今日の迷言・余言・禁言

「24節気」の持っている“予言力”

よくニュースなどで「暦の上では…」という表現を使う。その場合の「暦」とは“24節気”に基づく「節気暦」を指している場合が多い。その節気暦からすると昨日が「大雪」に当たる。東北や北海道の一部では、まるでその「大雪」に合わせるかのように大雪が降った。大雪と言わないまでも“小雪”程度が降ったところは多い。その“24節気”だが、俗にいう「旧暦」のもとになっている暦のことで、間違えて太陰暦と記されてある書籍もあるが、立派な太陽暦である。この暦は「二至二分」を基準としている。二至二分とは、冬至・夏至の“二至”と、春分・秋分の“二分”のことで、一日の内の“日照時間”の比率から、最少の日=冬至、最多の日=夏至、そして中間の日=春分・秋分ということになる。この二至二分に四季それぞれの始まりの日「四立」を加える。つまり「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の四つだ。合わせて「二至二分四立」と言い、この“八節”が暦の母体となっている。実際の季節はこんなに整然とはやって来ないが、それでも何となくそれに合わせるかのような具合で、徐々に季節を巡回させていく。だから日本列島ののような南北に長い島国では、どこかで「節気暦」の名称に相応しいような現象が起こっている。“八節”の代表は、誰もが知っている「節分」翌日の「立春」で、ここから“初春”としての一年が始まるとする。中華圏では現在でもこれを重視していて、この“初春”にもっとも近い太陰暦上の「正月」開始を“本当の正月(農暦の開始)”として盛大に祝う。もっとも、最初からそうだったかというと、そうではない。秦の始皇帝は“立冬”の「冬」を一年の開始時期に定めた。それは当時の呪術思想に合わせたからだが、世界の多くの国民は「冬」西暦1月の開始を一年のスタート時期としている。そういう意味では、秦の始皇帝は世界に先駆けて「冬から一年はスタートするのだ」と宣言していたのだ。


最近の記事はこちら

「ペスト・感染症」が歴史を塗り替えて来た

厳密に言えば「新型コロナ」と「ペスト」は同一ではないが、運命学的な見地で言えば“同類感染症”である。そこで、現在のような状況に陥った時、もっとも重視すべきは「ペストの歴史」なのだ。ペストというのは“ネ…続きを読む

「誰も悪くない」という奇妙な結論

裁判上の“争い事”には、時として“双方痛み分け”のような結論になるケースがしばしばある。この事件の場合、本来の主役は「無言」を貫く。あれほど騒ぎ立て、マスコミさえもリードし、全国のアイドルファンを味方…続きを読む

一寸先が「闇」から「金」へ⁉

予測しにくい状態のことを「一寸先は闇」というが、まさに「人の運命」はその代表的なものである。池江璃花子選手と言えば、水泳界における“我が国のホープ”である。ところが、昨年、予期せぬ“病魔”が彼女を襲っ…続きを読む

“感染”と「サターンリターン」の不思議

タレントの志村けん氏が“新型ウィルス”の感染者だったことが判明した。その志村氏が出演した番組が放送され、その中で39年も前に“結婚”を意識して交際した女性の名が明かされ、その女性との再会も果たすことが…続きを読む

東京五輪の「札幌マラソン」5月上旬~6月上旬が理想的

すったもんだしたあげく“延期”と決まった「東京五輪」だが、開催時期は一年以内で注目の「札幌マラソン」は変更しないということらしい。つまり、来年の夏までに開催されるが、マラソンの場所は「札幌」のまま変更…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.