今日の迷言・余言・禁言

「飛び火」は「チェルノブイリ森林火災」で実現‼

私が「四川省の森林火災」について書いたのは4月1日だ。その時、最後に文字通り「飛び火」することを怖れる…という趣旨で締めくくった。ところが、それから3日後、実際に「飛び火」は起こっていて、旧ソ連、現ウクライナのチェルノブイリ原発の周辺地域で森林火災が発生していた。昨年に米カリフォルニア、年初にオーストラリア、さらに中国四川省、そして今回のチェルノブイリ、すべては森林火災であり、いずれも自然発火であり、何日も、何十日もかけて、広大な面積を焼き尽くす。私が年初から言っている「防ぎようのない自然災害」なのだ。今回のチェルノブイリ周辺火災で注目されるのは、あの原発事故地域に及ばないのか、という点である。実は最初、放射能数値が通常の16倍まで跳ね上がったと報道されたが、なぜかその後に打ち消されている。火災は4月4日に発生してすでに十日以上、400人以上の消防隊員とヘリコプターを投入しているが鎮火していない。現在、チェルノブイリ周辺は住居禁止区域だが、もっとも近いプリピャチ市は「原発観光」で欧米人に人気の街となっている。実は“火の手”は、既にこの街にまで到達しようとしているのだ。どうも今年は「防ぎようのない自然災害」があちこちから“火の手”を挙げながら、じわじわ地球人類に迫ってきているようで、不気味な年としか言いようがない。まだ4月なのだ。前半すらも終わっていない。第二幕、第三幕の「防ぎようのない自然災害」の“舞台”が密かに用意されているはずなのだ。「歴史」は常に“行きつ戻りつ”しながら、人間の“愚かさ”や“脆さ”や“危うさ”を露呈してきた。人間は、どう頑張ってみたところで人間で、神の領域に“手を伸ばそうとすること”自体が間違っていることを教えられてきた。それでも、人間は懲りずに、何度でも“神の領域”に近づこうとする。確かに科学技術は格段の進歩を遂げたが、人類の最大の敵ともいうべき「自然災害」にはからきし弱い。その“弱さ”“脆さ”を、これでもか、これでもか、と見せつけるのが、燃上がる地球の“怒り”「森林火災」なのだ。


最近の記事はこちら

ネットの「誹謗・中傷」本名を公開すべき‼

スターダム所属の女子レスラー木村花氏が22歳の若さで死去した。ネット上で愛猫に“別れを告げる”写真投稿を遺しての死去となった。男女間のリアルなシェアハウス生活をドキュメント化する番組「テラスハウス」に…続きを読む

「都知事選」を盛り上げる堀江氏の立候補⁉

元ライブドア社長で現在はいろいろ手掛ける堀江貴文氏の動向が注目されている。「都知事選」に“立候補する”ともっぱらの噂なのだ。本人は何も言っていないので「N党」の“話題集め”という見方もある。ただ堀江氏…続きを読む

日本が防ぐべき「三つの凶災」

今年は地球環境にとって稀に見る「凶災の年」である。私が以前から述べていたように、どんなに“大きな出来事”であっても、人が日々興味を抱き続ける期間というのは、そう長くは続かない。だから私は今年2月の時点…続きを読む

「鬼滅の刃」を抑えて「マンガ大賞」を得た作品

5月21日から熊本市現代美術館で再開されるのが漫画家・高浜寛氏による“企画展”である。元々、文化庁メディア芸術祭漫画部門優秀賞を受賞して2月22日に始まった“企画展”だったが、途中“コロナ騒動”で休止…続きを読む

新たな「温泉」が誕生するかも…⁉

同じ地震でも「震度4」と「震度5」とでは、ニュース報道の扱いが異なる。「震度4」までは“地元のニュース”に留まることが多い。けれども、それが何回も続いて発生するとなれば、話は別だ。長野県と岐阜県との県…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.