今日の迷言・余言・禁言

「AI崩壊」は、ハリウッドを超えるか

今から10年後の日本を想像するのは、簡単なようでいて、実際にはなかなかに難しい。その“難しい領域”に挑んだ作品が入江悠監督・大沢たかお主演の映画「AI崩壊」だ。AIを暴走させてしまった容疑をかけられ、逃げ出す主人公を追っていくサスペンス・パニック作品。設定は2030年の日本列島。完成報告会見で、2年間休業していた俳優業を復活させた主演の大沢たかお氏は「AIを扱った作品だから、CGを多用するのかと思ったら全く違って…」と全編が“肉体労働”であったことをぼやいている。確かに、近年の特にアメリカ映画は“近未来”を扱った作品では、必ずと言ってよいほどCGを用いる。そのせいなのか、近年のアメリカのサスペンス映画、及びパニック映画は、確かに映像で見る限りは華やかで迫力があるのだが、それでいながら本当の意味でのハラハラドキドキ感が乏しい。思うに、こんな映像はCGに決まっているという考えが、どうしても頭の隅から離れない。したがって、一方では映画世界に引き込まれる自分が居るのだが、もう一方では“CGの絵空事”として観ている自分が居る。だから迫力の割には感動できない。どこかで「確かにすごいけどね…」で完結している。考えてみれば、それは昔のような本当の感動ではない。昔の映画はCGなど用いなかったが、用いなかったからこその迫力があった。結局、人には“つくりもの”は“つくりもの”として受け止める習性のようなものが備わっているのではないか。そういう点から言えば、特にAIにまだまだに馴染み切っていない日本人にとっては、全編、人間の身体そのものを使って表現しようとしたこういう作品の方が、実際の恐怖や焦燥感を感じさせてくれるのではないだろうか。そして、日本の映画が“ハリウッド作品”に勝てるとすれば、こういう方法を駆使するしかないようにも思えるのだ。これは映画界だけの話ではなく、日本人が「世界」を相手にしていこうとするなら、アメリカを手本にしてはならないのだ。アメリカの“逆手”を取っていく発想でなければ「世界」に輝く日本にはなれない。


最近の記事はこちら

「先住民族」に勝てない「文明」という“錯覚”

われわれはどうしても「先住民」とか「原住民」という言葉を聴くと、アフリカの人々を連想しがちである。けれども、実際にはアフリカのほとんどは“文明社会”である。けっして弓矢を持って生活していない。そこへ行…続きを読む

「西之島」は、やがて「日本のムー大陸」になる⁉

「西之島」と言われて、それがどの場所にあるのか即座に答えられる人はそんなにいない。まあ、太平洋の“小笠原諸島”の辺りと答えられれば大正解に近い。とにかく、その辺なのだが、2013年11月にその付近から…続きを読む

「手相の線」に“名前”が無くなったら…

何日か前、手相の方で名前を知られる「にしけい」こと西田圭一郎氏が、私の元を訪ねてきた。彼は手相の本を矢継ぎ早に何冊も出している“新進気鋭⁉”の手相家である。鑑定の方ではなく「占い教室」という形で私に対…続きを読む

「米」最多の雇用者数&「日」最悪の下落幅

世界で、経済の先行きが混とんとしている。アメリカでは昨日、6月の雇用者数が出て1939年に統計を開始して以来最多の480万人増を記録した。一方、日本では「日銀短観」が出て、6月の大企業製造業における下…続きを読む

「アリサ」&「リン」が、お・も・て・な・し

今年は完全に「お・も・て・な・し」が“肩透かし”を食らった格好だが、我が日本の原点は奈良県。そこで…というわけでもないのだろうが、何故か奈良市の「近鉄大和西大寺駅」のホームに登場したのが四か国語を話す…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.