今日の迷言・余言・禁言

「頭部」が犯人を追い詰める

2月25日に“二つの行方不明事件”の進展があった。その一つは大阪での事件で、兵庫の27歳の女性会社員が行方不明となり、携帯電話の電源が途絶えた付近にある大阪東成区の民泊施設に、アメリカ国籍男性と一緒に入った可能性が防犯カメラの映像から推測された。男性は1月下旬に来日し、東成区の民泊施設を2月18日前後まで何度も利用していた。2月16日にも、兵庫の女性と連れ立って利用した可能性が高い。ところが、女性がその民泊施設を出た形跡がないのだ。そこで警察は22日になって、奈良県の民泊施設に移動していたアメリカ国籍の男性を監禁容疑で逮捕した。そして、男性の足取りを追う内に、25日になって別な宿泊施設からスーツケースに入った“女性の頭部”を発見した。彼のアメリカにいる母親によれば「息子は日本人女性と結婚するのが夢だった」そうだ。発見された“頭部”は、まだ行方不明の女性と確定したわけではない。けれども、間もなく判明するだろう。同じような事件が、札幌でも起こっていた。19歳の女性が昨年12月15日に行方不明となり、携帯電話の電源が岩見沢市内で途絶えていた。その付近を捜索していたら、雪の中から“女性の頭部”が発見されたのだ。その結果、彼女が頻繁に出入りしていた飲食店の経営者と、その仲間が逮捕された。飲食店の経営者は過去に暴力事件で逮捕歴がある暴力団の“準構成員”だった。殺人は認めていないが、死体遺棄に関しては大かた認め始めている。これら“二つの事件”は、共に女性の行方不明から始まり、携帯電話の電源が途絶えた場所が「SOS」の発信源となり、なぜか“女性の頭部”だけが最初に発見されている。犯人は首を切断することで、誰なのか特定できないようにしようとした可能性が強いのだが、物言わぬはずの“頭部”は、最初に出現して犯人を追い詰めた。ちなみに両事件とも、家族がすぐに“行方不明”として捜索願を出したことが“頭部”の発見を早めたのである。


最近の記事はこちら

共感できても支持できない表現

近年はすぐ誰がどう発言したかが拡散する。特に芸能人、政治家、文化人などの場合がそうである。ある意味で、それは“有名度”を測るバロメーター的な部分もある。そういう意味で影響力の強いホリエモンこと堀江貴文…続きを読む

「国産ウナギ」が“輸入物”に負ける?

今年は“暑い”らしい。他人事のようなことを言うのは、北海道に暮らしているからだが、それでもやっぱり真夏は暑い。そこで多くの食卓には「うなぎ」が登場する。今週7月20日は「土用の丑の日」。ところが、実際…続きを読む

「歴史」は創るものではなく、出来上がるもの

「貿易戦争」という言葉が一般化してきた。昨日、中国では“世界フォーラム”が開かれたが、その中で楊潔氏は「中国は貿易戦争を望まないが、恐れもしない」という表現で、アメリカとの対決姿勢を前面に打ち出した。…続きを読む

セブン&ローソン「居酒屋」を兼ねる⁉

7月17日から「セブン―イレブン」では店頭で“生ビール”を発売するそうだ。レジ横にビアサーバーが設置され、Sサイズ100円、Mサイズ190円也の“生ビール”を販売するらしい。もちろん、会社帰りのサラリ…続きを読む

「命のロウソク」は売っていないのに…

東京江戸川区の住宅で13日の夜、練炭による“集団自殺”の可能性が高い5人の死体が発見された。おそらく、この家の持ち主が“自殺志願者”たちを道連れにして集団自殺を図ったと思われる。今のところ、男性一人、…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.