今日の迷言・余言・禁言

「88888」電話番号を「3500万円で買う」人々

中国人は“縁起物”が好きである。本場中国における「風水グッズ」は、その半分以上が“縁起物”である。「風水」の理論など“付け足し”に過ぎない。中国では、その方が“売れる”ようなところもある。電話番号にしても、車のナンバーにしても“縁起の良い数字”をことのほか好む。まあ、日本人もそういう部分がなくはないが、中国人ほど極端ではない。例えば、8月16日に北京で裁判所の“差押え品”のオンラインによる競売が行われたのだが、その中の一つが「88888」と“8並び”電話番号の使用権があった。それに対して入札数は何んと5000以上というから驚く。そして、その結果として落札した金額が日本円で約3500万円だったというのだ。たかが「電話番号」である。中国人にとっての「8並び」が“縁起が良い”ということは広く知られている。「発財」という意味があるらしく、要するに“金持ちになれる数字”だというのだ。そうはいっても、たかが電話番号である。確かにおぼえやすくて良いが、今は数字を見て掛けることは少ないだろうに…。電話番号に3500万円もの大金を注ぐなら、もうその時点で“お金持ち”ではないか。少し“欲深すぎる”ような気がしないでもない。第一、その番号は裁判所の“差押え品”である。“縁起が良い”とはとても思えない。どうも、中国人の発想というか、感覚というか、いま一つ日本人には理解しがたい。それでも、今の中国がそれだけ“経済的にゆとりのある人たち”が多いことだけはよく解かった。最近、私はたまたま80年代のTV番組を立て続けにTVのYouTubeで観た。80年代と言えば、日本の経済がもっとも豊かな時代でバブルまっしぐらという時の番組だが、舞台装置にしろ、舞台衣裳にしろ、実に金を掛けている。或る女性タレントが「日本はとても恵まれていますが、海外では生活がやっとという人達もまだまだ多いのです」と話していたのが印象に残った。まさか彼女は、それから三十数年経った日本が、決して“豊かとはいえない”経済状況に陥っているとは夢にも思っていない。だから、TVの視聴者たちに「日本はとても恵まれていますが…」と語りかけたのだ。「バブルの時代」を“悪く”いう人達は多いが、多くの人が“心も豊かになっていた”ように思うのは、私だけなのであろうか。


最近の記事はこちら

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

「仮想通貨」と「デジタル通貨」の境界線

最近、世界的に株価が上昇していて、その方にマスコミなどは注目しがちだが、もう一つ忘れてならないのは、かつて「仮想通貨」と呼ばれた「ビットコイン」が再び急上昇していることだ。ビットコインは一時的に急騰し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.