今日の迷言・余言・禁言

「黒人」と「白人」の間

欧米人にとっての「黄色人種」は、“白人”の側なのだろうか、それとも“黒人”の側なのだろうか。実は、彼らが人種を二分する時、われわれ日本人(黄色人種)は「カラード」と呼ばれ、“黒人”の側に含まれるのだそうだ。まあ一般的に見れば、どう考えても“その中間”だが、欧米人には“黒”も“黄色”も、色がついているから一緒というふうに見えるらしい。私が、それを知ったのはもう40年以上も前で、確か『これが世界の人間だ』という全世界をヒッチハイクした旅行記に記されていた話だ。故マイケル・ジャクソンは黒人として産まれたが、徐々に白人化していき、最終的には“白人のような姿”で死んだ。その彼をコメディタッチで描くドラマで再現しようとした時、普通の感覚の持ち主なら“白人俳優”を起用する。その選択が間違いだと、私は思わない。ところが、その放映を目前にしてストップが掛かった。その番組の予告編を流したところ、白人俳優を起用したということで騒動が勃発し、マイケルの長女パリスが「吐きそうになった」とまで述べたらしい。放映は急きょ中止となった。われわれ日本人には、なかなか“理解しがたい”感覚である。確かにマイケルは黒人だが、白人を“目指していた”のは誰の目にも明らかである。それを“白人俳優”が演じて何が悪いのだろう。しかも、それはコメディタッチの“都市伝説”再現ドラマである。シリアスなドキュメンタリーではない。マイケルの白人化で、私が思い出したのは“生けるフランス人形”を目指している整形美女・ヴァニラで、30回以上も整形を重ねて“フランス人形”を目指している女性だ。もし、彼女の人生を「実際のフランス人形を使って再現したい」と持ち掛けたなら、どうだろう。彼女は「人種差別だ」といって泣き喚くであろうか。多分、恍惚とした表情でOKを出すに違いない。


最近の記事はこちら

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

「貿易戦争」が「仮想通貨」を上昇させる⁉

アメリカから第4弾の“制裁関税”が通告された14日から、中国の外務省はそれまでの「貿易摩擦」という表現をやめ「貿易戦争」という表現に切り替えた。このタイミングに合わせるかのように一気に暴騰したものがあ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.