今日の迷言・余言・禁言

「飢えるゾウ」「助ける…ぞう」という人はいるか

現在、観光地は世界的にどこもピンチなのだが、タイでは観光客急減で“ショーの花形”であったゾウ達の餌代が枯渇してきている。そのため「ゾウのショー」を行って来たオーナー達の多くが「ゾウを売りたい」と保護財団に泣きついてきている。タイ全土では235か所の施設が運営され、合計で2459頭ものゾウ達が飼われているが、そのうちの91ヵ所989頭のゾウ達が餌不足に苦しんでいる。何しろゾウを飼うのには金が掛かるのだ。一日一頭で1000バーツというから3300円くらいも掛かる。つまり1000頭いれば一日だけで3300万円もかかる。やはりゾウは大食漢だったのだ。いまさら“野性に帰す”というわけにもゆかず、ゾウ遣いも雇えなくなって、鎖につながれたままのゾウが放置された状態にある。ゾウ達が本気で暴れたなら、鎖でも引きちぎれそうな気もするが、放置するのは危険なのに違いない。もっとも、ゾウの前に、これまで観光業で食べて来たタイの人間たちが“野垂れ死に”しそうな状態ではある。確か“ゾウ遣い”というのは、それなりの修行が必要で、誰でもすぐなれるようなものではないと聞いている。仮に経済が復活しても、すぐにそれらの人達を集められるかという問題もある。こういう時、保護団体というのは、意外に役立たない。日頃、環境問題とか、動物愛護とか言っている割には、金が掛かる問題になると尻込みしてしまうようだ。或いは、今回の場合には、動物愛護とか動物虐待とかとは“別な問題”と捉えているのかもしれない。世界の中の“一ヵ所の観光地”だけが困っている場合には、世界各地から“救いの手”が差し伸べられるのが常だが、今回のように、世界同時に観光地がどこも“瀕死の状態”にあるような時には、自国で何とかするしかないのかもしれない。考えてみれば、タイ観光は、ゾウによって莫大な収益を得てきたはずなのだ。大昔、ゾウの背中に乗った時、こんなに高くて、こんなに揺れて、こんなにあっという間なのに、こんなに料金を取られるんだと驚いたものだが、何のことはない“餌代”に消えていたのだと、妙なところで納得したのだった。


最近の記事はこちら

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.