の民泊施設を2月18日前後まで何度も利用していた。2月16日にも、兵庫の女性と連れ立って利用した可能性が高い。ところが、女性がその民泊施設を出た形跡がないのだ。そこで警察は22日になって、奈良県の民泊施設に移動していたアメリカ国籍の男性を監禁容疑で逮捕した。そして、男性の足取りを追う内に、25日になって別な宿泊施設からスーツケースに入った“女性の頭部”を発見した。彼のアメリカにいる母親によれば「息子は日本人女性と結婚するのが夢だった」そうだ。発見された“頭部”は、まだ行方不明の女性と確定したわけではない。けれども、間もなく判明するだろう。同じような事件が、札幌でも起こっていた。19歳の女性が昨年12月15日に行方不明となり、携帯電話の電源が岩見沢市内で途絶えていた。その付近を捜索していたら、雪の中から“女性の頭部”が発見されたのだ。その結果、彼女が頻繁に出入りしていた飲食店の経営者と、その仲間が逮捕された。飲食店の経営者は過去に暴力事件で逮捕歴がある暴力団の“準構成員”だった。殺人は認めていないが、死体遺棄に関しては大かた認め始めている。これら“二つの事件”は、共に女性の行方不明から始まり、携帯電話の電源が途絶えた場所が「SOS」の発信源となり、なぜか“女性の頭部”だけが最初に発見されている。犯人は首を切断することで、誰なのか特定できないようにしようとした可能性が強いのだが、物言わぬはずの“頭部”は、最初に出現して犯人を追い詰めた。ちなみに両事件とも、家族がすぐに“行方不明”として捜索願を出したことが“頭部”の発見を早めたのである。


最近の記事はこちら

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

占星学による「死」の予兆

人間にはさまざまな“生き方”がある。それらを批判することは簡単だが、それらから“学ぶ”ことの方が人生には役立つ。昨日、タレントの岸部四郎氏(71歳)が今年8月28日に心不全で亡くなっていたことが公表さ…続きを読む

現存する世界最古(⁉)「金箔天文図」公開

何となく「金箔天文図」などと言うと“妖しく”聴こえて良い。実際に金箔を貼り付けた天文図なのだから「金箔天文図」であるのは間違いがない。そして、現存する天文図としては一応“世界最古”であることも事実だ。…続きを読む

「ノーベル平和賞」って“何”だろう

「世の中」には、“わからないこと”というのがいろいろとある。「ノーベル平和賞」という「賞」もその一つだ。まず、科学的な「賞」と違って、その根拠というのが今一つ解かりにくい。例えば今年度の「ノーベル平和…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.