今日の迷言・余言・禁言

「10年」という歳月

芸人「極楽とんぼ」の山本氏が十年ぶりに地上波のTV番組に出演したそうだ。彼は2006年7月に函館で不祥事を起こし、その後、吉本興業から解雇され、“芸人”としての活動ができなくなった。当時、相方だった加藤浩次氏が着実に複数の番組で起用され、成功していくのとは反比例して“転落の道”を歩み始めたのが印象的であった。元々“女癖が悪い”という評判もあり、17歳の少女に酒を飲ませてホテルに連れ込み暴行した、という記事はスポーツ新聞の一面を飾り、あっという間に「女性の敵」としてのイメージが定着してしまった。ところが、事実はかなり“違っている”という報道もある。元々は同じ野球チームのメンバー2人がナンパした少女と居酒屋で酒を飲んでいて、途中でホテルにいた山本を呼び出し合流して、山本がホテルに戻る時ついてきたので誘ったら応じた、という話もある。当時、少女には彼氏がいて、その相手に浮気がばれて“被害届を出させられた”というのだ。警察で少女は「酔っていたので覚えていない」を繰り返したらしい。どちらが真実かわからないが、ともかく“少女に手を出した”ことは間違いがなく、その後は芸能界から締め出された。一説には、或る女性タレントの陰謀に引っかかったとか、或る大物タレントの女性に手を出したので制裁を受けたという話もあるらしい。とにかく諸説入り乱れているのが“この一件”らしい。要するに“敵が多かった”のだ。十年という歳月は「人」を変える。彼は「山本圭一」から「山本圭壱」に名を変えていたらしい。姓名画数的に「圭一」は決して悪い画数ではない。むしろ、印象的には「圭一」の方が良い。多分、画数だけでいえば「圭壱」の方が“より良い”から変えたのかもしれないが、バランスや印象も姓名では重要で「圭壱」は“隠居老人”的な印象を与える。この名では“人気”を出せない。心機一転したいなら、もっと“根本的に変える”形をとらないと、“変わった”という印象を見ている人たちに与えられない。外貌的にも髪を伸ばすとか、髭を生やすとか、眼鏡をかけるとか、“別人”の印象を与えて初めて、大衆は「変わった!」と思うものなのである。何故“悪い印象”なのに、昔を引き摺るのか、明らかに“勘違い”している。


最近の記事はこちら

「心の傷」&「慰謝料」を引き摺りながら…

よく企業間では“訴訟合戦”が行われたりする。稀に男女間でも“訴訟合戦”を行うことがある。その典型的な例が、大阪で起こった。2008年8月、女性は離婚して間もない30代前半の会社員だった。心身とも深く“…続きを読む

「得体のしれない国」が周りを取り囲む

中国の広東省で大規模な“偽札づくり”が摘発された。何んとその金額が214,000,000元(日本円にして37億円)に達するらしい。これはどう考えても本格的な“紙幣づくり”であり、組織的な作業に違いない…続きを読む

「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」

アラビアの格言「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」ほど、真実をついた言葉はない。誰もが悩みながら生きている。文春報道を受けて、小室哲哉氏が引退を表明した。その会見は“苦悩”に満ちていた。私も、妻…続きを読む

「ユーチューバー」が消えていく

グーグルは16日、傘下に抱える動画投稿サイト「ユーチューブ」に対し“新規約”を設けると発表した。これまでは動画の“再生回数”を基準として評価していたのだが、今後は“チャンネル登録者数”と“年間視聴時間…続きを読む

「孤独担当相」は、日本にこそ必要

英国のテリーザ・メイ首相が18日「孤独担当相」という新たな“任務”を新設、政務次官だったトレイシー・クラウチ氏にそれを要請した。メイ首相は「高齢者や介護者、愛する人を喪った人、話し相手のいない人々が直…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.