今日の迷言・余言・禁言

「1万円」が「13万8千円」に変わる通貨

昔から“お金”と同じような扱いをされてきたものに“金貨”がある。その金貨が平成30周年記念式典に合わせて、来年2月「財務省」より「1万円金貨」として発行される。「ビットコイン」などの仮想通貨がネットの画面上で“金貨”として登場するが、実際に手にすることはできない。それに対して、この金貨の場合には実際に購入して“金貨を手にする”ことが出来る。これまでの調査からも、日本人は“電子マネー”よりも実物の“現金”が好きで、強制的にでも変えさせない限り、なかなか“現金信仰”が無くならないのではないかといわれている。そういう意味でも、この記念硬貨は人気が出そうだ。表に“羽ばたく鳳凰”が描かれ、裏に“菊の御紋”が描かれ、何となく“気品”も漂う。しかも、この金貨「1万円」硬貨なのに13万8000円もする。同じく発行される「500円銅貨」の方は、そのまま500円として販売するのに「1万円金貨」だけが13万8千円というのは、何となく納得いかないが、おそらく“仮想通貨”のように希少価値から価格が高騰し、あっという間に20万円とか30万とかで取引されるようになってしまうのではないだろうか。そうなると、実際には手に取ってみることが出来ない人たちが出てくる。だから、或る意味では実在する“仮想通貨”のようなものなのだ。そこで、もし、この1万円金貨を実際にお店などで使用したならどうなのだろう。多分、当たり前の話だが1万円として処理されるに違いない。例えば私の所へ来て「記念金貨でお支払いしてもよろしいでしょうか」と言われたなら「おつりは出ませんけど、それでもよろしければ…」ということで受け取るだろう。そうして、それをどうするか、悩んでしまいそうだ。もちろん所有し続けても良いのだが、1万円として受け取りながら、20万で“売り渡す”のは何となく気が引ける。かといって、それをすぐコンビニなどで使ってしまうのは、なぜかしらもったいなくて出来ない。こう考えてみると、ちょっと“厄介な金貨”のようにも思えてくる。通常の紙幣としての流通が難しいなら、最初から「金による切手」として発行した方が良かったのではないだろうか。


最近の記事はこちら

驚異のベストセラー⁉『反日種族主義』日本語訳の誕生

北朝鮮中央通信が9月13日、韓国で出版されている書籍に対して痛烈な批判を行った。北朝鮮のマスコミが海外の民間人が執筆した書籍に対して批評・論評することは滅多にない。どんな本に対して批判したのかというと…続きを読む

“高齢者”と“独身者”の「ハーフ婚」はいかが⁉

最近、どの調査を見ても「日本」がダントツに“1位”を獲得できるものはなくなってきている。そういう中で、唯一“ダントツ1位”をこれからも維持していけそうなのが、65歳以上の高齢者が占める人口比率であるら…続きを読む

「長命」でも「長寿」ではなかった夫婦

世の中には“何となく哀しい”と思えるような事件が時々ある。9月14日早朝、一人の老人が逮捕された。自ら110番をしてきて「家内を殺してしまった。自殺できなかった」と告白し、警察が110番した男の自宅に…続きを読む

「名月」&「雅楽」こそ“日本の美”

私はときどき、自分が日本人らしい生活の仕方をしているのか疑問に思う。少なくとも“平安時代”のような生活からは程遠い。けれども日本に産まれ、日本人の両親を持ち、日本の大地で育ってきたから、日本人特有の「…続きを読む

「ウルトラマン・ブッダ」が地球を救う⁉

タイが“仏教王国”であることは広く知られている。国民の94%が敬虔な仏教徒だ。けれども若い人たちは、必ずしも「仏陀(ブッダ)」だけが“人類を救う”とは思っていない。“正義の味方”であるウルトラマンだっ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.