今日の迷言・余言・禁言

「黄金風呂」で“身”も“心”も金色に⁉

「金」というものは、あるところにはあるものだ。例えばスーダンの前大統領宅、家宅捜索が入って調べたところ日本円で126億もの現金が眠っていたそうだ。スーダンってそんなに豊かな国でしたっけ? まあ、他人の懐をあれこれ言っても仕方がない。ゴールデンウィークに「黄金風呂」にでも入って、“身”も“心”も金ぴかに輝かせる、というのがどうだろう。昨日、長崎のハウステンボスで「世界最大の黄金風呂」とギネス認定された黄金風呂がオープンしたのだ。何しろ、この風呂、当然のことながら金が掛かっている。18金製で重量154キロ、外形が150㎝で深さ55㎝の“円形風呂”である。実は、黄金風呂というのは一見簡単そうだが製作が大変に難しいそうで、何んと1500人もの職人が8カ月かけて完成させた一大事業だったのだ。但しハウステンボスの黄金風呂に先行するホテルが日本にはいくつもある。千葉県の「ホテル三日月」などは黄金風呂で名をはせたホテルである。但し、ここのホテルの「黄金風呂」は外側にステンレスを使用している。したがって浴槽全体が黄金なのではない。それでも1億5000万の経費が掛かっている。“世界一”のハウステンボスの方は8億円も掛かっているのだ。さて、オープンとはいうものの、もちろん無料ではない。1回1時間の使用料が5400円で予約制となっている。温泉水もナトリウムの多いオレンジ色なので「黄金風呂」に浸っている気分を存分に味わえる。通常より保温力にも優れているらしい。“身”も“心”も金ぴかに輝かせることが出来るなら、そして8億円の浴槽内に居ると思えば、5400円は“お安い料金”とも言えそうだ。ただ何回も入りたいかと問われれば、正直、そうでもないかな。海外のスパなどにある「バラの浴槽」もそうなのだが、一度は話のタネも兼ねて体験してみたいと思うのだが、実際に使用すると、特別どうということもない。こんなものかな、ということになる。「黄金風呂」は入ったことがないので何とも言えないが、まあ、大博打を撃ちたいようなときに使用すれば、乗った気分で行えるかもしれない。そうだ、そのうちハウステンボスにもカジノが出来るだろうから、その直前に使用するのが最高なのではないだろうか。


最近の記事はこちら

インディオが怖れる「黒い雨」が降る

太古そのままに密林を伴って南米を流れているのがアマゾン川だ。南米の“母なる川”と言っていい。そのアマゾン川で“異変”が起こっている。森林火災が異常発生しているのだ。今年に入ってブラジルで発生した“森林…続きを読む

やがて「香港」は“廃墟”と化すのか⁉

私が最初に《飲み込まれていく「香港」》というタイトルで、その“危うさ”を書いたのは数年前だ。それから2018年1月15日には《台湾やマカオまで「一つの中国」と言われても…》と不吉な予兆について書いた。…続きを読む

“7度目”と“4度目”の「愛の終着駅」

日本人は他の人種に比べて「執念」というものが、それほど強くない。「和食」で“こってり”とか“とことん”とかいう表現はほとんど出て来ない。どちらかと言えば“あっさり”や“さっぱり”を好むのが日本人なのだ…続きを読む

「令和」が感じられない“即位記念切手”

意外に気付かないでいた10月からの“切手代値上げ”だが、それを気付かせる意味もあってのことなのかどうか知らないが、10月18日から「天皇陛下即位記念」の新たな切手が発行されることが公表された。昨日、そ…続きを読む

「風水家相」で大切なのは“基礎的な事実”

吉本興業の“闇営業問題”で謹慎処分になっていた芸人たちの多くが8月19日に「東京吉本」の舞台に立った。その中にはスリムクラブの内間政成氏の姿もあった。彼は妙な形で多くの同情を集めている。何度か5年前に…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.