今日の迷言・余言・禁言

「2億3700万」なのに「510万円」で和解⁉

昔「当たり屋」という“商売?”があった。自分から車にぶつかっていって「怪我をしたから金を払え」と要求する詐欺の一種だ。今は「防犯カメラ」というものがあり、自らぶつかっていったなら、すぐにばれる。だから「当たり屋」の方達は商売できなくなった。メデタシ。メデタシ。ところが、別な形の「当たり屋」が出て来た。事故そのものが起きたのは3年近くも前なのだが、今月初めに「和解」が成立した事件だ。もっとも、この事故は“故意”に行ったものではない。言ってみれば“偶然の事故”だ。偶然ではあるが、本人にとっては“怒り”をどこにぶつけて良いかわからない事故だ。被害者女性は大阪から京都へ出掛けようとしていた。たまたま二階建て車両の階下に備え付けの補助席に座っていたのだ。そうしたら酒に酔った男性が乗車してきた。その加害者男性は二階に上がっていったのだが、その途中で滑って転落してきたのだ。その結果、当たられた女性は首の骨が折れ、半年間入院する重傷となった。半身にマヒが残り、職場も退職せざるを得なくなり、現在は日常でも介護を必要とする身となった。当然、被害者女性は、ぶつかって来た男性に対して「2億3700万円の賠償金」を請求訴訟した。最初は京阪電鉄も訴えたのだが、因果関係の立証が難しいということで、こちらの方は取り下げた。この事故をきっかけに、補助椅子は撤去された。さて、裁判の方だが、2億3700万円という金額は“要求額”としては正当なのだが、実質的には支払いの難しい金額である。そこで裁判所は「9000万円の支払い義務」で“和解”することを勧め、双方ともそれに応じたので“和解”が成立した。但し、実際には加害者の“支払い能力”がそれに達せず、現在の支払い可能額「510万円」を12月中に振り込み、残りは全額免除という“大甘な結果”で結審したのだ。まさに「不運」としか言いようのない結末である。電車や大型バスに乗る時、どこに座るかは、その後の人生を大きく左右することがあるのだ。それにしても不運な方なので仕方がないが、頼んだ弁護士が、あまりに無能過ぎた。


最近の記事はこちら

神の館で「心の衣裳」は剥ぎ取られていく

近代に入って世界的にじわじわと勢力を拡大しつつあるのが「イスラム教」という宗教である。一日5回の厳格な礼拝義務を課すこの宗教が、ITが普及した現代でも受け入れられているのは奇妙な気もするが、一つだけ“…続きを読む

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対…続きを読む

「悪い予感」が的中した話

書こうか書くまいか、私には珍しく迷った。けれども、もう20年も前のことなので“懺悔”的な意味も含めて書くことにした。先日、パリのノートルダム寺院が焼けたが、あの映像を見ていて、私には何故か20年前の“…続きを読む

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

ジェドカラー「貴族の墓」は“大発見”の予兆か⁉

4月13日エジプトのサッカラで、今から4400年前のものとみられる「貴族の墓」が報道陣に公開された。古代エジプト王朝で言えば第5王朝の時代のもので、ギザの大ピラミッドで有名な「クフ王のピラミッド」から…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.