今日の迷言・余言・禁言

「47億円の豪邸」がネットから消えた

今月初めからネットで売りに出されていた“47億5000万円の白亜の豪邸”がネット上から消えた。別に“売れた”からではなく、売主が騒がれるのを嫌って「売り止め」にしたからなのだそうだ。東京・文京区の物件だが、“新築”とはいうものの完成は2015年12月であるから、一年以上経過している。豪華な調度品付きだそうだが、マスコミなどの“内覧は不可”で、ネット上でも公開されていなかった。まず中を“非公開”にして、つまり外観だけで“ネット上で売る”という発想が理解に苦しむ。もちろん、買う可能性ある希望者には“個別案内”をするのだろうが、外観の写真も特別見栄えが良いものではなく、とうてい“47億5000万円の物件”には見えない。専門家によると、周辺の土地代や建築費用などから推定し、調度品を除けば約22億円程度がふさわしい物件のようだ。286坪13LDKの二階建。世界各国から取り寄せた調度品が並んでいるらしいが、必ずしも購入希望者が調度品を気に入るとは限らない。外観はともかく、内装や調度品というのは個人の“趣味が出る分野”で、売主との趣味が合えば良いが、どんなに豪華でも趣味や好みが合わなければ無意味なものとなる。海外では“調度品付き”で売りだすのが一般的らしいが、個々生活の仕方が違うので、調度品付きというのは、私個人で言えば好まない。よく分譲マンションなどでも“家具付き”モデルルームとして使用した部屋を、そのまま売り出している場合があるが、あまり“使い勝手の良い調度品”や“見栄えの良いインテリア”が使用されているケースは滅多にない。建築家によると、合理的な暮らしを望むのであれば戸建てよりマンションの方がはるかに良いそうだ。また“大きすぎる家”は使わない部屋が出て来て無駄になるだけでなく、使わないでいるとあっという間に朽ちて来る。それにしても私は本を入れる書棚が欲しい。ところが“新たな書棚”を入れるスペースがない。というわけで“高価でも汚い古書”がソファ周辺に積みあがっていく現象を何とかしなければ…。


最近の記事はこちら

お遊びの「宝探し」を“神”は許さない

「宝探し」という言葉から、あなたは何を思い出すだろうか。海に沈んだ“財宝”、山奥に隠された“金塊”、埋葬された遺体と“黄金”、密林の向こうの“黄金遺跡”…いくつかのパターンやシーンが頭に浮かぶ。そうい…続きを読む

「ご要望がある限り…」という“名言”

「グラビアアイドル」という名称は、いったい誰が付けたのだろう。誰なのかはわからないが、よくよく考えると“奇妙な名称”である。だが、何となくは理解できる。そして実際に、そういう形で多くの女性達が“仕事”…続きを読む

「聖なる殺人もする」思想教育の恐ろしさ

最近、日本ではあまり「IS(イスラム国)」のことがニュースで取り上げられなくなった。けれども、刻々と情勢は変化し、5月28日早朝のロシア爆撃機スホイ34、戦闘機スホイ35の空襲で「IS(イスラム国)」…続きを読む

「神様」と「運命」

時々「神様」や「運命」は平等だろうか…と考える。正直、どちらも平等だとは思わない。私は大昔、ラジオの深夜放送をよく聴いていて、時々その番組のパーソナリティー宛に、ちょっとした詩やエッセイや物語の混ぜこ…続きを読む

「地球は生きてるんだ!」と、噴火は続く

今年4月、またまた「西之島」が再噴火した。2013年11月に噴火を始めて、2015年11月にいったん沈静化、これで収まるのかと思いきや、2017年4月に再噴火、現在も噴火継続中であり、島は少しづつ大き…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.