今日の迷言・余言・禁言

「4兆円」と「400万円」の“差”

西洋のことわざに「金持ち喧嘩せず」というのがある。この言葉には“真実が含まれている”と時々感じる。例えば、昨日だ。アメリカではアマゾンドットコムの創業者・ジェフ・ベゾス氏と妻のマッケンジー氏とが正式な“離婚手続き”を完了した。日本では“離婚手続き”というと、どうしても「涙」であったり「怒り」であったり「恨み」であったり…が付き纏う。けれども彼らの離婚には、そんなものはない。妻のマッケンジー氏がツイッターに投じたのは“感謝の言葉”である。離婚によって、彼女は日本円にして約4兆円の資産を手に入れ、女性では世界3番目の“金持ち”となった。離婚して、少し資産を減らした格好のジェフ・ベゾス氏だが、それでも資産12兆円になっただけで「世界一の資産家」の称号は維持できそうなのである。まあ、有り余るお金が少しだけ減った…という結果で、両者とも“喧嘩することなく”離婚が成立した。確かに、二人ともまだ若く、喧嘩するぐらいなら“次の相手”を探した方が良い、ということなのかもしれない。一方、日本では秋篠宮殿下が昨年末くらいから、よく眠れないということで“睡眠導入剤”を処方され、何とか身体を維持しているということが報道された。もちろん、殿下自身が“離婚問題”で悩んでいるわけではない。長女・眞子さまの“結婚問題”が暗礁に乗り上げ、“正式婚約”も“正式離別”も出来ない宙ぶらりんの状態で、心労が絶えないのだ。一番の問題は「婚約者」とも呼べない小室圭氏の母親の“借金問題”である。こちらは約400万円である。国民の“税金”で生活している皇族としては“肩代わり”してやることも出来ない。自分達には直接関係のない“借金”なのだが、それでいながら国民の「眼」は、まるで自分たちが国民に借金したかのような騒ぎ方をする。娘たちは「なぜ国民に私たちの“愛”を邪魔されなきゃいけないの」という感じで詰め寄って来るし、マスコミは“親に責任がある”風な書き方に変わってきているし、眠れなくなるのも当然かもしれない。アメリカと日本では、どうも“愛”と“お金”の捉え方が根本的に違うようで、どちらが「良い」か「悪い」かはともかく、喧嘩せずに人生を楽しみたいなら、“金持ち”の方が有利なことは事実らしい。日本では昔から「金の切れ目が縁の切れ目」などと言って、“お金”に「悪者役」を押し付けがちである。けれども古今東西、貧しい人々が“喧嘩の絶えない日常”を送っていることも事実なのだ。


最近の記事はこちら

中途半端な「二番底」が危ない

ニューヨーク「ダウ」の株価が急落している。一時900ドル以上も下落した。俗にいう「二番底」の到来である。ただ、今回の「二番底」はタチが悪い。じわじわと下落し、その後で一気に下落した。こういう落ち方が、…続きを読む

不気味な「予言論文」が示唆する「次のコロナ」

都市伝説的に過去の時代「既にそれは予言されていた」という出来事がしばしば存在する。そういう可能性を秘めている“不気味な医学論文”が存在する。それは医学の専門誌で2008年に発表された8人の連名研究者に…続きを読む

「才能発揮」には忍耐強さも必要

昨日、毎年行われる「プロ野球ドラフト会議」が行われた。新人選手に対する“スカウト交渉権”を得るための場だが、今年の場合さまざまな面でいつもとは異なり、異色のドラフト会議になった。私が何よりも感じたのは…続きを読む

混乱の「大阪都構想」“言い出しっぺ”は居ない

11月の1日に“住民投開票”が行われる「大阪都構想」の“賛・否”が揺れに揺れている。住民自体の意見が「真っ二つに割れている」のが現状のようだ。アンケート調査を行っても、年代別、男女別、政党支持別で、そ…続きを読む

「500年前の件」で謝罪し、絵文書も貸せ⁉

500年前、現在のメキシコは「アステカ王国」だった。それなのにスペイン人たちがやって来て、先住民たちに対して残虐な行為を働き、略奪をし、服従させた過去を持っている。だから「謝れ」と、現メキシコのアムロ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.