今日の迷言・余言・禁言

「180兆円」「世界最大」だけど…不満な皇太子

180億円の間違いではない。180兆円だ。一企業の“評価額”としては文字通り世界最大で、アメリカのアップルやグーグルも及ばない。新規株式公開によってサウジアラムコは約180兆円の評価額を目指すことを17日公表した。もっとも、この金額はサウジアラビアのムハンマド皇太子が目標としていた2兆ドル(216兆円)には少し届かない。実際には12月に地元であるサウジの証券取引所に上場される。サウジアラムコというのはサウジアラビアの国営石油会社である。どうして上場するのかというと、石油依存からの脱却を目指しているからだ。おそらくドバイとかアブダビとかと同じく「観光国家」を目指しての資金調達と見られている。今回の場合には2000億株の僅か1.5%だけが売り出される。ところが、それだけで2.8兆円にもなる予定なのだ。2.8兆円もあれば、外国人向け観光施設をいくらでも充実させられる。実は、この企業、上場は国内だけを目指しているのではない。手始めに“国内”なのだ。だから今回はアメリカ人とか、日本人には売ってくれない。もっとも、売られたところで買うことなど出来ないが…。さて、なぜ私がこれを書くのかというと、今後、もしかしたら東京証券取引所に上場される可能性もあるからだ。世界最大の企業が株式で日本に上陸するかもしれないのだ。サウジアラムコとしては本当はニューヨークに上場したい。ところがアメリカの場合、審査基準が厳しくなかなかに面倒で簡単には通りそうもない。そこで、そういう点では“やわに出来ている”東京市場ならすぐにOKが出そうなのだ。というか世界中から資金が向かって来るので大歓迎なのだ。もっともニューヨークが難しいなら香港を目指そうか、という話も内部的には出ているらしい。一応、3か所に上場予定のようなので、東京証券取引所もまだまだ捨てたものではない。アメリカの株式は連日のように“史上最高値”を更新し続けているダウやナスダックだが、日本の株式は今一つ盛り上がらない。企業収益が低迷しているから当然だが、日経平均は30年前に付けた“最高値”から比べると、まだ6合目辺りでもたもたしている。世界中の眼が向けられ、世界中から投資資金が入ってくるためには「アラムコ」に“婿”になってもらわなくては…。


最近の記事はこちら

来るか「印鑑」が“不要”になる日

新政権になって河野太郎行革大臣が「ハンコ不要」に取り組みだしている。もちろん、これは役所の“行政手続き”に限ってのことで、一般社会にまで強制する“簡素化”ではない。ただ、これまで一番「ハンコ」にこだわ…続きを読む

元気があれば「脱獄トンネル」も掘れる⁉

人間には簡単に世をはかなんで自殺してしまう人もいるが、たとえ“死刑囚”になっても、せっせと「脱獄トンネル」を掘り続ける人もいる。しかも、彼の場合には、それが“初めて”ではなかった。2017年にも一度ト…続きを読む

「もう良いのでは…」と言いたい“極細ウエスト”

世の中、いろいろな分野で「世界一」を目指す人はいる。アメリカのジョージア州に住む1児の母サミー・ウィルソン氏(26歳)は2年前まで、お世辞にも“美しいプロポーション”とは言えなかった。体重が89㌔もあ…続きを読む

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.