今日の迷言・余言・禁言

「24節気」の持っている“予言力”

よくニュースなどで「暦の上では…」という表現を使う。その場合の「暦」とは“24節気”に基づく「節気暦」を指している場合が多い。その節気暦からすると昨日が「大雪」に当たる。東北や北海道の一部では、まるでその「大雪」に合わせるかのように大雪が降った。大雪と言わないまでも“小雪”程度が降ったところは多い。その“24節気”だが、俗にいう「旧暦」のもとになっている暦のことで、間違えて太陰暦と記されてある書籍もあるが、立派な太陽暦である。この暦は「二至二分」を基準としている。二至二分とは、冬至・夏至の“二至”と、春分・秋分の“二分”のことで、一日の内の“日照時間”の比率から、最少の日=冬至、最多の日=夏至、そして中間の日=春分・秋分ということになる。この二至二分に四季それぞれの始まりの日「四立」を加える。つまり「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の四つだ。合わせて「二至二分四立」と言い、この“八節”が暦の母体となっている。実際の季節はこんなに整然とはやって来ないが、それでも何となくそれに合わせるかのような具合で、徐々に季節を巡回させていく。だから日本列島ののような南北に長い島国では、どこかで「節気暦」の名称に相応しいような現象が起こっている。“八節”の代表は、誰もが知っている「節分」翌日の「立春」で、ここから“初春”としての一年が始まるとする。中華圏では現在でもこれを重視していて、この“初春”にもっとも近い太陰暦上の「正月」開始を“本当の正月(農暦の開始)”として盛大に祝う。もっとも、最初からそうだったかというと、そうではない。秦の始皇帝は“立冬”の「冬」を一年の開始時期に定めた。それは当時の呪術思想に合わせたからだが、世界の多くの国民は「冬」西暦1月の開始を一年のスタート時期としている。そういう意味では、秦の始皇帝は世界に先駆けて「冬から一年はスタートするのだ」と宣言していたのだ。


最近の記事はこちら

「野性の本能」を“許す”ことへの疑問

“動物愛護”とか“動物保護”とかに対して、異常に熱心になる人達がいる。そういう人達が、本当に“愛情深い人”なのかどうか、疑問に思うことが多い。スイスのチューリッヒ動物園で7月4日の午後、来場者たち多数…続きを読む

もはや「温帯気候」ではない日本列島

日本の場合、やはりと言うべきか「防ぎようのない自然災害」の“新しい波”は「集中豪雨」で襲ってきている。それが異常な“今年だけの現象”になるのか、それとも“その後も続く開始年”になるのか見極めは難しい。…続きを読む

「先住民族」に勝てない「文明」という“錯覚”

われわれはどうしても「先住民」とか「原住民」という言葉を聴くと、アフリカの人々を連想しがちである。けれども、実際にはアフリカのほとんどは“文明社会”である。けっして弓矢を持って生活していない。そこへ行…続きを読む

「西之島」は、やがて「日本のムー大陸」になる⁉

「西之島」と言われて、それがどの場所にあるのか即座に答えられる人はそんなにいない。まあ、太平洋の“小笠原諸島”の辺りと答えられれば大正解に近い。とにかく、その辺なのだが、2013年11月にその付近から…続きを読む

「手相の線」に“名前”が無くなったら…

何日か前、手相の方で名前を知られる「にしけい」こと西田圭一郎氏が、私の元を訪ねてきた。彼は手相の本を矢継ぎ早に何冊も出している“新進気鋭⁉”の手相家である。鑑定の方ではなく「占い教室」という形で私に対…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.