今日の迷言・余言・禁言

「500年前の件」で謝罪し、絵文書も貸せ⁉

500年前、現在のメキシコは「アステカ王国」だった。それなのにスペイン人たちがやって来て、先住民たちに対して残虐な行為を働き、略奪をし、服従させた過去を持っている。だから「謝れ」と、現メキシコのアムロ大統領が息巻いている。わざわざ大統領の書簡を夫人に持たせて、現在のローマ教皇やスペイン国王を跪かせようとしているのだ。なかなかに大胆というか、どこかの大統領にそっくりというか、2018年に就任以来、その姿勢は一貫しているらしい。なにしろメキシコは独立200年、スペインからの侵略を受け500年、アステカ王国の建設から700年という“節目の年”を来年迎えるらしい。だから、そういう意味でも華々しいイベントの目玉が欲しいようだ。そうはいっても、そんなことを500年も経ってから言われても、やすやす応じることはできない。客観的に観ても、現在の「メキシコ」という独立国家が、現大統領名で“ローマ教皇”や“スペイン国王”に求めるべき案件ではない。バチカンのフランシスコ教皇もスペインのフェリペ6世国王も、もちろん応じようとしていない。もし、そんなことに応じていたら、世界中の国々で「謝れ合戦」が始まってしまう。世界の歴史は悲しいかな「侵略の歴史」だからだ。それにローマ教皇の場合、1992年にパウロ2世が既に謝罪しているのだ。だから「歴史的な行為は、現代に照らし合わせた形で判断されるべきもので、要求は論外だ」と撥ねつけられている。大体、アムロ大統領はちょっと無神経すぎる。それでいながらスペインなどヨーロッパに渡った先住民のボルジア絵文書やテノチティトラン古地図などを一年間公開したいので貸して欲しい…という要求まで出しているのだ。大統領は確かにトップでも「教皇」や「国王」とは“格が違う”ことを自覚された方が良い。


最近の記事はこちら

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.