今日の迷言・余言・禁言

「黒人」と「白人」の間

欧米人にとっての「黄色人種」は、“白人”の側なのだろうか、それとも“黒人”の側なのだろうか。実は、彼らが人種を二分する時、われわれ日本人(黄色人種)は「カラード」と呼ばれ、“黒人”の側に含まれるのだそうだ。まあ一般的に見れば、どう考えても“その中間”だが、欧米人には“黒”も“黄色”も、色がついているから一緒というふうに見えるらしい。私が、それを知ったのはもう40年以上も前で、確か『これが世界の人間だ』という全世界をヒッチハイクした旅行記に記されていた話だ。故マイケル・ジャクソンは黒人として産まれたが、徐々に白人化していき、最終的には“白人のような姿”で死んだ。その彼をコメディタッチで描くドラマで再現しようとした時、普通の感覚の持ち主なら“白人俳優”を起用する。その選択が間違いだと、私は思わない。ところが、その放映を目前にしてストップが掛かった。その番組の予告編を流したところ、白人俳優を起用したということで騒動が勃発し、マイケルの長女パリスが「吐きそうになった」とまで述べたらしい。放映は急きょ中止となった。われわれ日本人には、なかなか“理解しがたい”感覚である。確かにマイケルは黒人だが、白人を“目指していた”のは誰の目にも明らかである。それを“白人俳優”が演じて何が悪いのだろう。しかも、それはコメディタッチの“都市伝説”再現ドラマである。シリアスなドキュメンタリーではない。マイケルの白人化で、私が思い出したのは“生けるフランス人形”を目指している整形美女・ヴァニラで、30回以上も整形を重ねて“フランス人形”を目指している女性だ。もし、彼女の人生を「実際のフランス人形を使って再現したい」と持ち掛けたなら、どうだろう。彼女は「人種差別だ」といって泣き喚くであろうか。多分、恍惚とした表情でOKを出すに違いない。


最近の記事はこちら

“車離れ”は「本当の先進国」になった証拠

“若者の車離れ”に歯止めが掛からない。それを何んとか防ごうと、19日、トヨタは新しく「GR」シリーズを発売すると発表した。スポーツカーブランドを一新することで、低迷が続く国内の自動車販売をテコ入れした…続きを読む

「生前継承」された7代目の“宗教”

先日、テレビで今も継承され続ける「カクレキリシタン」に関するドキュメンタリーが放映されていた。その中で印象的だったのは、現在の指導者が口にした“普通のキリスト教やカトリックとは違う”という発言だった。…続きを読む

甲冑姿の「サムライ」が刀を向ける

近年の歴史・時代物ブームで“古戦場跡”観光というものが盛り上がっている。それ自体は良いことなのだが、その“古戦場跡”の一つ「関ケ原」で全身甲冑姿の「サムライ」が、山頂に続く階段を登りきったところで待ち…続きを読む

「時代について行く」選択は正しいのか

毎日、そこかしこに情報があふれている。無意識にわれわれは、その情報の多くを吸収しながら生きている。それが「時代について行く」という“生き方”である。けれども、本当に、それが“幸福な生き方”なのかどうか…続きを読む

「ノーベル賞の卵」が“非正規雇用”で働く

山中伸弥氏と言えば、謂わずと知れた“ノーベール賞科学者”である。現在は京都大学の細胞研究所所長を務めている。そのHP上に「ご支援のお願い」が掲載された。彼によると、研究所で働く教職員の9割が“非正規雇…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.