今日の迷言・余言・禁言

「顔」に「顔」のタトゥを入れるのだけは……

私はたいていのことに関しては“寛容”な方である。だから誰がどんなタトゥを入れることにも、基本的に反対はしない。ただ、そういう私であっても「顔」に「顔」のタトゥを入れることだけは「止めた方が良いのに…」と言いたくなった。もっとも、“ロックンロールの世界に生きている女”を自称している彼女には、そんな老婆心など通じないに違いない。彼女の場合「アーティストとしての道が拓けたのも彼のおかげ」と思っているのだから、その“慕い”“尊敬する想い”をタトゥとして「顔」に彫り込むのは当然のことなのかもしれない。う~ん、そうは言っても、やっぱり…と思ってしまう。とにかく右頬いっぱいに「ハリー・スタイルズ」の画像は刻まれている。「それって、誰?」なんて彼女に言おうものなら、ぶん殴られかねない。彼女ケルシー・カーターは、まだ24歳のニュージーランド出身のロックミュージシャン。もちろん、つい最近「Harry」と題した曲もリリースしたばかりだ。もしかして、その宣伝のための“タトゥシール”なんじゃないかという噂もあったが、担当した彫師が“途中経過の動画”を投稿したことで、その疑いは晴れた。まあ、尊敬してやまない人物と、いつも一緒に居たい、という気持ちがわからないではない。ただ、それなら“二の腕”とか“肩”とか“背中”でも良かった気がするのだ。何も「顔」に「顔」を入れなくても…。仮に彼女が結婚した場合、配偶者は毎日「ハリー・スタイルズ」という男性の“顔”を見ながら暮らすことになる。ほっぺたにキスなんて出来ない。もっとも、それではわれわれ“普通人?”は「顔」に「顔」を描いていないのかと問われると、残念ながら、私はこれを否定することが出来ない。つまり「自分の顔」に「他人の顔」を、ここだけの話だが“誰でも描いている”のだ。人相術の方でいうところの「画相」と呼ばれる“現象(奥義)”であるが、誰でも自分の顔の中に、丁度“心霊写真”のように他の人物の“画像”を無意識のうちに“表出”しながら生きている。それはどうしてなのかというと、運命的な事象として、その人が自分に関わってくる場合、その事柄を表わす「部位」に“心霊画像”のように出現してくる。たとえば自分が“片想い”しているような場合、その相手の画像が“眼尻後方”に出現する。また仕事上で特別に“引き立ててくれる相手”がいる場合、その顔は“額中央”に出現する。もちろん、その事柄が終わってしまうと、画像(画相)も消えていく。そういう意味では、ケルシー・カーターの顔面にも「大きな画相が出現した」と思うのが適切なのか…。


最近の記事はこちら

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

「貿易戦争」が「仮想通貨」を上昇させる⁉

アメリカから第4弾の“制裁関税”が通告された14日から、中国の外務省はそれまでの「貿易摩擦」という表現をやめ「貿易戦争」という表現に切り替えた。このタイミングに合わせるかのように一気に暴騰したものがあ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.