今日の迷言・余言・禁言

「7本指のピアニスト」は“7年間”で蘇った

「業(ごう)」という言葉にはさまざまな解釈がある。「仕事・職業」という解釈もあるし「日頃の行い」という解釈もあるし「過去世の報い」的な解釈もある。とにかく運命的なニュアンスの強い言葉ではある。時々ピアニストには、この“業”としてピアニストという職業に就いているような人たちがいる。西川悟平氏(45歳)も、そういう一人だ。とは言っても「盲目のピアニスト」として有名な辻井伸行氏ほどの“運命的な歩み”でもない。辻井氏の場合は、先天的に盲目で生まれて、けれども幼少期からピアノの音に対する天才的な閃きがあった。それを察知した母親が幼少期からつきっきりでその才能に磨きをかけ、世界的なピアニストにまで育てた。ピアノの鍵盤が見えないというのも“決定的に不利な条件”からのスタートだが、同じように不利な条件として、“指が動かない”という条件もある。西川悟平氏の場合、ピアノの本格的な練習は15歳から始めた。通常、幼少期からスタートする音楽の世界では極めて遅い。それでも1日に8時間から10時間という猛練習のお陰で徐々に頭角を現し、やがて24歳の時には単独でニューヨークへと渡り、ピアニストとしてのデビューを飾った。或る意味、順調なスタートだったと言える。けれども、その2年後に悲劇が訪れる。或る日、突然、指が動かなくなったのだ。ジストニアという神経疾患で、医師からは「もう一生ピアノは弾けません」と宣告されてしまった。そのショックは大きく、一時的にはうつ病にもなった。けれども、西川氏はあきらめなかった。左手は中指、薬指、小指と曲がって動かない。動くのは親指と人差し指。それも、ようやく動く程度だ。右手の方も、最初は動かなかったが徐々に動くようになった。結果的には7本指だけで何んとかピアノを弾こうと決心したのだ。死に物狂いの練習が始まる。けれども、元々、人よりスタートが遅かった彼は、天才ではなかった彼は、努力によって“7本指で弾く”ことに成功し出したのだ。もし彼が幼少期から天才的に弾くことが出来た人物なら、このような病気になって、医師からもあきらめるよう勧められ、努力を放棄したに違いない。けれども、ダメ元で頑張った成果は、7年後に実った。私が一番言いたいのはこの部分で、プロだった彼でも、一から出直すのに7年間かかったのだ。それでも、あきらめなかった彼は今、祖父母が眠る倉敷市でリサイタルが開けるまでになった。彼が「7本指のピアニスト」として改めてニューヨークで迎えられる少し前、父親や母親は相次いで亡くなっている。


最近の記事はこちら

「ペスト・感染症」が歴史を塗り替えて来た

厳密に言えば「新型コロナ」と「ペスト」は同一ではないが、運命学的な見地で言えば“同類感染症”である。そこで、現在のような状況に陥った時、もっとも重視すべきは「ペストの歴史」なのだ。ペストというのは“ネ…続きを読む

「誰も悪くない」という奇妙な結論

裁判上の“争い事”には、時として“双方痛み分け”のような結論になるケースがしばしばある。この事件の場合、本来の主役は「無言」を貫く。あれほど騒ぎ立て、マスコミさえもリードし、全国のアイドルファンを味方…続きを読む

一寸先が「闇」から「金」へ⁉

予測しにくい状態のことを「一寸先は闇」というが、まさに「人の運命」はその代表的なものである。池江璃花子選手と言えば、水泳界における“我が国のホープ”である。ところが、昨年、予期せぬ“病魔”が彼女を襲っ…続きを読む

“感染”と「サターンリターン」の不思議

タレントの志村けん氏が“新型ウィルス”の感染者だったことが判明した。その志村氏が出演した番組が放送され、その中で39年も前に“結婚”を意識して交際した女性の名が明かされ、その女性との再会も果たすことが…続きを読む

東京五輪の「札幌マラソン」5月上旬~6月上旬が理想的

すったもんだしたあげく“延期”と決まった「東京五輪」だが、開催時期は一年以内で注目の「札幌マラソン」は変更しないということらしい。つまり、来年の夏までに開催されるが、マラソンの場所は「札幌」のまま変更…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.