今日の迷言・余言・禁言

「麻央」と「海老蔵」の舞台

市川海老蔵氏の夫人である小林麻央さんが「乳がん」であることが公表されてかなり経った。それからしばらくして、麻央さんは「闘病記」ともいうべき“ブログ”を立ち上げた。それはかつて“ニュース番組”を担当していた者らしい情報発信の仕方だった。今後マスコミから追われる可能性がある夫を“逃れさせる手段”を兼ねているかのような情報発信でもあった。海老蔵自身も、自らのブログの中でさりげなく“麻央さんを語る”ことがあった。独身時代、さまざまな女性と浮名を流した海老蔵氏だが、結婚し、自らが暴行事件に巻き込まれて瀕死の重傷を負い、父親を喪い、子供たちが産まれ、妻が“病床に伏す”形となって「家庭の人」に変わった。同じような形をミュージシャンの小室哲哉氏に見る。大きな借金を背負い、妻が“病床に伏す”形となって、かつて浮名を流していた小室氏は「家庭の人」に変わった。男は、奇妙なことに妻が“病床に伏す”と浮気が出来なくなる。私自身も、現在“妻が病床にある”ので、その心理は良く分かる。海老蔵氏の場合、歌舞伎座そのものが新しくなって「歌舞伎」そのものが世界から注目を集めるようになって、歌舞伎界を背負わねばならない意識がアスリートのように強まっている。気楽な気持ちで立ち上げたブログの注目度も高いため、嫌でも“弱音などはいて”いられないのだ。さらに後継者となるに違いない息子が徐々に成長し、その背中を見つめている。麻央夫人の病状は深刻だが、意外なほど“気丈な妻”は弱音を吐いていない。そのブログは今や歌舞伎座のように多くの視線を集めながら、回り舞台の袖で衣裳替えをしながら次のステージに登ろうとしている。海老蔵氏にとって、今や「舞台」は、妻や息子の“眼”に焼き付かせるうえでも重要なものとなりつつある。


最近の記事はこちら

「聖なるガンジス」にマジシャンは消えた⁉

俗に「脱出マジック」と呼ばれているものが有る。マジシャン自身が両手両足を鎖に繋がれ、水槽とか地底の箱に入れられて、時間以内に脱出できなければ“命はない”という危険なマジックだ。日本では昔、初代・引田天…続きを読む

「平成駆け込み婚」&「令和婚」と天王星アスペクト

私は基本的に自分の宣伝めいたことを書くのはあまり好きではない。ただ今回は占星学の研究者には参考になるかもしれないので、一応記しておく。月に1回(厳密に言えば現在は2回分)ココロニという占いコンテンツ企…続きを読む

「警察で預かる」と詐欺した巡査長

職業的にみて「絶対にやってはいけないこと」というのがある。例えば、警察官が特殊詐欺に遭いそうになった人のお宅に出向いて行って“詐欺をする”なんて、これはどう考えたって救いようがない。親切そうだった現職…続きを読む

購買率95%男性「お嬢様聖水」は“美容飲料”⁉

最近は“ネーミング”ひとつで同じ商品でも売れたり、売れなかったりする。今、密かに話題となっているのは「お嬢様聖水」だ。別に“成人向け”なわけではない。けれども、一般のコンビニなどではまだあまり置かれて…続きを読む

お手本とすべき「ぱみゅぱみゅ」の言葉

人間には元々“偏見”の強い人と、少ない人とがいる。口では「平等」などと言いながらも、その言動を見ると、とても平等な見方を持っているとは思えない著名人も多い。昨日、私が感心したのは歌手きゃりーぱみゅぱみ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.