今日の迷言・余言・禁言

「4兆円」と「400万円」の“差”

西洋のことわざに「金持ち喧嘩せず」というのがある。この言葉には“真実が含まれている”と時々感じる。例えば、昨日だ。アメリカではアマゾンドットコムの創業者・ジェフ・ベゾス氏と妻のマッケンジー氏とが正式な“離婚手続き”を完了した。日本では“離婚手続き”というと、どうしても「涙」であったり「怒り」であったり「恨み」であったり…が付き纏う。けれども彼らの離婚には、そんなものはない。妻のマッケンジー氏がツイッターに投じたのは“感謝の言葉”である。離婚によって、彼女は日本円にして約4兆円の資産を手に入れ、女性では世界3番目の“金持ち”となった。離婚して、少し資産を減らした格好のジェフ・ベゾス氏だが、それでも資産12兆円になっただけで「世界一の資産家」の称号は維持できそうなのである。まあ、有り余るお金が少しだけ減った…という結果で、両者とも“喧嘩することなく”離婚が成立した。確かに、二人ともまだ若く、喧嘩するぐらいなら“次の相手”を探した方が良い、ということなのかもしれない。一方、日本では秋篠宮殿下が昨年末くらいから、よく眠れないということで“睡眠導入剤”を処方され、何とか身体を維持しているということが報道された。もちろん、殿下自身が“離婚問題”で悩んでいるわけではない。長女・眞子さまの“結婚問題”が暗礁に乗り上げ、“正式婚約”も“正式離別”も出来ない宙ぶらりんの状態で、心労が絶えないのだ。一番の問題は「婚約者」とも呼べない小室圭氏の母親の“借金問題”である。こちらは約400万円である。国民の“税金”で生活している皇族としては“肩代わり”してやることも出来ない。自分達には直接関係のない“借金”なのだが、それでいながら国民の「眼」は、まるで自分たちが国民に借金したかのような騒ぎ方をする。娘たちは「なぜ国民に私たちの“愛”を邪魔されなきゃいけないの」という感じで詰め寄って来るし、マスコミは“親に責任がある”風な書き方に変わってきているし、眠れなくなるのも当然かもしれない。アメリカと日本では、どうも“愛”と“お金”の捉え方が根本的に違うようで、どちらが「良い」か「悪い」かはともかく、喧嘩せずに人生を楽しみたいなら、“金持ち”の方が有利なことは事実らしい。日本では昔から「金の切れ目が縁の切れ目」などと言って、“お金”に「悪者役」を押し付けがちである。けれども古今東西、貧しい人々が“喧嘩の絶えない日常”を送っていることも事実なのだ。


最近の記事はこちら

習近平&トランプ「暴露本」で、勝つのはどっち⁉

アメリカと中国の貿易戦争が“休戦中”の今、にわかに注目され出したのが「習近平氏の暴露本が出る」という話題だ。もちろん、中国ではなくてアメリカで出る。元々は2015年に香港の銅羅湾書店というところから出…続きを読む

眼が“斜め型”女性の「危険なアルバイト」

一般的な日本人にとって「爬虫類」は“怖い生き物”、或いは“気味の悪い生き物”の印象が強い。私は爬虫類でなくても動物は苦手だが、そういう“生き物”を怖がらない人たちもいる。彼女の場合も、おそらくそうであ…続きを読む

男性社員たちの「奇妙な追悼」の違和感

ときどき私には「理解不能」としか言いようのない出来事が“芸能界”では起こる。例えば過日亡くなった芸能事務所社長・ジャニー喜多川氏に対して、その所属していたタレントたち、要するに男性社員たちなのだが、そ…続きを読む

「優秀な外人」と「粗悪な外人」に挟まれながら…

昨日、今後の日本を考える上で貴重なデータが公表された。十年連続で人口減となったが、その比率は徐々に拡大している。つまり「少子化問題」は待ったなしなのだ。そこでというわけでもないのだろうが、外国人の比率…続きを読む

「アイドル」で“失ったもの”は、もう戻らない

「或る朝、眼が覚めると、僕は有名になっていた」とは詩人バイロンの言葉だが、似たような雰囲気で日本のアイドル達も誕生していく。それは或る意味で、夢見る少女たちにとって“シンデレラ物語”のように魅惑的であ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.