今日の迷言・余言・禁言

「黒人」と「白人」の間

欧米人にとっての「黄色人種」は、“白人”の側なのだろうか、それとも“黒人”の側なのだろうか。実は、彼らが人種を二分する時、われわれ日本人(黄色人種)は「カラード」と呼ばれ、“黒人”の側に含まれるのだそうだ。まあ一般的に見れば、どう考えても“その中間”だが、欧米人には“黒”も“黄色”も、色がついているから一緒というふうに見えるらしい。私が、それを知ったのはもう40年以上も前で、確か『これが世界の人間だ』という全世界をヒッチハイクした旅行記に記されていた話だ。故マイケル・ジャクソンは黒人として産まれたが、徐々に白人化していき、最終的には“白人のような姿”で死んだ。その彼をコメディタッチで描くドラマで再現しようとした時、普通の感覚の持ち主なら“白人俳優”を起用する。その選択が間違いだと、私は思わない。ところが、その放映を目前にしてストップが掛かった。その番組の予告編を流したところ、白人俳優を起用したということで騒動が勃発し、マイケルの長女パリスが「吐きそうになった」とまで述べたらしい。放映は急きょ中止となった。われわれ日本人には、なかなか“理解しがたい”感覚である。確かにマイケルは黒人だが、白人を“目指していた”のは誰の目にも明らかである。それを“白人俳優”が演じて何が悪いのだろう。しかも、それはコメディタッチの“都市伝説”再現ドラマである。シリアスなドキュメンタリーではない。マイケルの白人化で、私が思い出したのは“生けるフランス人形”を目指している整形美女・ヴァニラで、30回以上も整形を重ねて“フランス人形”を目指している女性だ。もし、彼女の人生を「実際のフランス人形を使って再現したい」と持ち掛けたなら、どうだろう。彼女は「人種差別だ」といって泣き喚くであろうか。多分、恍惚とした表情でOKを出すに違いない。


最近の記事はこちら

「行方不明届け」は「殺しの暗号」か

BSのTV番組欄には“推理ドラマ”の再放送が多い。それだけ“推理ドラマ”は時代が多少ずれても楽しめるからだろうか。推理ドラマは楽しければそれで良いのだが、現実の“殺人事件”は決して楽しいものではない。…続きを読む

まじめな“親子”は一緒に“穴掘り”

周辺の人達や仕事関係者たちから一様に「まじめで親切」と評価されていた“親子”が殺人遺棄をした。おそらく息子が妻を殺して母親に打ち明け、母親がそれを隠そうとして自宅の庭に、二人で“死体を入れるための穴”…続きを読む

「カジノ」を“悪魔”という前に…

日本人の中には「カジノ」を“悪魔”呼ばわりする人たちがいる。ところが、そういう人たちでも「宝くじ」には何故か寛容で“夢を買う”などと言って、購入したりする。そこで、こういう話はどうだろう。中国では、基…続きを読む

共感できても支持できない表現

近年はすぐ誰がどう発言したかが拡散する。特に芸能人、政治家、文化人などの場合がそうである。ある意味で、それは“有名度”を測るバロメーター的な部分もある。そういう意味で影響力の強いホリエモンこと堀江貴文…続きを読む

「国産ウナギ」が“輸入物”に負ける?

今年は“暑い”らしい。他人事のようなことを言うのは、北海道に暮らしているからだが、それでもやっぱり真夏は暑い。そこで多くの食卓には「うなぎ」が登場する。今週7月20日は「土用の丑の日」。ところが、実際…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.