今日の迷言・余言・禁言

「風水」の原点「先祖」との関係性

「風水」というと、すぐに“家の方位”等を思い浮かべる人が多い。それも確かに「風水」の一部だが、あくまで一部に過ぎない。元々「風水」というのは古代中国で“王朝繁栄の地”を探すことから始まっている。確かに、一つの王朝、現代で言えば国の“政権”、或いは自分が属する“企業”を意味すると思うが、それが末永く繁栄することによって、自分たちの暮らしぶりが豊かになっていくことを意味する。したがって“王朝繁栄の地”を求めるために、殷王朝などは8度も“遷都(王都を変えること)”している。そうやって、理論的にも、実利的にも、都が繁栄しやすい“土地”を探し続けたのだ。現代でも、よく会社の企業名とか拠点となるべき場所とか、次々と変えていく企業もある。元々「風水」の原点というのは、そういう風に“都が繁栄する地”を求めての「体験的教え」から来ている。但し、現代と違うのは「先祖たちも含めての王朝」と捉えていたことだ。つまり、彼らは“先祖の墓地”も含めての「最良の地」を求める。生きている自分達だけが“繁栄すれば良い”という考えではないのだ。彼らの場合、先祖たちは、自分たちを見守って、守護してくれる存在である。したがって、守護しやすい位置に“墓”がなければならない。それは、どういう場所かというと、王朝全体を見渡せるような高台の地だ。もっとも理想的なのは、自分たち生者が仰ぎ見て合唱できる場所、また墓からは先祖たちがこちらを見て“見守れる場所”、この両方を兼ねるようなところこそ最高の「風水の地」なのだ。こうして殷王朝(彼ら自身は「商王朝」と名乗った)は500年以上の長きにわたって繁栄を続けたのだ。もちろん、現代においては、そんなに都合の良い「都」は存在していないかもしれない。ただ、それに近いような“墓所”と“自宅”、或いは“墓所”と“職場”の関係は見いだせるかもしれない。それが難しい場合には、自宅の中で「仏壇」と「家族」の位置関係を、それに近いものにすれば良い。太陽に日差しを浴びる位置に「墓所」があることで、先祖である“死者たち”が活き活きと生命力を発揮し、その子孫である“生者たち”に繁栄する力を与えるというのは、“血縁の法則”としては何となく理解できる。もちろん、墓所、或いは仏壇には、死者たちにパワーを与える読経とか合掌とか日々の供え物とか、が必要である。特に“日々の供え物”は、死者たちがパワーを発揮するのに格好のエネルギー源(⁉)なのだ。こうして、実際に「力」を発揮できる「風水」関係が誕生する。


最近の記事はこちら

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

占星学による「死」の予兆

人間にはさまざまな“生き方”がある。それらを批判することは簡単だが、それらから“学ぶ”ことの方が人生には役立つ。昨日、タレントの岸部四郎氏(71歳)が今年8月28日に心不全で亡くなっていたことが公表さ…続きを読む

現存する世界最古(⁉)「金箔天文図」公開

何となく「金箔天文図」などと言うと“妖しく”聴こえて良い。実際に金箔を貼り付けた天文図なのだから「金箔天文図」であるのは間違いがない。そして、現存する天文図としては一応“世界最古”であることも事実だ。…続きを読む

「ノーベル平和賞」って“何”だろう

「世の中」には、“わからないこと”というのがいろいろとある。「ノーベル平和賞」という「賞」もその一つだ。まず、科学的な「賞」と違って、その根拠というのが今一つ解かりにくい。例えば今年度の「ノーベル平和…続きを読む

「波木星龍インタビュー記事」は誰に役立つ⁉

時々よく解からない取材や問い合わせが来る。私に対する“インタビュー取材”も、そういう“わからないこと”の一つだ。過日も別々の電話占いの会社から“取材”を受け、それが記事としてまとめられた。その一つは「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.