今日の迷言・余言・禁言

「47億円の豪邸」がネットから消えた

今月初めからネットで売りに出されていた“47億5000万円の白亜の豪邸”がネット上から消えた。別に“売れた”からではなく、売主が騒がれるのを嫌って「売り止め」にしたからなのだそうだ。東京・文京区の物件だが、“新築”とはいうものの完成は2015年12月であるから、一年以上経過している。豪華な調度品付きだそうだが、マスコミなどの“内覧は不可”で、ネット上でも公開されていなかった。まず中を“非公開”にして、つまり外観だけで“ネット上で売る”という発想が理解に苦しむ。もちろん、買う可能性ある希望者には“個別案内”をするのだろうが、外観の写真も特別見栄えが良いものではなく、とうてい“47億5000万円の物件”には見えない。専門家によると、周辺の土地代や建築費用などから推定し、調度品を除けば約22億円程度がふさわしい物件のようだ。286坪13LDKの二階建。世界各国から取り寄せた調度品が並んでいるらしいが、必ずしも購入希望者が調度品を気に入るとは限らない。外観はともかく、内装や調度品というのは個人の“趣味が出る分野”で、売主との趣味が合えば良いが、どんなに豪華でも趣味や好みが合わなければ無意味なものとなる。海外では“調度品付き”で売りだすのが一般的らしいが、個々生活の仕方が違うので、調度品付きというのは、私個人で言えば好まない。よく分譲マンションなどでも“家具付き”モデルルームとして使用した部屋を、そのまま売り出している場合があるが、あまり“使い勝手の良い調度品”や“見栄えの良いインテリア”が使用されているケースは滅多にない。建築家によると、合理的な暮らしを望むのであれば戸建てよりマンションの方がはるかに良いそうだ。また“大きすぎる家”は使わない部屋が出て来て無駄になるだけでなく、使わないでいるとあっという間に朽ちて来る。それにしても私は本を入れる書棚が欲しい。ところが“新たな書棚”を入れるスペースがない。というわけで“高価でも汚い古書”がソファ周辺に積みあがっていく現象を何とかしなければ…。


最近の記事はこちら

「入れ墨」か「タトゥー」か

時々、どちらの言い分が正しいのか、判別が難しい対決がある。大阪地裁で争われている“医師法違反”もその一つで、医師免許がないのに“入れ墨”の施術をしたとして医師法違反に問われた“彫師の男性”が「タトゥー…続きを読む

“占い界”における藤井聡太はどこに?

最近、プロスポーツの世界では次代を担う“若き天才”たちが続々と誕生している。ここで取り上げる将棋世界の藤井聡太君など、その典型だ。まだ14歳の中学生だが、既に昨年10月からプロ棋士四段に昇格した。そし…続きを読む

「EU」が揺れている

11人が立候補したフランスの大統領選で、予想されていた通り過半数を得たものがなく、改めて5月7日に「国民戦線」のルペン氏と、「前進!」のマクロン氏との間で“決選投票”が行われることが決まった。ルペン氏…続きを読む

北朝鮮にも“隠れキリシタン”がいた!

“隠れキリシタン”と言えば、江戸時代の長崎を思い浮かべる。現在でも、その子孫の方々が存在していて“隠れキリシタンの信仰”が維持されている。もう、日本では堂々と“キリスト教徒”を名乗って良いのに、子孫の…続きを読む

“究極の美”は、“マゾ体質”の証明

確かに、その人は美しい。とても50歳には見えない。「美のカリスマ」と呼ばれる。本人も「肌の美しい人を見ると、つい傍に行って話しかけてしまう」とおっしゃる。確かに“美”へのこだわりが強いようだ。君島十和…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.