今日の迷言・余言・禁言

「GoToキャンペーン」の“凸凹額”に注目⁉

ときどき私の“観察眼”に引っ掛かる「額」というものがある。もちろん“普通の額”は引っ掛からない。特別に“眼を引く額”というのがニュース報道などで出て来るのだ。特に最近は、誰もかれもがマスクをしているので、嫌でも「額」に眼が行く。そこで私の眼に引っ掛かったのが国土交通大臣の赤羽一嘉氏の「額」だ。この人、経済再生大臣の西村康稔氏と共に「GoToキャンペーン」を受け持っているようで、最近、よくTV等で見掛けるようになった。もちろん、このキャンペーン自体が種々な問題を含んでいるので、文字通り額に汗をかきながら“苦渋の答弁”をしている姿が多い。そのせいなのかどうかは知らないが、この赤羽国土交通大臣の「額」は爽やかではない。まず、額の形そのものが中々珍しい形なのだ。通常、額が禿げ上がっていく場合には、額の隅から抜けていくか、又は額の中心部から抜け上がっていくか、大体どちらかなのだ。この人の場合には、そのどちらからでもない。丁度、眼球のある位置をそのまま縦に髪際まで伸ばした部分、そこが抜け上がっている。したがって額の形状が特殊な形となっている。さらに、もっとも目立つのは額の凹凸である。元々額の肉付きが普通の人より厚いせいもあるが、相当な凸凹な額で、しかも、その凸凹なところに“波打つような横ジワ”が刻まれている。これも中々珍しい形状で、特に額中央部のシワが深く凹んでいる。観相学的な立場から言うと、安倍総理のような“単純な三本線”も味気ないが、この人のような“波打つ線”も不安定で、日本の国土を走る主要道や鉄道のような安心感は乏しい。この人の「額」だけ見ていると、すんなりと目的地にまで辿り着けないような不安を覚えるのだ。もっとも観相学的には、このような額は「苦労人」を意味するもので、窮地に強い相と観ることも出来る。また肉付きが凸凹なのも「波乱の人生」を表しているが、総じて財運は強いものである。そういえば昔、ブッチャーというプロレスラーがいた。額が常に傷つけられてガタガタになっていた。極悪非道のレスラーだったのに、いつの間にか日本では“キャラクターのような人気者”になり、子供達から声援されるようになっていった。そういう意味では、世間から殴られても、蹴られても、決してひるむことなく、しくしくと大臣を続けていくことだ。


最近の記事はこちら

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.